2007年2月13日 (火)

武士として

本日夜は、南浦和の姉夫婦宅に厄介になる。
久しぶりの温かい御飯と、そして、布団。
快適だ。

昨年10月まで住んでいた土地も訪れる。
当時お世話になっていた病院に行っただけだが。

------------------------------

それ以外で今日行った場所はここだけ。

■近藤勇陣屋跡
 住所 千葉県流山市流山2-108
 電話 04-7150-6085(流山市観光協会)
 期間 通年
 営業時間 見学自由
 料金 無料
 駐車場 なし
 お勧め ★★☆☆☆

           20070213_998_ss

近藤勇と土方歳三が袂を分かった地であり、近藤勇最期の地、下総流山。
現在ここには、それがわかるように石碑が建っているのみである。

この地に関する簡単な歴史の概要だけ記載しておく。

-----

【戊辰戦争と新撰組】

池田屋事件、禁門の変、と大活躍をして、異例の大出世をした新撰組であったが、鳥羽伏見の戦いでは倒幕軍に敗北し、新撰組他旧幕府軍は江戸へと敗走する。

そして、京都を占領した新政府軍は今度は江戸へと東征してくる。
その際、近藤勇は旧幕府高官に対して、出撃の上申をして、甲陽鎮撫隊として、甲府へ進軍するが、途中甲州勝沼の戦いで、新政府軍の近代的な軍隊に大敗する。

近藤勇は新撰組副長である土方歳三他数名の隊士と千葉流山へと逃れるが、間もなくして、陣屋は新政府軍の軍隊によって包囲されてしまう。

ここで、近藤勇はもはやこれまでと切腹する覚悟をする。
だが、土方歳三が、それでは犬死だとこれを止め、いったん出頭して言い逃れて機会を伺うべきだと提案する。

そして、近藤が出頭している間に土方は脱走。
これが、この二人の永遠の別れとなる。

その後、土方は東北へ向かい会津戦争、そして箱館戦争を経て、箱館で非業の死を遂げる。(それについては、1月30日1月31日の記事を参照)

一方、近藤は新政府軍本陣に出頭して、自分は大久保大和であるとして素性を隠そうとするが、新政府側に近藤を知る者(元新撰組隊士)がいたために見破られてしまう。

近藤に対して下された裁きは。。。斬首。
武士ならば最期は切腹。本来ならば、それが当然だろう。

だが、会津戦争の記事のときにも触れたが、新政府は新撰組には強い恨みを抱いていたので、武士としての切腹ではなく、あくまで天皇に背いた逆賊、罪人としての斬首を申し渡したのである。

斬首された近藤の首は、かつて新撰組がその名を轟かせた京都の三条河原にてさらし首とされた。

-----

近藤勇は、とにかく君主、すなわち徳川家に最後まで尽くして戦い続け、最期も武士として潔く死んでいく。
武士にとって無念の斬首という最期にもかかわらず、辞世の句では、例え斬首であろうと君主の恩に報いる武士として喜んで死んでいこう、というようなことを言っているのである。

不器用ではあるけど真っ直ぐに信念を貫き通す、近藤勇のそういう生き様こそが、現代になって愛され続けている理由のひとつなのかもしれない。

------------------------------

本日の走行距離:93km 累計走行距離:8,554km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

非日常というわくわく感

今日は、急遽友人と会うことになったので、羽田空港に向かいつついろいろ寄り道していく。

------------------------------

まずは、昨晩泊まった道の駅「たけゆらの里 おおたき」でちょっと買い物をしてから、すぐ近くにある大多喜城へ行く。

道の駅の名前からもわかるように、ここ大多喜は竹の名産地で、城に向かう途中も至るところに竹林が生い茂っていた。

           20070212_652_ss

■大多喜城(千葉県立総南博物館)
 住所 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
 電話 0470-82-3007
 期間 通年
 営業時間 9:00~16:30
 料金 天守閣(博物館)内見学200円
 駐車場 70台
 お勧め ★★★★☆

           20070212_784_ootaki_filtered_m

大多喜城は少し山を登ったところにある平山城。
訪れるのは2度目。

歴代城主として有名なのは徳川家康の家臣、本多忠勝。
現在の天守は、昭和50年に復元されたもので、中は博物館になっている。
中は前回来たときに見学したので、今回は、外観のみ見て写真を撮る。

天守の傍らには、しだれ梅がキレイに咲いていた♪
天気も良く、今日は一日温かく気持ち良かった。

写真を数枚。

           20070212_658767_ootaki_filtered_s_mix

-----

大多喜城を後にして、次は同じく大多喜町内にある養老渓谷へと足を運ぶ。

■養老渓谷(粟又の滝)
 住所 千葉県夷隅郡大多喜町粟又地先
 電話 0470-82-2111(大多喜町商工観光課)
 期間 通年
 営業時間 見学自由
 料金 無料
 駐車場 あり500円(この日は無料)
 お勧め ★★★★★

           20070212_825_yoro_filtered_ss

ここには、飲み屋の名前の元にもなっている養老の滝がある。
マイナスイオン全開だーぁ♪

養老の滝の本当の名前は、粟又の滝と言い、落差30m、全長100mという長いなめ滝だ。
なめ滝というのは、普通の滝と違って、その名の通り、岩をなめるようになだらかに流れる滝のことである。

穏やかな木漏れ日の中、静かな滝のせせらぎを聞きながら、滝の横の小道を下っていく。とても癒される。

           20070212_857_yoro_filtered_s

これが滝の一番下。
写真ではとても伝わりにくいだろうけど、かなり横幅も大きく奥行きもあるので結構ダイナミックだ。流れは穏やかだけどね。

いつもはなるべく人が写り込まないような構図を探すけど、この写真は敢えて右端に人を入れて滝の大きさを伝えようとしたけど、多分あまりわからないだろう。。

           20070212_869_yoro_filtered_s

流れている水自体もとてもきれいで透き通っていた。
この写真は上下を逆さにしてある。
水そのものというより、水面に写った木や空がきれいだったから撮った。

-----

その後、東京方面へと房総半島を横断していくが、途中でまたお城があったので寄っていく。

■久留里城
 住所 千葉県君津市久留里内山
 電話 0439-27-3478(久留里城址資料館)
 期間 通年
 営業時間 9:00~16:30
 休業日 月曜、1・2・12月の祝日
 料金 無料
 駐車場 130台
 お勧め ★★★☆☆

養老渓谷から数十分のところにある山城。
駐車場から結構な距離を歩いて登っていくと山のほとんど頂上に建っている。
もう少しで天守閣、というところで

           20070212_904_ss  

なるほど。立ち入り禁止ね。
ふーんと、一応読んではみたものの、ロープを跨いでせっせと山道を登っていく。
あった。天守。。。

           20070212_913_s

わかってはいたけど。
ここまで布に覆われているとは。。

誰もいなかったから、布の中に入ってちょっと工事のはしごから登って中を覗いてみるとこじんまりとした内装で、写真などの展示物が並んでいた。

ここは山の頂上だけあって、眺めはとてもいい。

           20070212_918_kururi_filtered_s

また、儒学者の新井白石が青年期をこの久留里で過ごしたということで、天守から少し下に降りたところに銅像があった。

それから、久留里城を出て、久留里の町中を走らせていると、至るところに井戸があることに気付く。

            20070212_944_ss

道の両脇に結構な数の井戸があって、水が湧き出ていた。
どうやらこの辺は自噴井戸で有名なようだ。

先ほどの久留里城が、別名「雨城(うじょう)」と呼ばれることからもわかるように、この辺は日本でも有数の多雨地帯で、大量の雨水が地下水となり、浸透性の高い関東ローム層の砂地を長い年月をかけて流れ、自然浄化された末に、この地方から自噴するらしい。

そんなわけで、そのミネラル豊富な井戸水を私ももらっていくことに。
なんか水を入れる容器ってあったっけなー。。と。
あったあった。こんな時にもってこいの最適な容器が。

               20070212_937_ss

じゃーん。
トマムでバイトをしていたときに、送別会の飲み屋でみんなからもらったものだ。
おもいきり鏡月って書いてあるけど、中は空だからこれに入れた。

飲んでみると、おいしい。
ほのかに焼酎の香りも残ってるようでそれがまた良い。
でも、私はお酒にめっぽう弱いからあまり飲まないようにしないと。
さすがに飲酒運転にはならないだろうけど。。

-----

さてさて。
このまま羽田空港に向かっても良かったけど、少し時間的に余裕がある(友人が乗るのは夜8時の便)から、温泉に寄っていく。

■湯の郷 かずさ
 住所 千葉県木更津市潮見5-7-1
 電話 0438-30-2345
 営業時間 10:00~24:00(祝日は9:00~)
 定休日 無休
 料金 700円(土日祝は1000円)
 駐車場 210台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 あり
 特記 加水 加温 循環式
 お勧め ★★★☆☆

木更津にある温泉施設。
ちょっと高い。

でも、アロマテラピー風呂みたいのとか、洞窟風呂っていう薄暗い風呂とか、低温風呂(ほとんどプールな感じ)とか、いろいろユニークな浴槽があって目新しかった。

-----

羽田に着いたのは夜7時くらいかな。

空港ってなんかわくわくする。
みんなこれからどっかに遊びに行くぞーって雰囲気がおもしろい。
もちろん仕事の人とか遊びの帰りの人もたくさんいるんだろうけど、飛行機に乗ってどっか行くって普段そんなに頻繁にないから、その非日常感がわくわく感を誘発するのかもしれない。

ま。私は見送りですが。。

ちょうど友人Sさんも同じくらいに着いたようだったので、一緒に空港内のレストランで夕食を食べることに。

彼女とは会社を辞める少し前に東京で会っているので、数ヶ月振りくらい。ということでお互い近況報告など。

Sさんは大学時代の友人で、大学卒業以来はずっと東京にいたんだけど、今年から新しい道を目指して、実家がある札幌に戻るとのこと。

このブログでも何度かコメントしてくれている。

彼女の前だと、私は自然と素の自分で話をすることを余儀なくされる。
彼女には私のかっこう悪い部分が完全にバレているので、自分を作る意味がないためだと推察される。

■アカシア羽田空港第2ターミナル店
 住所 東京都大田区羽田空港3丁目4-2(第2ターミナル4F)
 電話 03-6428-9511
 営業時間 10:00~22:00
 定休日 無休
 料金 ロールキャベツ2貫+御飯=850円
 駐車場 羽田空港の駐車場を利用(有料)
 お勧め ★★★★☆

ロールキャベツが名物だったので、それを注文。うまい。うまいなー♪
クリームシチュー仕立てでちょっと今まで食べたことがあるロールキャベツとは違う感じ。

この店はSさんに教えてもらったんだけど、行列ができるくらい有名なお店みたい。

-----

Sさんを見送った後は、今晩の宿である道の駅を探す。けど。。
東京って道の駅が全然ない。
まぁ、そりゃそうかーそんな土地に余裕ないもんね。。
八王子にひとつあるみたいだけど。

で。埼玉の川口にある道の駅へ向かう。

途中どこにも寄るつもりはなかったけど、ちょうど通り道にあたる場所で、写真だけちょっと撮る。

           20070212_968972_tokyosta_edi_filtered_s

東京駅。
まぁ、なんてことないんだけど、日本一周の通過点の一つとして写真くらい撮っといてもいいかなーと思ったので。

それからもう一つ。
ここもよく通ることはあったんだけど、ちゃんと歩いたことや写真を撮ったこともなかったので。

           20070212_979983_nihonbashi_filtered_s

日本橋。
いわゆる五街道と呼ばれる道すべての始点となっている。
そのおかげで昔から商店がいくつも軒を並べ、それが現在では三越や高島屋といった百貨店となっている。

現在は、真上に首都高が走っているために、ちょっと窮屈な感じがしないでもないけど、再び空が見えるように首都高を地下に移す計画もないでもないらしい。
けど、それを実行に移すと予算だけで5000億円かかるとか(Wikipediaより)。

------------------------------

本日の走行距離:202km 累計走行距離:8,461km

| | コメント (0) | トラックバック (2)