2007年2月 4日 (日)

夢の跡

今日は宮城に向かうのだけど、途中奥州を通る。
奥州と言えば、奥州藤原氏。
奥州藤原氏と言えば、源義経。
それぞれに因んだ場所に寄っていく。

------------------------------

奥州藤原氏に関係する一番の名所は中尊寺(金色堂)なんだけど、中尊寺は以前岩手に来たときに行ったので、今回はちょっと趣向を変えて「えさし藤原の郷」へ行くことに。

国道4号を南下して、目的地が近づいてくると、道の脇に大きな案内の看板が見えてきた。あ、あれだあれだ。

「NHK大河ドラマ『風林火山』ロケ地!
                 
えさし藤原の郷」

。。。
なんか違うな。。。まぁ、多分間違ったことは言ってないんだろうけど、なんか違うぞ。
そんな宣伝でいいのか藤原の郷。。

■えさし藤原の郷(さと)
 住所 岩手県奥州市江刺区岩谷堂小名丸86-1
 電話 0197-35-7791
 営業時間 9時~17時(11月~2月は~16時)無休
 料金 800円
 駐車場 1000台
 お勧め ★★★☆☆

           20070204_201_esashi_filtered_s

結果的には、歴史的な土地を訪れるという目的としては、ここはあまりお勧めの場所ではない。

ちゃんと調べないで行ったから良くなかったんだけど、ここは、地理的に歴史的な場所ってわけでもなければ、歴史的建物が残っている場所ってわけでもない。

綿密な時代考証の末に、奥州藤原氏に関係するあらゆる建物を再現した場所(公園?)なのである。

だからそれっぽい建物が割と広い敷地内に、たくさん建てられていて見ごたえはあると言えばあるんだけど、それらすべてに歴史というものが全くないが故に、なんとなく安っぽいナンパっぽい感じになってしまっているのだ。

さっき看板で見た、風林火山のロケ地というだけでなく、ここは、数々の映画やドラマやCMのロケに使われている。
敷地内には「ロケ資料館」というものまであり、これまでここをロケ地として使用してきたたくさんの番組の紹介をしている。

風林火山、義経、炎立つ、毛利元就、利家とまつ、北条時宗、陰陽師、などなど。挙げたらキリがない。

たしかに

  20070204_215_esashi_filtered_s   20070204_234_esashi_filtered_ss

どこかで見たことある気がする。。
まぁ、私はミーハーだからこういうところも嫌いじゃないけど(^^;。
実際、ロケ情報間で風林火山のロケ風景のビデオとか見たら、番組見たくなったしね。。(とか言って今日の夜は見逃したけど)

           20070204_248_ss

これは「無量光院」と言って、藤原秀衡(ひでひら)が平等院鳳凰堂を模して建立した御堂を再現したもの(4分の1スケール)。

ホントはもっと数百メートル向こうにあるから遠近感を出すために4分の1スケールで作ったらしい。。。

あと、ここのいくつかの建物には、歴史の説明をする放送が流れているんだけど、たまにカサカサって明らかにページをめくってる音が聞こえてきてとても気になりました。

-----

次は、源義経の最期の地と言われている高館(たかだち)というところに建てられている義経堂(ぎけいどう)に行く。

ここで少し簡単に歴史に触れておこう。

【奥州藤原氏と源義経】

源義経は、後に鎌倉幕府をひらく源頼朝の弟であり、歴史的にも他に類を見ないほどの悲劇の英雄として有名だ。

平治の乱の後、まだ赤ん坊だった牛若(後の義経)は、その母親である常盤御前の命乞いにより助けられ、鞍馬寺へ預けられることとなる。

自分の出生を知った牛若は、打倒平家を望み武芸に励み、鞍馬寺を脱出して奥州藤原氏(三代目の藤原秀衡)に身をよせる。

奥州藤原氏というのは、当時その領内でとれる金などのおかげで朝廷や平家にも勝るとも劣らない独自の文化を築いて栄えていた一族だ。
その黄金文化を象徴する最たるものが、中尊寺金色堂である。
また、義経と最も深く関わる三代目藤原秀衡の時期が藤原氏の絶頂期である。

その後、伊豆で兄の頼朝が平家追討の挙兵をしたことを聞くなり、義経は共に平家を討つため、兄頼朝の下を訪れる。

そこで兄弟の涙の初対面を果たす。
だが、頼朝は、義経が秀衡の家臣を連れてきたことを良く思わず、逆に義経に対して不信感を抱いてしまう。

頼朝にとっては、平家追討の後には、奥州藤原氏もいずれ滅ぼさなければならない敵であったからだ。

義経はその後、鵯(ひよどり)越えの奇襲(断崖絶壁を馬で駆け下りるアレ)で有名な一の谷の戦い、那須与一(なすのよいち)の扇の的のエピソードで有名な屋島の戦いと、次々と勝利をおさめ、そして、ついには壇ノ浦の戦いにて平家を滅ぼすという大手柄を立てるわけだ。

だが、義経は頼朝の許可もなく、しかも奥州藤原氏の家臣と共に、朝廷から位を受けたことなどを頼朝に咎められて追われる身となってしまう。

そして、義経は再び平泉を訪れ藤原秀衡の庇護を受ける。藤原氏としても、義経をかくまうようなことをすれば頼朝を敵にまわすことにはなってしまうけど、これを機に頼朝を倒そうと考えていたようだ(「その時歴史が動いた」でそう言っていた)。

だが、そんな折、秀衡が死んでしまう。
その際、子である国衡、泰衡、そして義経に、三人で力を合わせて頼朝を倒すようにと遺言を残すのだが、泰衡は頼朝の圧力に屈してしまい、ついに義経を襲う。このときの有名なエピソードが仁王立ちの弁慶の話だ。

そして、義経は家臣に館に火をかけさせて自害してしまう。

また、頼朝は、泰衡に対しても、義経をかくまったことをとがめて、結局藤原氏も滅ぼしてしまう。

あれだけ兄を慕って大手柄を立てながらも、藤原氏を頼ったばかりに、頼朝の不信感を買ってしまい結局実の兄に殺されてしまう義経も悲劇だが、あれだけ栄えていた藤原氏が義経を庇護したばかりに、頼朝に滅ぼされてしまう、というのもまた悲劇かもしれない。

-----

なんか簡単な説明じゃなくなった気がするけど。。
それはさておき、義経が自刃した場所に建てられたという高館義経堂に行ってきた。

■高館義経堂(たかだちぎけいどう)

 住所 岩手県平泉町平泉柳御所14
 電話 0191-46-3300
 営業時間 8:30~17:00(11/5~4/4は~16:30)
 料金 200円
 駐車場 20台
 お勧め ★★★☆☆

           20070204_275_gikeido_filtered_s

ひっそりと小高い山の中腹に建てられている。
そして、ここからは北上川と遠く山々が見渡せる。
この日は天気があまり良くなかったけどいい景色だ。

           20070204_283_natsukusaya_filtered_ss

平泉滅亡からおよそ500年後、俳聖松尾芭蕉がこの地を訪れ、この場所から北上川を見渡しながら有名な詩を残したため、ここにはその詩の碑も建てられている。

            20070204_260_ss

         「夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡」

-----

夜は、そのまま南下し、4県目(1道3県目)宮城県に突入。
適当な温泉を探す。

■加護坊温泉 さくらの湯

 住所 宮城県大崎市田尻小塩八ツ沢37-1
 電話 0229-39-3388
 営業時間 10:00~22:00
 定休日 第2火曜
 料金 2時間400円、一日600円
 駐車場 250台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 あり
 お勧め ★★★☆☆

割と市街地から近くにあるというアクセスの良さからなのか、とても混んでいた。これまで行ったどこの温泉よりも混んでいたと思う。

掛け流しではないので、少し塩素の匂いがした。
でも安いし、露天は広くてぬるかったのでゆっくり浸かって満足。

明日は、日本三景のひとつ。かな。

------------------------------

本日の走行距離:150km 累計走行距離:7,235km

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月 3日 (土)

幸せを思う

今日は起きたのは午後になってからだった。
やはり昨日の疲れが少しあったからかもしれない。

そして、奇しくも今日は私の誕生日だ。(全然奇しくない)

ということで、今日は特にどこに行くというのでもなく、温泉にだけゆっくり入ってのんびり過ごすこととした。
たまにはこういう何もしない日を作らないと疲れてしまう。

-----

■新湯本温泉 美翠館(みすいかん)
 住所 岩手県花巻市糖塚1-13-21
 電話 0198-27-2200
 営業時間 10:00~20:30
 料金 600円
 駐車場 あり
 露天 あり
 無料休憩所 なし
 ぬるめの浴槽 あり(36~37度)
 特記 源泉かけ流し
 お勧め ★★★★☆

ここは、露天がかなり広い。
100人近くは入れそうだ。
そしてお湯がぬるい。私が好きなぬるめのお湯だ。

-----

だだっ広い露天に一人で入りながら、こんなところでこんなかたちで20代最後の誕生日を迎えることの不思議さを感じながら、そのことの幸せを思った。

私が今こうしているのは、自分で考え、自分で判断し、自分で下した決断の結果だ。

幸せの基準など人それぞれだし、私の中でもそんな基準があるわけでもないけど、自分の生き方を自分で決めれること、そして自分が実際にそうして生きてこれたということは少なくとも幸せなことだな。とかそんなことをなんとなく思った。

-----

今後の旅の予定を少し考えた。

当初は東北に関しては、まんべんなく回って南下して行こうと考えていたのだが(実家の山梨をゴールにするため)、でも、青森、岩手と回ってきてみてちょっと思ったのは、「春の東北も来てみたいな」というものだった。

そこで、予定変更して、この旅を以下の三部構成にすることにした(仮)。

第一部
山梨を出発してから北海道に行って、東北は太平洋側だけを南下して山梨に戻る。
 
第二部
山梨からさらに西(南)へ太平洋側を通って沖縄まで行く。
そして、日本海側を通って北上して山梨へ戻る。

第三部
山梨から日本海側を通って北上。東北を通って北海道へ

つまり、ゴールは北海道にすることに。
こうすれば、ちょうど春くらいに(運がよければ桜前線と一緒に)東北地方を再び訪れることができるだろう。

決定じゃないけど仮の計画ということで。基本noPlanだから。
今日みたく急に何もしない日を作ったり、今後の旅程を大きく変えてみたり、と、この自由度の高さが一人旅の最大の魅力だ。

ということで、とりあえず次はこのまま南下して宮城へ行くことに。

------------------------------

本日の走行距離:48km 累計走行距離:7,085km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 2日 (金)

最長最多

何が最長って、一日での移動距離がこれまでで最長だと思われる。
377km。

何が最多って、一日での撮影枚数がこれまでで最多だと思われる。
248枚。

あと、訪れた場所数も最多かな。

今日は3県目(1道2県目)岩手県に突入。

------------------------------

昨日は予想外の遠回りを強いられて、岩手県境までは行けなかったけど、いつもより少し早く出発して、七戸(しちのへ)→六戸(ろくのへ)→八戸(はちのへ)→岩手へ。

実は、岩手は何かと縁があって、来るのは初めてではない。
1度目は、以前勤めていた会社の社員旅行で。
2度目は、プライベートな旅行で。
そして、今回は3度目。

社員旅行のときは軽く盛岡散策して盛岡城跡公園や啄木の新婚の家などを回って、わんこそばを初めて食べた。

2度目の旅行では、八幡平方面や平泉の中尊寺やその付近の観光地に行って、じゃじゃ麺や盛岡冷麺などを食べた。

今回は、できるだけ行ったことがないところを、と思って選んだのが陸中海岸(三陸海岸)。
南北180kmにも及ぶ、日本を代表するリアス式海岸だ。

-----

青森七戸を出発したときは、天気が悪く雪がだいぶ降っていて、これじゃあ海を見に行ってもさみしい感じの風景に終わりそうだなーと思って、正直、行くのも乗り気じゃなかった。

でも、昼過ぎくらいに岩手に入って、海岸線に出るなり、急に晴れ間が広がり、景色の雰囲気もガラっと変わる。

あまりに天気が良く、海がきれいだったから、適当な脇道を海岸側にそれて、そこらへんに車を停めて海岸に下りていってみる。

■どこかの海岸1
 住所 不明(陸中海岸沿い)
 期間 特になし
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 なし
 お勧め ★★★★☆

   20070202_943_ss   20070202_945_s

ここは、とくに名前がついてる海岸じゃないし、そんなに大きなところじゃないけど、めちゃくちゃキレイ!天気いいし!海はきれいだし!気持ちいい!

やっぱ海はいいねー。
見てるだけでテンションが上がる!

-----

次に向かったのは「黒崎」っていう北緯40度線上にある展望台。

■黒崎
 住所 岩手県普代村第2地割下村
 電話 0194-35-2115
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 100台
 お勧め ★★☆☆☆

           20070202_951_ss

かなり高い位置にあって遠くを見渡せる。
でも、ちょっと木が生い茂っていてパノラマ感はイマイチだったかも。

駐車場は私の車のみ。
人がいなくて景色を独り占めできるのはいいんだけど、一人で一番心配なのは、車上荒らし。

ここもそうなんだけど、駐車場から展望台などまで離れていて、しばらく歩いていくようなところの場合、やっぱりちょっと車のことが気になってしまってのんびりできなくなってしまう。

しかも駐車場に「車上荒らしに注意!」「貴重品は車に置かないでください」みたいな看板がいつもあるから、それ見るとやっぱり少し不安になってしまう。

せっかく観光地来てもゆっくり楽しめないのはもったいないから、近日中には車上荒らし対策のブザーみたいなやつは買うつもり。

-----

次は、陸中海岸でも屈指の名所でもある北山崎。

■北山崎
 住所 岩手県田野畑村北山
 電話 0194-33-3248
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 130台
 お勧め ★★★★☆

           20070202_966_kitayamazaki_filtered_s

ここは「海のアルプス」と称される。
高さ200m!豪快!見事!

さっきの黒崎との違いがイマイチわからない、とか言ってはいけない。
全然違う!とにかく違うんだ。いろいろと全然違う!
海とか空とか、視界のパノラマ度だとか、あとほら、あれだあれ、あの何ていうか雰囲気とかがもう断然違う。

まぁ。ちょっと必死になってたけど、とにかくキレイだ。主に海と空が。

           20070202_972_kitayamazaki_filtered_s

相当眺めがいい。
今日出発時は気乗りしなかったけど、やっぱ来てよかった~って感じ。

ここも駐車場から展望台まで1km程度歩いていかないとなんだけど、誰もいなくて売店もみんな閉まってたから、車両進入禁止のところに乗り入れて、展望台まで車で行ってしまった(^^;。
誰もいないし、ま、いいよね。

-----

あとは、もうひとつの名所「浄土ヶ浜」に向けて、さらに海岸沿いを南下して行く。
その途中でまた降りれそうな海岸を発見したので寄り道。

■どこかの海岸2

 住所 不明(陸中海岸沿い)
 期間 特になし
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 なし
 お勧め ★★★☆☆

           20070202_012_rikuchuu_filtered_s

いいなー海。
海岸に出るなり海に向かって気付いたら走り出していた(^^;。
なんでこんな楽しいんだろ。
シャッターも夢中で切ってた。
いい景色はどこを切り取ってもいい画になるね~。

-----

さらに、「海岸」の文字が見えたので、またまた寄り道。

■真崎海岸

 住所 岩手県宮古市田老字和野
 電話 0193-87-2111
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 あり
 お勧め ★★★☆☆

           20070202_023_masaki_filtered_ss

さっきまでの写真とあまり変わらないように見えるかもしれないけど、どの海岸も全部雰囲気が違う海。

ここはちゃんとした海水浴場みたいで海の家みたいのもあった。
もちろん閉まってるけどね。

-----

まだまだ海。
しつこいくらい海。
はじまりはいつも海。

上の真崎海岸のすぐ近くにあった海岸にも行ってみる。

■沢尻海岸
 住所 岩手県宮古市田老字和野(真崎海岸近く)
 電話 不明
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 あり数台
 お勧め ★★★★☆

           20070202_061_sawajiri_filtered_s

ここも最高にキレイ!
ここが一番好きかも。
他のとこは全部普通の砂浜だったけど、ここは砂利状の砂浜。

海もきれいだけど、振り向くと断崖がせまっていてそれもまた絶景。

ガイドブックなんかには絶対に載っていないような小さな海岸だけど、私的には、★4つレベルのいい海岸だと思う。

-----

ここから、日本三大鍾乳洞のひとつでもある「龍泉洞(りゅうせんどう)」にも行けたんだけど、時間的にそっちは諦めて、今日の目的地浄土ヶ浜へ。

■浄土ヶ浜

 住所 岩手県宮古市鍬ヶ崎第7地割臼木32
 電話 0193-62-2111
 営業時間 自由
 料金 無料(観光遊覧船1220円)
 駐車場 350台
 お勧め ★★★★★
 特記 渚百選、白砂青松百選

ここは、300年ほど前に、霊鏡という高僧が「さながら極楽浄土の如し」と感嘆したことからその名が付けられたという。

また、特記に記した通り、ここは渚百選、白砂青松百選に選ばれているだけでなく、夏は海水浴場ともなり、2006年度「日本の快水浴場百選」の海の部で特選もとっている。

白砂青松百選に選ばれるだけあり、海岸は普通の砂浜ではなく、数センチ~十数センチの丸い白い石が一面に広がっている。

海に立ち並ぶ奇岩も、どれも岩肌が白く、アカマツの青さががよく映えている。

エメラルドグリーンの海の水自体も、今日見てきたどこの海岸よりも澄んでいて、さすがに渚百選とか白砂なんとかとか、あと、なんかいろいろな百選に選ばれるだけある。

ここでもデジカメのバッテリーが切れるまで写真を何十枚も撮り続けたが、その中で一枚だけピックアップして載せておこう。

あまりうまく撮れた写真がなかったので、今回は思い切ったレタッチを施してみた。

        20070202_122_jodo_m_edit_filtered

逆にちょっと不気味な感じになってしまったかもしれないけど。。

そして、ここでは記念に海岸の小石を拾って帰ることにした。

            20070202_134_ss

うん。これかな。ちょうど手のひらに収まるサイズで、紙の重しなどにちょうどいいかもしれない。

極楽浄土の石を重しに使うなんてなかなか風流でいいではないか。
これがホントの「冥土の土産」。ってね。
。。。

-----

その後、進路を西にとり、内陸部へ。盛岡を目指す。

盛岡には夜6時過ぎに到着。
盛岡と言えば、盛岡三大麺、わんこそば、じゃじゃ麺、盛岡冷麺だ。

すべて食べたことはあるが、せっかくなので今回は盛岡冷麺をチョイス。一番の有名店へ。

■食堂園
 住所 岩手県盛岡市大通一丁目8-2
 電話 019-651-4590
 営業時間 11:30~15:30、17:00~24:00
 料金 冷麺850円
 駐車場 指定駐車場利用(2000円以上飲食で1時間無料)
 お勧め ★★★★☆

            20070202_139_ss

なかなか美味。
冷麺の特徴は何と言ってもその麺のコシ。
歯ごたえ十分。キムチの辛さも辛すぎずちょうど良い。
ラーメンみたいに毎日食べたいとは思わないけどたまに食べるにはいいかも。

-----

食後、せっかく岩手公園近くに車を停めていたので、行くつもりはなかったけどちょっと寄ってみることに。
ここは社員旅行のときに同期と一緒に行った場所なので懐かしい。

■岩手城跡公園(岩手公園)

 住所 岩手県盛岡市内丸1-6
 電話 019-604-3305
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 有料100台(30分150円)
 お勧め ★★★★☆
 特記 日本百名城

行ってみると、なにやら明るい光が見えてくる。

           20070202_182_iwatecatsle_filtered_s

なるほど。
なんか雪祭りみたいのをちょうどやっていた。よくわからんけどラッキー。

空を見上げれば

               20070202_151_filtered_s

そうか。今日は満月なんだ。。。だから何というものでもないが。。
しばらく月を見ながら公園内を散歩した。

-----

今日最後に訪れたのは(っていつもそうだけど)、温泉。

■ラ・フランス温泉館(あづまね温泉)

 住所 岩手県紫波郡紫波町小屋敷新在家90
 電話 019-673-8555
 営業時間 9:00~22:00(受付は21:15まで)
 料金 700円
 駐車場 250台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 あり(寝湯38~39度)
 特記 源泉?
 お勧め ★★★★☆

ここは、かなり大きなプールも併設している複合施設。
名前がちょっとふざけているけれど、ラ・フランス畑の下から温泉が湧いたからこの名が付けられたらしい。

ここのお湯は入るとすごいぬめぬめ肌にまとわりついてくる感じで、肌がぬるぬるになる。

-----

今日はちょっと調子に乗って、かなり運転したし、かなり歩いたし、かなり走った。
だから結構疲れたけど楽しい一日だった。

------------------------------

本日の走行距離:377km 累計走行距離:7,037km

| | コメント (2) | トラックバック (0)