« うれしさとさみしさ | トップページ | 札幌で一番好きな場所 »

2006年11月19日 (日)

当たり前という貴重

本日、実際の日付は11月25日(土)。
なかなかブログの更新が思う通りにできていないけど(--;、記憶を辿りつつ、今日は11月19日(日)の内容を更新。。

------------------------------

昨夜は友人R宅(2DKで、一部屋まるまる使わせてくれた(^^)!)に泊まり、寝たのが朝方だったので、起きたのは昼過ぎ。

今日は、また学生時代の友人Hさんと会う約束。
彼女とは、3年前に東京で会って以来だからかなり久しぶり!

14時半に、彼女の住むマンションまで車で迎えに行くが、なんと場所がわからない(>_<)。
信じられない。車で行ったことがある場所を記憶するのは自信がある方だったのでショック。
学生時代に何回も行ったことがあったのに、たった3年4年で場所を忘れてしまっていた。

電話して、場所聞いて、たどり着く。再会。
ということで、中山峠に行くことに。

中山峠というのは、札幌から、定山渓という温泉地や、ルスツというリゾート地や、洞爺湖に行くのに通る峠道だ。
その道の途中、高度が一番高くなる辺りに道の駅がある。

中山峠も学生時代よく行った場所だったし、ひょっとしたら紅葉がまだ見れるかも、という淡い期待もあったので。

けど、紅葉は見れず。完全に終わっていた感じ。。
でも景色はいいし、そもそも今回は話ができれば、場所はどこでもいいってのはあったし。

■道の駅「望羊中山」
 住所 北海道虻田郡喜茂別町字川上345番地
 電話 (0136)33-2671
 営業時間 8:30~18:30(4/22~11/3)~17:30(11/4~4月下旬)
 駐車場 230台
 お勧め ★★★☆☆

晴れてれば、ここから羊蹄山という山が見える。
羊蹄山は蝦夷富士と呼ばれることからわかるように、形が富士山に酷似していて、とてもキレイな山だ。
日本百名山の一つでもあるらしい。

この日は曇っていて、霞んでしまいほとんど見えなかった。ということで★3つ。
でも、好きな山なので、またこの辺を通ることがあればちゃんと写真にとりたいところ。

道の駅の建物に隣接した無料の美術館で、写真展をやっていたので見ていくことに。

■中山峠写真の森美術館
 住所 北海道虻田郡喜茂別町字川上345番地
 電話 0136-33-3230
 営業時間 9:00~17:00(月曜日休館)
 料金 無料
 駐車場 230台(道の駅「望洋中山」駐車場)
 お勧め ★★★☆☆

一般の人の写真もあれば、プロの写真家の写真まで、北海道の自然を撮った写真がほとんどだった。

やっぱプロは違うな~、って当たり前だけど、明らかに訴えてくるものがあるし、見入ってしまう。
その構図、そのアングル、その露出、その色、その景色に出会うために、どれだけ歩いて、どれだけたくさんシャッターを切ったのか、と考えただけで、並外れた写真に対する思いが伺える。
そこがプロということか。
でもこんな写真が撮れたら楽しいだろうなー。と思った。

その後、Hさんの彼、Fくんを迎えに札幌へ戻る。
彼と合流して、夕飯を食べるために札幌ファクトリーへ。

■札幌ファクトリー
 住所 北海道札幌市中央区北2条東4丁目
 電話 011-207-5000
 営業時間 ショッピングは夜8時まで。レストランは夜10時まで。
 駐車場 1850台(最初の1時間まで無料。以降30分毎に\100)
 お勧め ★★★★☆

札幌ファクトリーは、いろいろなお店や映画館などが入っているショッピングセンター。
地下鉄の駅からは少し離れているから、歩きだと行きづらいけど、駐車場が結構台数が多いから車で行くには結構便利。

札幌のいいところは、これだけ大きなショッピングセンターでも、駐車場にすんなり入れるところだ。休日でも。
これが関東圏だとこうはいかない。
駐車場に入るまでに数時間かかることも稀でない。

クリスマスが近いので、建物内に大きなクリスマスツリーがディスプレイされていた。

           20061119_736_factorytree_s

一時間毎に音楽に合わせてイルミネーションが点灯するしかけがある。
ちょうどいい時間だったので見ることができた。
ということで★1つ増やして4つ。

ファクトリーの中華料理屋で夕飯を食べた後、Hさんの部屋にお邪魔して、1~2時間くらいコーヒーをいただいてから帰宅。(って自分ちじゃないけど。。)

-----

懐かしの地で、懐かしの友人とのひととき。
当たり前のように会って、普通に過ごした時間だけど、それがそうあること自体はとても貴重なことだ。

|

« うれしさとさみしさ | トップページ | 札幌で一番好きな場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前という貴重:

« うれしさとさみしさ | トップページ | 札幌で一番好きな場所 »