« 出航 | トップページ | 小樽で朝日 »

2006年11月18日 (土)

一人ではない

以下、前回記事「出航」で、出航してからの話。。。

今回の記事の、実際のアップ日時は11月22日(水)だが、更新日時は記録管理の便宜上、11月18日(土)とする。

------------------------------

新潟港を出て、しばらくは甲板で遠くなっていく陸を眺め、その後船内を再び散策する。
時期が時期だし、平日ということもあり、フェリー内はガラガラだった。
乗客は全部合わせても20人程度しかいないのではないだろうか。

出航したときから、フェリー独特の揺れは常にあったのだが、時間が経って、沖に出て行くにつれ、徐々に船体の揺れが大きくなっていく。

嫌な予感。。

案の定、一時間もしないうちに酔ってしまった。
本当は、この暇な時間(小樽まで約20時間)を利用して、本を読んだり、北海道の下調べをしたり、ブログを更新したり、とする予定でいたが、気持ち悪くて何もする気にはならなかったので、まだ昼前だったが就寝。
まぁもともと徹夜だったこともあり、すぐに眠りにつくことはできた。

-----

起きたのは、夕方6時くらい。
揺れは相変わらず大きかったが、酔いはほぼすっかり良くなった。

出発してからここまでのことをブログに更新しようと思ったのだが、携帯の電波が圏外に入ってしまっていたので断念。

とりあえず、すっきりするために風呂に入った。
フェリーの大浴場はかなり広くて快適。昔のはなかったけどサウナもできていた。
しかもこの日のように海が荒れると、湯船が波のプールみたいに揺れて傾くので、それはおもしろかったりする。

湯船に入っていると、船の揺れはさほど感じられなくなる。
浮力と水の抵抗力のせいだ(と思われる)。

-----

また歩き回れば酔ってしまうと思い、再び自分の寝台へ戻る。

横になりながら、この旅の出発のことを思い出した。
出発は深夜4時過ぎ。一人だった。
実家には、私以外に、父と母と姉と姪(姉の娘)がいるが、当然出発の時間はみんな寝ていたので、行ってきますの一言もなく一人でこっそりと出てきたのだ。

だが、今、自分のかばんの中には、出発前に父と母が持たせてくれた旅費がいくらか入っている。
それに、途中お腹がすいたら食べるようにと母と姉が作ってくれたおにぎり。
姉がお守りにするようにと、寝る前に用意しておいてくれた姪の写真。

一人ではないことを知る。

そんなことを考えていたら、またうとうととしてきたが、少しお腹もすいていたので、おにぎりと笹団子だけ食べて、再び就寝。

小樽まで、あと6時間。

|

« 出航 | トップページ | 小樽で朝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人ではない:

« 出航 | トップページ | 小樽で朝日 »