« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

本土上陸

北海道最後の一日。
今日でついに(やっと)北海道完結。
47分の1制覇!。。。
って。。。まったく。堀部安兵衛じゃないんだから。。。(意味不明)

-----

今日はとりあえずフェリー乗り場に向かって、青森行きのフェリーが何時かを調べる。
一日に結構な数の便が出てるようだったので、余裕をもって夕方5時半発の便に決めた。青森に着くのは夜の9時半くらい。

乗船手続きは16時からなので、それまでのんびり過ごすことに。
のんびり。ということで温泉へ!

■流山温泉

 (情報は一昨日の記事参照)

また来ちゃいました。流山温泉。一昨日来たところ。

一昨日会員カードを作っておいたから、通常800円のところを500円で!
今日も駒ケ岳は見えず。残念。。
でも温泉はやはりすばらしい!
しかも客いない!私だけ。独り占め。最高。

-----

温泉でまったりのんびりした後は、函館で今まで行ったことがなかったところを二箇所だけ。

ひとつは

■高田屋嘉兵衛像

 住所 北海道函館市宝来町
 営業時間 見学自由
 料金 無料
 駐車場 なし
 お勧め ★★★☆☆

           20070131_831_kahee_s

銅像って、訪れてもなんてことはないんだけど、ついつい見たくなってしまう。

高田屋嘉兵衛(たかだやかへえ)。

江戸後期の回船商人。
出身は淡路なんだけど、函館で、造船・海運業・漁業経営などを手がけ、函館発展の基礎を築いた人。また、ゴロヴニン事件というロシアとの国家間問題を解決に導いたことでも有名。

この人の像は根室にもあった。
北方四島の国後島・択捉島の航路や漁場を開発した人でもあるのだ。

銅像がある通りは、高田屋通りっていう函館山のちょうど麓にあたる通りで、道の中央にはグリーンベルトがあって、そこにどーんとかなり高い位置にかっこよく建っている。

根室の方とはちょっと扱いが違うなぁ。。

ちなみに、この高田屋嘉兵衛、過去の記事の友人のコメントにある通り、司馬遼太郎の小説「菜の花の沖」の主人公です。

-----
 
■土方歳三最期の地碑

 住所 北海道函館市若松町33
 営業時間 見学自由
 料金 無料
 駐車場 なし
 お勧め ★★★☆☆

           20070131_866_s
 
土方歳三については説明は不要でしょう。
言わずと知れた新撰組副長だ(説明しちゃったよ)。

昨日の記事でも触れたけど、戊辰戦争勃発(鳥羽伏見の戦い)後、新政府軍と戦いながら北上、仙台で榎本武揚ら脱走艦隊に合流して蝦夷地(北海道)で新政権を樹立。

新政府軍の総攻撃で函館を占拠されると、土方は函館を奪回しようと一本木の関門を出て敢然と立ち向かうも、銃弾をうけてここに倒れてしまう。時に35歳。

昔、友人が見させてくれた年末時代劇の「五稜郭」で、土方を演じる渡哲也の壮絶な最後のシーンがふっと頭をよぎった。実はそのシーンだけしか見たことないんだけど、かっこよかったなー土方。っていうか渡哲也が。

今、調べてみてわかったんだけど、大河ドラマの新撰組の続編で「土方歳三最期の一日」っていうのもあるみたいでDVDも出てるみたい。うわーすごい見たい。
旅が終わったら「五稜郭」も大河ドラマの新撰組も全部見たいな。

-----

そんなこんなしてたらもう乗船手続きの時間。
フェリー乗り場に行って手続き終えてフェリー乗船。

そして17:30函館港を出港。
長かったなー北海道。でも楽しかった。

大体4時間くらいで青森に着くんだけど、船の中ではほとんど寝てた。
部屋もこの通り誰もいない。。。

           20070131_868_ss

そして。。。
4時間後。到着。下船。
記念すべき2県目(正しくは1道1県目)!青森!

さてさて。
って言ってももう9時まわっているので、今日は特に行動なし。
でも、明日は弘前城に行きたいので弘前まで移動。1時間くらいかな。

今夜は弘前の道の駅にて就寝。

------------------------------

本日の走行距離:136km 累計走行距離:6,511km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

西へ東へ

ミスチル好きは、題名に何かを期待してはいけない。
今日は、江差へ(西へ)開陽丸を見に行ってきた。

-----

■開陽丸(開陽丸青少年センター)
 住所 北海道檜山郡江差町字姥神町1-10
 電話 0139-52-5522
 営業時間 9時~17時
 休館日 4月~10月 無休
     11月~3月 月曜日、祝日の翌日、年末年始
 料金 大人700円/小中高生300円
 駐車場 あり
 お勧め ★★★★☆

           20070130_714_kaiyoumaru_filtered_s

開陽丸というのは、幕末に開国を余儀なくされた江戸幕府が、海軍力を強化するためにオランダに依頼して建造させた、当時としては世界的にも最高の性能を持った軍艦である。
だが、皮肉にも結果的には、自国を守るためではなく、内乱(戊辰戦争)で新政府軍と戦うために使用された。

-----

開陽丸に関する歴史のあらすじを少し。

【開陽丸と戊辰戦争】

戊辰戦争については、どういう経緯で起こったのか私も正確には把握してないので、それについては省略するけど、要は、薩長を中心とした新政府と徳川家臣を中心とした旧幕府軍との内乱のことだ。多分。

戊辰戦争が勃発(鳥羽伏見の戦い)した後、新政府軍が江戸城に入城(有名な"江戸城の無血開城"ってやつだ)すると、旧幕府の海軍副総裁だった榎本武揚(えのもとたけあき)は開陽丸他幕府艦隊を率いて江戸湾を脱走する。
北上する途中で、土方歳三(元新撰組副長)ら旧幕府脱走陸軍を乗せて、蝦夷地(北海道)函館へ向かった。

榎本らは函館に上陸すると、新政府の政庁であった五稜郭を占領して、そこを本拠地として新政権として函館政権(「蝦夷共和国」とも言うらしい)を宣言する。
それから、政府に対して、徳川家臣による蝦夷地開拓の許可を求めるんだけど、新政府はこれを認めずに、逆に、軍隊を函館に向けて派遣して攻撃を開始してくる(函館戦争)。

旧幕府軍は、土方歳三率いる陸軍が松前城(福山城)を占拠、そのまま進軍し江差を目指す。
榎本率いる海軍は開陽丸で一足先に江差を目指しここを占拠する。
だけど、江差沖に停泊中の開陽丸は暴風雪に会って、座礁、そのまま沈没してしまう。。。

その後、開陽丸の損失で、津軽海峡の制海権を失った旧幕府軍は、圧倒的な戦力で進攻してくる新政府軍によって、五稜郭に追い詰められて、土方歳三も最後の抵抗をするんだけどここで戦死してしまう。
結局、旧幕府軍は降伏して、ここに函館戦争(戊辰戦争)が終結するわけだ。

-----

ざっとこんな感じか。

私は日本史はそんなに詳しくないが、このブログを見ている友人の中に日本史のエキスパートがいるので、おかしな記述があれば、きっと彼が正してくれるだろう。
(あ。。これ。お願いしてるわけじゃないんで。。でもなんか気付くことあったら教えてね。今後も西日本へ行くにつれて歴史の話はたくさん出てくると思うので。)

写真を見てわかるように、今日は天気がかなり良く、気温も多分10度近くまで上がったんじゃないだろうか、暖かくて絶好の散歩日和だった。

そんなわけで、開陽丸の中に入るのは後にして海岸沿いを1時間くらい散歩したかな。
ここは、かもめ島と言って、小さな出島みたいな感じになっている。
海は想像以上にきれいで驚いた。

               20070130_676_ss

そして開陽丸の中へ。

客は相変わらず私一人で、私が入るなり、係りの人が「ちょっと待ってくださいね」と言って、何やら壁に設置されているスイッチ類を操作すると、船内に音楽が流れ始めた。。。(--;

この中は、資料館のようになっていて、開陽丸の歴史や、装備された大砲類の武器、砲弾、その他装飾品など、発掘されたものの展示などがされている。
2階構造になっていて、下の階では、発掘作業の様子なども学べるようになっている。

あと、いたるところに蝋人形みたいので当時の船内の様子を再現している。

           20070130_725_ss

結構リアル。。
観光地お約束の注意書きもあります。観光地ジョーク。

甲板にはなぜか出られなかった。残念。

その後、帰りにもまた開陽丸を撮る。

           20070130_732_kaiyoumaru_filtered_s

ここは夕日の名所でもあるのでとてもきれい。まだ夕日じゃないけど。
やはり船は帆船に限る。かっこいい。

夜になる前に函館へ(東へ)帰る。
昨日遅くて行けなかった五稜郭タワーに行くため。

-----

■五稜郭公園・五稜郭タワー
 住所 北海道函館市五稜郭町43-9
 電話 0138-51-4785
 営業時間 9時~19時(「五稜星の夢」開催期間中)
 料金 大人840円 中高校生630円 小学生420円(公園は無料)
 駐車場 なし(周辺の有料駐車場を利用)
 URL 
http://www.goryokaku-tower.co.jp/
 お勧め ★★★☆☆
 特記 日本百名城(五稜郭)

先ほどの歴史の話にも出てきたが、ここ五稜郭は旧幕府軍最後の砦。

五稜郭タワーは、その五稜郭(公園)に隣接して建っている塔。
高さ90mの展望台からは、きれいな星型をした五稜郭公園を望むことができる。
しかも、今は「五稜星の夢」というイルミネーションのイベントを2月末までやっていて、五稜郭公園がライトアップされているのが上から見れる。
でも、ちょっと私のデジカメでは全景を一枚におさめることはできなかった。

           20070130_759_filtered_s

これ↑は函館山方面(函館市街地方面)を撮ったもの。
展望台は結構明るいので、反射が写りこんで写真は難しい。

この五稜郭タワー、なんか昔とだいぶ変わったみたい。
前来たときはもっと古い建物だったんだけど、今は、かなりきれいにリニューアルされて、タワー下には結構広いアトリウムもできていた。
そこに土方歳三などの銅像がある。

           20070130_765767771_ss_s

左から、武田斐三郎(たけだあやさぶろう)、土方歳三、榎本武揚。
武田斐三郎は、五稜郭の設計監督をした人である。

その後、ライトアップされた夜の五稜郭公園を少し散歩した後、夕食へ。

-----

夕食は
 
■函館麺や一文字

 住所 北海道函館市湯川町2丁目1-3
 電話 0138-57-8934
 営業時間 AM11:00~AM1:00
 定休日 木曜日
 駐車場 あり
 URL 
http://www.1monji.com/
 お勧め ★★★☆☆

            20070130_790_ss
 
函館で最も有名かつおいしいと思われる(ネットで調べた結果)ラーメン屋。
食べたのは、塩ラーメン。
やはり函館と言えば塩ラーメン。
この店の看板メニューも塩みたいだし。

比内鶏と昆布でスープのだしをとっているらしく、ちょっと変わった味がする。
スープだけ飲むと、チャーハンとかによく付いてる中華スープを飲んでるみたい。要は鶏がらスープだ。

塩の割には結構コクがある感じ。麺は細め。
あまり私の好みではないかな。

また来る機会があったら、次は「チャッチャ正油ラーメン」というのを食べてみたい。とんこつベースで背油を使っているから間違いなく私の好みの味のはずである。

-----

今日の温泉は、函館は湯の川温泉。とても有名な温泉地です。

■日の出湯
 住所 北海道函館市湯川町3丁目2の17
 電話 0138-57-8692
 営業時間 6時~22時
 休業日 月曜日
 料金 370円
 駐車場 数台
 露天 なし
 無料休憩所 なし
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 源泉かけ流し
 お勧め ★★☆☆☆

           20070130_793_ss_1

今日は節約重視で、とにかく安く入れる温泉を探した。 
ここは、建物に入るなり、入り口が男女で左右に分かれていて、男の扉を開けると、番台があって、中央を壁で区切った部屋になっていて、、、って、昔ながらの銭湯を彷彿させる作り。

浴槽は2種類あって、泉質も湯温も少し違う。でも源泉かけ流しの100%純温泉だ。

ただ、お湯が熱い。
私は熱いのは苦手なので、ほとんど熱くて入れないくらいだった。。

しかも、シャワーの出が悪い。かなり悪い。
シャワーとは書いてみたものの、それは、一般的にシャワーと呼ばれるものと同じ形状をしていたからシャワーと書いただけで、機能的には、シャワーのそれを全く果たしていない。ただのホースと呼んでも間違いではないかもしれない。

でもま、370円だしねー。って感じでした。

昨日今日の夜は、近くに道の駅がなかったので、港付近に適当に駐車して車中泊。
最近わかってきたけど、大型トラックが停まってて明らかに車中泊をしてるようなところを探せば大体安全だ。

------------------------------

本日の走行距離:163km 累計走行距離:6,375km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

贅沢な一日

今日は一気に函館を目指す。

------------------------------

まずは洞爺湖近くにあるドライブインで昼食。

■ドライブイン みさき
 住所 北海道虻田郡豊浦町字高岡48
 電話 0142-83-2624
 営業時間 ?
 駐車場 数十台
 お勧め ★★★★☆

ここは学生時代にここを通る度に必ずと言っていいほど寄っていた場所。
噴火湾(内浦湾)に面したちょっと小高いロケーションに位置するため、景色もきれいだ。
北海道を顔に見立てたときに、ちょうどのどの辺りに位置する場所、と言えばわかるだろうか。

噴火湾はホタテの養殖で有名で、ここのドライブインもホタテの定食や丼ものがメニューの中心だ。
しかし、たかがドライブインとあなどってはいけない。
ここのホタテバター焼きやホタテフライ、ホタテ丼などは絶品だ。

このブログを見ている友人の中でも、あーやっぱここ寄ったんだ、と思っている人も数人いるだろう。。

            20070129_508_ss

食べたのはホタテバター焼き定食。量も十分。やっぱりおいしかった。

-----

その後は休憩なども途中でとりながら函館に向かいつつ、函館近辺の温泉を探してみると、ちょっと気になるとこを見つけたので寄っていくことに。

■流山温泉
 住所 北海道亀田郡七飯町字東大沼294-1
 電話 0138-67-1726
 営業時間 平日10:00~20:00/土日祝日10:00~21:00
 定休日 無休
 料金 大人800円(手拭付)子供400円
 駐車場 あり
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 あり
 特記 源泉かけ流し
 URL 
http://www.hopp.co.jp/nagareyama/
 お勧め ★★★★★

ここは、流政之(ながれまさゆき)という世界的に有名な彫刻家がプロデュースして作られたという一風変わった温泉施設だ。
だが、さすが芸術家だけあり、外装内装ともにオシャレで、建物内(温泉内も)にはジャズ音楽が流れていたりして、今まで行ってきた温泉とはちょっと趣が異なる。

温泉内の内装は基本的にはコンクリートの打ちっぱなしで塗装などされていないのだが(これだけでもなんかオシャレだ)、いたるところにでかい丸太が組まれていたり、露天にも巨木が無造作に配されていたりする。
内湯の壁には何やらアーティスティックな壁画のようなパネルがはめられていたりするのもおもしろい。

途中、客が誰もいなくなってしまったのでこっそり入り口から写真を撮ってみた。

           20070129_526_ss

脱衣場もオシャレだ↓。

           20070129_538_ss

建物の特徴ばかり書いているが、露天からの雪景色もきれいである。
ただし、このときは曇っていたので、近くに見えるはずの駒ケ岳が全く見えなかった。
駒ケ岳は数年前の水蒸気爆発がまだ記憶に新しい火山だ。

湯温も少しぬるめくらいで私にはちょうどよい。
露天には、おそらく30~40分くらい入っていたが、その間露天に入ってきた客は一人もいなかった。ずーっと一人で満喫させてもらった♪

800円は少し割高だが、この内容なら納得できる料金。
しかも会員カードを作ると次回から500円に!
無料で作れるので一応作っておいた。
北海道ならまた来る機会あるだろうし。

ちなみに、今回から温泉の情報の項目に、

 ①露天ありなし
 ②無料休憩所ありなし
 ③ぬるめの浴槽ありなし
 ④源泉かけ流しかどうか

を載せることにした。
私の中では、この4項目が温泉を評価する上で非常に重要なファクターだからである。

①と④は、大抵の人が同意するところだとは思うのだが、②無料休憩所も私にとっては同じくらい重要だ。
風呂上りに、のんびりと休憩所でコーラでも飲みながらゆっくりするところまでが温泉の楽しみだ、と私は考えているからだ。

さらに③。
ぬるめというのが曖昧な表現だが、湯温にすると大体36~40度くらいの湯のことである。
私は肌があまり強いほうではないので、泉質に関わらず湯温が高いと刺激が強すぎるし、ぬるいお湯に十分ゆっくりと(長いときは1時間くらい)浸かるのが好きだからだ。

この①~④をクリアしていれば、私の評価はよほどのことがない限り★4つ以上となる。ここは全てクリアだ。

話が長くなっているが、最後にここの無料休憩所を紹介。

           20070129_541_ss

なんか狭いように見えるかもしれないが、そして実際広くはないんだけど、ここ、電車の中を改造して休憩所としているのである。
ぬかりない。最後のしめまでオシャレだ。おすすめ!

-----

函館はやはり遠い。
しかも温泉でかなりのんびりしていたので、函館に着いたのは夜8時前。

函館と言えば、そう、もちろん夜景。
函館はこれまで何回も来ているので、今回ははっきり言って夜景さえ見れればいいかな、と思っている。

まぁ、夜景も記憶してるだけでも過去に5回以上は見に行ったけど。。
でもやはりはずせないだろう。写真もちゃんと撮ったことないし。

函館山山頂へは夏は夕方まで自家用車で行くことができる。時期によっては夜でも行けるときもある。今回はロープウェイで。

■函館山(ロープウェイ)
 住所 北海道函館市元町19-7 
 電話 0138-23-3105
 期間 無休
 営業時間 10:00~21:00(時期により異なる)
 料金 ロープウェイ往復1160円
 駐車場 数十台~百数十台
 URL 
http://www.334.co.jp/jp/
 お勧め ★★★★★

           20070129_574_filtered_m

やはり世界三大夜景のひとつに数えられるだけのことはある。
特に説明はいらないだろう。ここの夜景は、誰もが少なくとも何かしらの媒体を通して見たことがあるはずだ。
言うまでもなくお勧めである。

但し、以前の記事にも書いたが、私は個人的には、この函館山の夜景よりも、札幌藻岩山の夜景の方がきれいだと思っている。

           20070129_584_s

これは通称赤レンガ倉庫群(金森倉庫群)のあたり。
この辺一帯だけ夜景が赤みがかっている。
おそらく札幌と同じで、この辺もナトリウム灯の使用を推奨しているのだろう。

山頂の展望台は、私が今まで来た中では一番観光客が少なかった。
1時間くらい写真を撮っていたが、時には私だけになってしまうこともあった。まぁ夜景を独り占めできるのでうれしいが。
ただ、やたらと寒かった。正直1時間が限度だった。
21時発の最終便ロープウェイで帰った。

-----

あとはライトアップされた函館の有名な坂をいくつか。

二十軒坂。とても広く石畳がきれいな坂。

           20070129_603_s

八幡坂(はちまんざか)。

           20070129_616_s

最も有名な坂。
CMやドラマなどでもたびたび使われている。
ちょうど坂の先には函館湾が見え、摩周丸が停泊している。
とても絵になる坂。

-----

赤レンガ倉庫群はいつも通りだったので素通り。店も閉まってたしね。

今日の夕飯は

■ラッキーピエロ 港北大前店
 住所 北海道函館市港町3-18-28
 電話 0138-42-6550
 営業時間 AM10:00~AM0:30(土曜日/AM10:00~AM1:30)
 定休日 無休
 駐車場 十数台
 URL 
http://www.luckypierrot.jp/
 お勧め ★★★★☆

               20070129_627_ss

函館にしかないちょっと変わった雰囲気のファーストフード店。
でも、千葉にもあったらしい、けど今はもうないらしい。
地元の人には「ラッピ」と呼ばれて親しまれている(多分)。

食べたのは人気No.1チャイニーズチキンカレー。

            20070129_628_ss

バーガー系の一番人気もチャイニーズチキンバーガー。
昔から疑問だったんだけど、何がどうチャイニーズなのか未だによくわからない。ちょっと甘い味付けの唐揚げ。
唐揚げ。。。唐。。。とう。。。そうか。

今気付いて「唐揚げ、中国」で検索して調べてみてわかったが、唐揚げというのがそもそも中国(唐)から伝わった料理なんだ。
それでチャイニーズなんだ。

唐揚げカレー。唐揚げバーガー。。。なんか味気ない。。

-----

とても贅沢な一日。

お勧め度の平均値が4.5。
おいしいものを食べて、気持ちいい温泉で温まって、きれいな夜景を見て、おいしいものを食べる。

贅沢だ。

------------------------------

本日の走行距離:210km 累計走行距離:6,212km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

Final Fantasy

朝はそんなに寒くなく、エンジン始動することなくそのまま昼過ぎまで寝てしまった。

急いで出発。今日は予定通り登別・室蘭へ。

-----

千歳空港から15分程度のところにある湖「ウトナイ湖」に寄り道。

 ■ウトナイ湖
 住所 北海道苫小牧市植苗150-3
 電話 0144-58-2505
 営業時間 ネイチャーセンター/9:00~17:00
 休館日 火・水曜(祝日の時は開館)、12/26~翌1/1
 料金 無料
 駐車場 30台
 URL 
http://www.wbsj.org/sanctuary/011/
 お勧め ★★☆☆☆

           20070128_440_ss

ここは、日本で初めてバードサンクチュアリとして認められた場所。

バードサンクチュアリ。。。
「野鳥を主とした野生生物が安心して生息できる場所」
ということらしい。環境用語だ。

何度か来たことはある場所だが、この時期に来るともれなく白鳥が飛来している。
完全に人間慣れしているので、エサを持っていくと喜んで近づいてくる。手渡しで食べさせることも可。

-----

次に苫小牧をスルー。
ここ数年で苫小牧ほど知名度が上がった街も少ないだろうが、上がったのは知名度だけでなく、街自体も私が札幌に住んでいた頃に比べると、国道沿いに大きな店がかなり増えていて随分と発展していた。

-----

登別。

登別と言えば、もちろん、温泉だ。
クマ牧場、マリンパークニクス(遊園地&水族館)などもあるが、やはり温泉だろう。

私が選んだ場所は、、、

 ■夢元さぎり湯(登別温泉)
 住所 北海道登別市登別温泉町60
 電話 0143-84-2050
 営業時間 7:00~22:00
 料金 390円
 駐車場 数十台
 お勧め ★★★★☆

ここには露天はない。
どちらかと言うと銭湯に近い公共浴場といった雰囲気だ。

だが。390円は安い。他のホテルなどは、日帰りだと1000~2000円する。
実際、源泉かけ流しだし、泉質も2種類あり、サウナ&ジャグジーなどもあるので十分に温泉を堪能できる。

登別の温泉は白く濁った色をしていて、匂いは硫化水素なので少し臭いが、いかにも温泉といった感じが味わえる。

温泉にゆっくり入った後、温泉街をぶらぶらと散歩する。
もう外は真っ暗だ。今日は出発が遅かったからなぁ。
ここは、昔、友人たちと泊まりに来たことがあるので懐かしい。

           20070128_455_filtered_s

このわざとらしく作られたにぎやかさもインチキ臭いおみやげ店も嫌いではない。これぞ温泉街。

しばらく歩いていると。

               20070128_447_filtered_ss

地獄谷にふさわしい演出。閻魔堂。
ということは、閻魔大王?
なんか気のいいヒゲのおじさんにしか見えないが。

横にあるのは。。。おみくじ!
おみくじ大好き。
さっそく100円を投入してひいてみる。
今年初めてのおみくじは、、、

               20070129_500_ss

半吉。。。
半吉って書いてあるよな。
半吉ってなんだ?
半吉なんて初めて見た。

よくわからないけど、あまり良さそうなイメージではないな。
だって「半」って。イマイチいいイメージの言葉ではない。
半端者とか半人前とか。。。
半笑い。。。半ドア。。。半ズボン。。。

あとで辞書で調べてみたら

 はんきち【半吉】
 半分が凶で半分が吉であること。
 転じて、全く絶望でなく、多少見込みのあること。

やっぱりイマイチだ。。。
基本ダメだけど一応望みはあるから諦めないでがんばれよ、的な説明だ。。。

でも、おもしろいから許す。
あまり公開するもんでもないんだろうけど、書いてある内容は。。

            20070129_499_ss

「待ち人 来ず」
言い切った。言い切ったねー。来ないらしい。残念。

「旅行 控えるがよい」
言っちゃった。
今一番言ってはいけないことをピンポイントで言っちゃったよ。
ごめん。これだけは従えないや。旅続けます。

「金運 時を待てば開けることもある」
言い方がいやらしいよね。
時を待てば開ける。でよくない?
こともある、ってなんだよ。
時を待ってもやっぱりダメな場合もあるのね。
「基本ダメだけど~」的な言い方がとても気になるこの頃。

さて。
満足。登別最高。おもしろい。

帰りに、気になるものがあったので写真におさめていく。

           20070128_459_nobo_filtered_s

登別市街から登別温泉へと向かう山道の入り口に立っている鬼だ。

写真の木と比べてもわかるが10mはある。
わりとでかいのでちょっと怖い。

ポーズも気になる。
よく見ると、腰をひねって足を軽く曲げて、ダラダラした「休め」のポーズだ。

一番気になるのは右腕だ。
おそらく「こっちが登別温泉だよ」ということを鬼のくせに親切に教えてくれているようなのだが、注目すべきはその指す方向だ。
ちょっと斜め下だ。間違いなく斜め下を指している。

だが、先ほども触れたように、ここから山道を登っていくと登別温泉があるのだ。後ろの木も左に向かって高くなってるだろう。
だから、どちらかと言うと斜め上を指すべきなのだ。
それなのに明らかに右肩下がりだ。もうなんかいろいろと右肩下がりだ。
もう疲れてしまったのかもしれない。

もっと近づいて、違う角度から見てみよう。

           20070128_467_filtered_s

気付いてるかもしれないが、違う角度から見る必要は全くない。
はっきり言ってネタ的におもしろいので撮ってみただけだ。

これだけネタにすれば本望だろう。
あと、顔の表情とかいろいろツッコミたいけどこれくらいにして室蘭へ向かおう。

-----

登別で長居してしまったが、今日私が楽しみにしていたのは登別ではなくむしろ室蘭だ。

でももう真っ暗だ。

だが。。。

真っ暗でいい。
真っ暗がいい。
室蘭に来るなら断然夜だ。

地球が丸く見えるという「地球岬」くらいは昼に行ってもいいかもしれないけど、そこは私は何回も行ったことがあるので、今回はパス。

室蘭の一番の見どころは、、、

 ■室蘭の夜景
 住所 北海道室蘭市崎守町~白鳥台付近
 期間 通年
 営業時間 なし
 駐車場 なし
 お勧め ★★★★★

夜景とラーメンに関しては辛口評価だが、お勧め度★5つだ。

日本には、夜景100選というものがある。らしい。最近知ったのだが。
北海道で夜景100選に選ばれているのは、

 函館市 函館山
 札幌市 藻岩山
 札幌市 JRタワー
 小樽市 天狗山

だが、私はこの4箇所に負けるとも劣らない夜景として、室蘭の夜景を挙げたい。

室蘭中心部の夜景ではないから、室蘭の夜景という言い方はちょっと違うのだけど、ここの夜景は、他の夜景と比べるとかなり様相を異にしている。
明らかに異質な夜景だ。
だが、誰もが初めて観たときは、その光景にあっと驚かずにはいられない、そんな夜景だ。

それが、これだ。

20070128_484_filtered_m_1

ちょっとふざけて「ザ・ベストハウス123」風の言い方になってしまった。。
ここに連れてきた友人の一人が、この夜景を見るなり「ファイナルファンタジー」みたいだ、と形容していたのをよく覚えている。

ここは普通の街の夜景ではないのだ。工場の夜景だ。
某石油会社の製油所である。

そして、その隣。少し遠くには白鳥大橋というおおきな橋もライトアップされているのが見える。
いつも通り、パノラマ合成するとこんな感じだ。

20070128_488489_muroran_filtered_s

ちょっとしくじって露出がアンダー気味で橋が暗くなってしまった。
ちなみに、この橋のさらに右側には室蘭の市街の夜景が少し見える。

また、この写真を撮った場所は、ほぼ工場の敷地内で、防波堤のようなところの端っこなので真っ暗だし、波の音が少々不気味で、治安もあまり良さそうな感じではないので、行く場合は注意が必要だ。

その後、白鳥台と呼ばれる地名の高台へ登って、今度は上から白鳥大橋を見下ろせる場所を探す。
というか、昔友人に教えてもらったビューポイントがあるのだ。

           20070128_492_filtered_s

ホワイトバランスはオートにしてるのだが、なぜか実際よりも赤みがかった色に仕上がった。まぁこれはこれでいいかもしれない。

さらに、工場の夜景も同時に見れる場所を探してみる。
こういう、あまり知られていない夜景の絶好のビューポイントを探す工程が楽しい。

見つけた。ここだ。
夢のコラボが実現した夜景がこれだ。

           20070128_496_filtered_s

すばらしい。

-----

宿泊地は、室蘭の隣、伊達市の道の駅へ。
伊達市の伊達は、伊達政宗の伊達と同じだ。

戊辰戦争後、逆賊となってしまった伊達家とその家臣たちが移住して開拓したのがこの地であり、ここが伊達市と呼ばれる所以はそこにある。

また、補足情報としては、ここ伊達市には直木賞作家である宮尾登美子の文学記念館がある。
なぜここにあるのかというと、宮尾登美子が、NHK大河ドラマにもなった「義経」の原作の「宮尾本・平家物語」を、ここ伊達市に居を構えて執筆したからとのこと。
さらに、2008年には彼女原作の「篤姫」が大河ドラマ化されるらしい。

-----

正直今日は遅く起きたため行動時間がかなり短かったが、とてもおもしろく有意義な一日だった。

------------------------------

本日の走行距離:148km 累計走行距離:6,002km

そろそろオイル交換か。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月27日 (土)

悲しい統計データ

さて。

札幌に戻ってくる度に、このまま住み着いてしまおうかという思いがよぎってついつい長居してしまいそうになるので、今回は早めに出発!
って言っても3泊もさせてもらったけど。。いつもありがとねRH。

-----

最初に向かったのは

 ■札幌ファクトリー
 住所 北海道札幌市中央区北2条東4丁目
 電話 011-207-5000
 営業時間 ショッピング 10:00~20:00
      レストラン  11:00~22:00
 駐車場 1850台(最初の1時間まで無料。以降30分毎に\100)
 URL 
http://www.sapporo-factory.co.jp/
 お勧め ★★★☆☆

大学時代の友人(Sさん)の父親が、ちょうど今ここで写真展をやっているのでそれを見に行くことに。
 
 ◆キリマンジャロ写真展

 場所 札幌ファクトリー三条館1Fウォールギャラリー
 電話 011-207-5000
 期間 2007年1月15日~2月14日
 営業時間 札幌ファクトリーに同じ
 料金 無料
 駐車場 札幌ファクトリーの駐車場を利用
 お勧め ★★★★☆

写真は、Sさんの父親(やはりSさん)がキリマンジャロに登頂したときの、登山中に撮ったものや、登頂前後にタンザニアで出会った風景や人の写真。

私は写真に関しては素人もいいところなので、写真の技法だとか構図だとか露出がどうとか、そんな評論をすることはできない。

だけど、いま、自分もいろいろな写真を撮っているが、ここで見た写真はどれも(あたりまえだけど)自分の写真とは全く違う類のものなので、単純にとても新鮮で、それでいてエネルギーに満ちている印象を受けた。

それは、やはり日本では全く見られないような景色ばかりだったということもあるが、撮影者の気持ちも写真によく現れていたからということもあると思う。

私の場合は、デジカメを使い始めて日が浅いので、毎日四苦八苦の試行錯誤でまだデジカメに撮ってもらっているという感覚で、つまりは私自身の気持ち的には余裕がないのだ。
気持ちを写真に込めるというレベルではぜんぜんない。

どうやったら色がきれいに撮れるか、どうやったらかっこいい構図になるか、そんなことばかり考えている。

その点、今日ここで見た写真はどれも、撮りたいときに撮りたいものを、すばらしいと感じた景色を、きれいと感じた花を、動物を、人を、素直に写しこんでいる、という印象を受けた。

だから、登頂時の写真には、キリマンジャロ登頂というとてつもない大きな目標に向かって行く前向きなエネルギーにあふれている。

と、結局なんかそれっぽいことを書いてるようにも見えるが、実はほとんど、なんとなーくそんな感じがした気がする、というレベルだ。だってこっちは素人なんだから。。

ただ、私の場合、実は私の兄が自称登山家なので、海外の登山の写真の類はこれまでによく見たことがあったので、今回の写真展は、新鮮ではあるけれど、どこか親近感があるような気もして、それ故に私のような素人でも、その写真に込められた思いをつかみやすかったのかもしれない。もしかして。ひょっとしたら。。多分。。。

ということで。Sさん、お父さんによろしく。
同じ登山家であれば、どこかの山で私の兄にも会うことあるかもね(^^;。

ちなみに、今日はここのアトリウムで午後からBoAの公開録音があるということで、アトリウム周りには早くも座り込んで待っている人が結構いた。

-----

さて。では昼ごはんへ。
 
 ■五丈原

  (情報は昨日の記事を参照)

結局、みそも食べたくなってみたので、2日連続。
今日は土曜の昼ということもあり、行列と言うほどではないけど、店の中に待ちの人が数人いた。
でもラーメンは基本的に回転が早いからほとんど待ち時間はなかったけど。

みそラーメンとチャーシューおにぎりを注文。

            20070127_361_ss

みそラーメンは。。。
なんとなく予想していた通りの味。
予想を裏切ってほしかったんだけど。。

正直、あまりおいしいとは思わなかった。
でも人気の店だから、好みじゃないというだけだと思う。。

-----

今日は、支笏湖という湖で氷濤祭りというのをやっている(昨日から)ので、支笏湖に向かったのだが、その通り道でちょっとだけ寄り道。

そこはまずガイドブックの類には絶対に載っていない。
なぜなら。。

 ■真駒内滝野霊園
 住所 北海道札幌市南区滝野2番地
 電話 011-592-1223
 開門時間 4月1日~9月30日 7:00~20:00
      10月1日~3月31日 7:00~18:00
      管理事務所(9:00~17:00)
 駐車場 あり
 お勧め ★☆☆☆☆

そう。霊園なのだ。
でもただの霊園ではない。

           20070127_364_filtered_s

モアイ像だ。門をくぐるとなぜかモアイ像が数十対整然と並んでいる光景に圧倒される。

その逆側に目をやると

           20070127_368_ss

ストーンヘンジだ。なぜ。
しかも。ん?その奥に見えるのは。。

           20070127_372_ss

鎌倉の大仏。。これは私も初めて見た。前はなかった。。

この他にも、四天王像とか、ギリシャ神話っぽい像とか、エジプト文明チックな石造とか、いろいろある。
よくわからないけど、ここの墓石会社の宣伝みたいな意味もあるのかもしれない。。
 
-----
 
そんじゃ、支笏湖へ。
 
 ◆支笏湖氷濤祭り

 場所 北海道千歳市支笏湖温泉
 電話 :(0123)23-8288(支笏湖まつり実行委員会)
 期間 平成19年1月26日(金)~2月18日(日)
 営業時間 ライトアップ 16:00~22:00期間中毎夜
      花火 18:30~期間中毎週土・日・祝日
 料金 無料
 駐車場 あり
 お勧め ★★★☆☆

   20070127_385_ss_2   20070127_386_ss_1

これらは、金属の骨組みに、支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付けて凍らせる要領で氷像を作っている。

夜はライトアップされて、しかも今日は土曜なので花火も上がる。
ということで、それまで温泉に行くことに。

ここ支笏湖は、支笏火山という火山が噴火してできたカルデラ湖で、周辺には、恵庭岳(えにわだけ)、風不死岳(ふっぷしだけ)、樽前山(たるまえざん)という3つの火山がある。

火山→温泉。
ということで温泉も当然いくつか存在する。
そのうちの一つ「丸駒温泉」へ行く。
これは、最近じゃらんにも掲載されていて評価も割と良かったので。
 
 ■丸駒温泉(支笏湖丸駒温泉旅館)

 住所 北海道千歳市支笏湖幌美内7番地
 電話 0123-25-2341
 期間 通年
 営業時間 AM10:00~PM 3:00(日帰り入浴)
 料金 1000円(日帰り入浴)
 駐車場 あり
 URL 
http://www.marukoma.co.jp/
 お勧め ★★★★☆

着いたのは大体16時半くらい。。

あー!日帰り入浴は15時まで。。。
でもそんなんで諦めるわけなく、フロントで話してみると意外と簡単にOKしてくれた。というか一人だったのが良かったみたい。よっしゃ。やりぃ。らっきー。

温泉は内湯はまぁ普通。
露天の展望風呂はそこそこ広くて、湖を少し見下ろす感じで見渡せるのでとても景色はいい♪湖の向こうには風不死岳がそびえているのが見える。

そして、さらにさらに、ここにはもう一つ露天がある。
廊下を数十メートル歩いて外に出ると、そこには岩風呂の天然露天風呂がある。天然って言っても浴槽自体はもちろん岩で人工的に作ってるんだけど。

そこの浴槽はすぐ外の支笏湖とつながっていて、湖の水量の変化とともに温泉の水位も上下するらしい。
今日の水深は1m弱くらい。

そして、湖の水で温度調節をしているらしく、ここのお湯はかなりぬるめ。多分36,7度くらいなんじゃないかな。
でも私はこういうぬるい温泉大好き。
猫舌と一緒で、温泉も熱いのは苦手で長く入っていられないけど、このくらいぬるいと、いつまででものんびり入っていられる♪

でも、氷濤祭りの花火もあることだし、1時間半くらいで出て氷濤祭りの会場へ戻る(車で20分くらい)。

すると。。渋滞。。。駐車場満車だ。。。
考えることはみんな同じ。
ライトアップ&花火の時間18:30を狙っていたのだ。
で。結局、渋滞は解消されず。
ってか、今会場にいる人たちはみんな花火待ってるんだから出てくる人がいるわけないのだ。

結局、車から遠目に花火を鑑賞して、やっと駐車場もすいてきたので再び中へ。
おそらく今回の旅行で、今のところの私が訪れた場所の中では、旭山動物園の次に観光客が多かった場所がここだろう。

           20070127_424_filtered_s

きれいにライトアップされていた。
でも写真は難しい。

           20070127_432_filtered_s

普通の景色や街の夜景と違って、ただ撮るだけでは、ただ露出を長くするだけでは、きれいに写ってくれない。写真はまだまだ勉強不足なようだ。。

ちなみに客層は、5割はカップル、3割は親子連れ、1割9部9厘は団体客、という統計データでした。

-----

夜は千歳の道の駅で車中泊。
晩御飯は、初のコンロによるカップめん。

           20070127_437_incardinner_filtered_ss

トマムを出るときに餞別ということでカップめんを大量にもらったのだ♪

明日は登別・室蘭。かな。

------------------------------

本日の走行距離:118km 累計走行距離:5,854km

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2007年1月26日 (金)

好きなふたつ

明日札幌を発とうと決めたので、札幌で行っておきたいところ二つに行くことに。

-----

一つ目。ラーメン。

またかーという感じだけど。
札幌に長く住んでいたことがあるのに、超有名店のひとつ「五丈原」に一度も行ったことがなかったので、これを機に行ってみた。

 ■五丈原
 住所 北海道札幌市中央区南7条西8丁目1024-24
 電話 011-561-3656
 営業時間 16:00~翌朝(スープが売り切れ次第閉店)
 定休日 毎週火曜日
 駐車場 3台?
 URL 
http://www.gojougen.co.jp/honten/honten_frame.htm
 お勧め ★★★☆☆

頼んだのは「とんしおラーメン」650円。

            20070126_302_ss

と「チャーシューおにぎり」150円。

            20070126_301_ss

初めて行くラーメン屋では、まず必ずその店一番のお勧め(もしくは人気)のラーメンを食べるのだけど、今日は調べ忘れたのでメニューの一番上にあるとんしおを注文。

昔、メニューの一番最初にあるラーメンがその店一番のお勧めだ、と友人が言っていた(本当かどうかわからないけど)。

でも、ここはとんこつベースなのであながち的はずれでもないかもしれない。

ラーメンの味は、とんこつ特有の臭みはほとんどないけど、これと言って特徴のない塩味。
普通においしいのだけど、果たして並んで食べるほどだろうか、という感じ。(昔はこの店も行列ができてたらしい。今はそうでもない。)
そもそも私が塩ラーメンがあまり好きではないからかもしれないけど。。個人的評価は★3つ。

評判のチャーシューおにぎりはおいしい♪
これで150円ならば絶対に食べるべきだ。
私が食べている間に入ってきた客も、一人の例外もなくラーメンと一緒におにぎりを頼んでいた。

-----

その後、歩いて大通り公園へ。

大通り公園では、着々と雪祭りの準備(雪像作り)が進んでいた。
そんなわけで、公園の敷地は9割方立ち入り禁止となっていた。。
一番来てはいけないときに来てしまった感じだ。

大通り公園にイサムノグチの有名な彫刻があるということで、昨日はモエレ沼公園に行ったし、見てみようと思って来たんだけど、その彫刻(すべり台なんだけど)は半分くらい雪で埋まってしまっていた。

しかも、彫刻が立ち入り禁止場所の中にあったので、近くにいる自衛隊の人たち(「彦根城」の雪像を作っているみたい)の視線が厳しかったので、写真はパス。

黒田清隆とホーレス・ケプロンの銅像だけ遠目に撮影。ここも立ち入り禁止。

           20070126_306_filtered_s

黒田清隆は、元薩摩藩士で開拓使の長官として北海道開発に尽力した人。伊藤博文の後に総理大臣にもなっている。

ケプロンは、その黒田清隆に開拓使の顧問として招かれたアメリカの農務長官。黒田と共に北海道開拓に尽力。この人が日本にいろいろな果物を持ってきたらしい。

-----

もう一つは、夜景。
JRタワーの展望室。
行ったことはあるけど写真に撮ったことがなかったので。

ということで、そのまま歩いて札幌駅まで。

           20070126_329_filtered_s

ここ数年で札幌駅は大きく変わった。
右奥に立っている高い建物がJRタワーだ。
高さは確か180mくらい。
サンシャインが240mくらいだったはずだから、その4分の3くらい。

 ■JRタワー展望室
 住所 北海道札幌市中央区北5西2 JRタワー38F
 電話 011-209-5500
 営業時間 10:00~23:00(最終入場=22:30)
 料金 700円
 駐車場 なし(付近の施設の駐車場利用)
 URL 
http://www.jr-tower.com/t38/
 お勧め ★★★☆☆

これ↓がJRタワーの展望室から見た南側の夜景。

           20070126_339_filtered_s

テレビ塔と「nORBESA」の観覧車が見える。
キレイだが、この手の夜景だとやはり東京タワーやサンシャイン60からの夜景には敵わない。
しかも、札幌駅前からすすきのにかけては同じくらいの高さの建物が続いているせいか、かなり夜景の光が隠れてしまっているようだ。

これ↓は北側。

           20070126_349_filtered_s

北の方が高い建物は少ないけど遠くまで夜景が続いているのでキレイかもしれない。

いずれにしても、札幌の夜景を見るならば、やはり藻岩山に行くべきだろう。スケールの大きさも華やかさもまるで違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

彫刻の公園

今日は午後からモエレ沼公園に行ってきた。
のだが、その前にラーメンを食べに「てつや」へ。

 ■らーめんてつや
  
(情報は過去の記事など参照)

食べたのは、いつも通り大好きみそラーメン。

            20070125_256_ss

似ている。
やっぱり旭川の「蔵」と似ている。
まず見た目が似ている。

写真を並べてみる。(左:蔵 右:てつや)

   20070124_251_ss_2   20070125_256_ss

よく見る。
やはり似ている。
器をよく見る。

   20070124_251_up_ss_1   20070125_256_up_ss

。。。ん?あれ?

あ!
同じ。。。

なんと旭川の「蔵」と札幌の「てつや」は器が全く同じものだった。
初めて「蔵」で食べたとき、似ているなーと感じたのはやはり間違いなかった。似ているんじゃなくて同じなのだ。

ひょっとしてこの二つってなんか関係あるのかと、インターネットで「蔵、てつや」で検索してみたが、特にこれらの関係性を認めるような情報はヒットしなかった。

ただの偶然だろうか。
どっちかが真似したのだろうか。

器が同じだけならただの偶然もありうるが、味もかなり似ているので何らかの関係性を疑ってしまう。
でも、今のところこの二つの店のつながりを裏付ける情報は見つかっていない。

誰か知ってたら教えて。。

-----

その後、札幌市郊外にあるモエレ沼公園へ行く。

 ■モエレ沼公園
 住所 札幌市東区モエレ沼公園1-1
 電話 011-790-1231
 営業時間 7:00~22:00(入場は21:00まで)
 料金 運動施設以外は無料
 駐車場 100台無料 
     P1夏期のみ(1,200台 利用時間:7:00~19:00)
     P2通年(100台)
 URL 
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/index.html
 お勧め ★★★☆☆

           20070125_259_piramid_filtered_s

ここは、世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチが設計した公園だ。

と言っても、私は芸術関係にはあまり興味がある方ではないので、なんとなく聞いたことがあるくらいで、どういう人かはよく知らなかった。

公園自体が2002年度のグッドデザイン大賞を受賞している。

上の写真は、ガラスのピラミッドと呼ばれるこの公園の象徴的な建物で、中には休憩所、売店、レストランなどがある。

           20070125_263_filtered_s

ここはガラスのピラミッドの中のアトリウム。
ガラス張りの天井なのでとても開放的で、幾何学的な作りをしているのでとても不思議な空間。

閑散としている、というか私一人しかいなかった。。

ここの3Fには常時イサムノグチのギャラリーがあり、数冊の本の閲覧や、コンピュータ端末を使ってのイサムノグチ本人やこの公園の説明などを参照できるようになっている。
ガラスのピラミッド自体は確か21時くらいまで開いているが、ギャラリーは17時まで。

17時になったので、しばらく外に出て公園内を散策。

と言っても、ちゃんと除雪されているわけではなく、雪も降っていて風も少しあったので、私の軽装備では公園を半周するのも命がけ。。は言い過ぎだけど、散策してる人なんて一人もいなかった。。

この公園には大きな山が二つある。
山があって、森があって、噴水があって、屋外ステージがあって、モエレビーチという浅いプールのようなところもある。
その他、テニス場、野球場、陸上競技場などの運動施設もある。

               20070125_290_filtered_s

これ↑は、モエレ山という高さ62mの山。
冬期はここでスキーやそりなどで遊べる。
写真では大きさがわかりづらいけど、高さ62mもあるので、公園内にある山としてはかなり大きく感じる。登るのも一苦労だ。登らなかったけど。。

あと、見たことはないけど、公園内にある噴水はかなり規模が大きく夜はライトアップもされてキレイらしいので是非見たいものだが、冬期はやっていない。。。

その後、暗くなってからガラスのピラミッドに戻って写真撮影。

           20070125_277_filtered_s

なかなかキレイだ。
雰囲気がいいのだから雰囲気のある音楽でもかければいいのに、何もかかっていなかった。

-----

夜はRと最近できたというインド料理屋へ。

 ■インド料理 ラム
 住所 札幌市北区32条西4丁目1-12パレロワイヤル 1F
 電話 011-756-1765
 営業時間 11:00~15:30(LO15:00)、17:00~23:00(LO22:30)
 定休日 不定休
 駐車場 なし
 URL 
http://www.sugukuru.net/ram
 お勧め ★★★★☆

           20070126_297_filtered_ss

オープンが1月15日らしいから本当にできたばかり。

まず目に付くのが、看板の「チェーン店」の文字。
チェーン店であることをここまで前面に押し出した店を初めて見た。
だが、あとで店の名刺を見たら、姉妹店が水戸にあるだけなので、多分「チェーン店」という言葉の意味を取り違えてしまっているのだろう、という結論に達した。

私が食べたのはディナーセットで、カレーは「ココナッツカレー」。

           20070125_295_ss

その他、付け合せ程度のサラダとシシカバブと、、あと、なんかカレー味の鶏肉のから揚げ風のやつ(名前忘れた)と、飲み物が付く。

           20070125_294_ss

カレーは辛さを選べる。ナンかライスも選べる。

飲み物はラッシーを注文。
私は飲むのは初めてだったけど、濃くて甘い飲むヨーグルトだ。

カレーおいしい♪甘くておいしい♪
私はココナッツが入ったカレーが大好きなのだ。
本場の人が作っているカレー屋に来たときは必ずココナッツ系のカレーを頼んでいる。(そういう店は数えるほどしか行ったことないけど)
ココナッツの匂いも好きなので、私の車の芳香剤は、今までココナッツ以外の香りになったことは一度もない。

そして、ナン。ナンもおいしー♪
やわらかくてもちもちしていておいしい♪

あと、ここの店主(と思われる)の男の人は多分インド人だと思うんだけど、やたらと腰が低い。

ナンを打つときにピザ生地作るときみたく、持ち上げて回しながら丸くしていくんだけど、そのときにたまにパーンッと音を立てて回していたから、「お、本格的にやってるなー」と思ってチラっとそっちを見てみた。

すると、その店主と目が合うなり、「すいません、大きな音立てて、うるさいですよね、ホントごめんなさい」とは言っていないけど、そう言っているかの如くペコペコと申し訳なさそうにしていた。

また、その店主がテレビの操作をしているときに急にテレビの音量が大きくなってしまったときも、こっちを見て申し訳なさそうにあやまっていて、帰りの会計のときも「今日はバタバタしちゃってすいませんね。」みたいなことを言って、申し訳なさそうだった。

その他にも、何一つ申し訳なく思うことも謝ることもないのに終始そんな感じだった。。でもとても好感が持てる人だったし、カレーもナンもおいしかったから、いずれ札幌に戻ってきたらまた来たいと思った。

客の入りはまだそんなに多くはなかったけど、今後もがんばっていってもらいたいものだ。(と、なぜか上から目線で言ってはみたものの、本当にがんばらなきゃならないのは、明らかに無職でぶらぶら放浪している私の方だが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

一足遅い年末

最初に起きたのは6時くらい。
やはり寒くて目が覚めた。

が、気温を確認すると0度。
意外と寒くない。
寝袋や枕も凍っていなかったし、霜も降りてはいなかった。

エンジンを始動してまた寝袋の中へ。

途中目覚ましで目を覚ましたが、起きたのは12時前後。
たっぷり睡眠はとれた。

でも、エンジンを始動したまま6時間くらい寝たことになるから危険と言えば危険。今後その点だけは気を付けなければ。

エンジンをかけるなら起きる。寝るならエンジンはかけない。

-----

とりあえず、昨晩は風呂に入らなかったため気持ち悪いので、近場の浴場を探す。

 ■万葉の湯
 住所 北海道旭川市高砂台1丁目1-52
 電話 0166-62-8910
 営業時間 午前10:00~翌朝9:00まで
 定休日 無休
 料金 平日1000円(大人) 500円(子供)
 駐車場 100台程度
 URL 
http://www.manyo.co.jp/asahikawa/
 お勧め ★★☆☆☆

           20070124_249_ss

高い!1000円。
もっとちゃんと調べておくんだった。。受付で値段を知って驚いた。

一瞬ためらったけど、また探すのもめんどうだったので、しぶしぶ入ることに。

銭湯感覚でさっと入るつもりだったけど、結構な値段をとられてしまったので、いつも通りゆっくり1時間~1時間半くらい入っていた。

ここ、施設入り口付近の大きな看板には「二股ラジウム温泉」と謳っているので、へぇーこんなとこに温泉あったのかーと思ってきたんだけど、実はここは温泉ではない。(なんかこんな話、以前もあった。。)

ホームページでも

『二股ラジウム温泉は、長万部から約18kmほど山奥に入ったところに在る、有名な「北海道の秘湯」です。~(中略)~。万葉の湯はこの二股ラジウム温泉の鉱石を使用し、炭酸カルシウムをふんだんに含んだ貴重な天然ミネラル水を生成。』

という説明がなされている。

-----

その後、昨日行ったラーメン屋「蔵」へ。

 ■らーめん蔵(くら)(2度目)
 住所 北海道旭川市豊岡5-2-4-3
 電話 0166-32-2345
 営業時間 11:00~15:00,17:00~20:00(スープがなくなり次第閉店)
 定休日 月曜日(祝日営業、翌日休業)
 駐車場 15台
 お勧め ★★★★☆

昨日の記事にも書いたが、ここのラーメンはとんこつベースのこってり系なので、私が好きな札幌の「てつや」に近い。

今日はみそラーメンを食べることに。
しかも、メニューを見ると「こってりせあぶらラーメン」というのがあったので、そのみそを注文。
「てつや」は背油を使用しているのが特徴なので、これでさらに「てつや」に近づいただろう。

            20070124_251_ss

見た目も似ている。
どことなく器もなんか似ている気がする。。

味は。。。
やはり思ったとおり。
「てつや」だ。
だからもちろんおいしい。

が、少し味が濃すぎる。
ラーメン名に「こってり」と言うだけあるが、こってりし過ぎな気がする。
最後の方は少しはしがゆっくりになった。

麺は少し細めの縮れ麺。
よって「てつや」との唯一の大きな違いは麺だろう。
だが、少し固めに茹で上げているので歯ごたえは結構あって嫌いではない。

結局のところ、かなりおいしかったが、みそでは「てつや」に及ばないというのが、私の個人的な評価だ。

再びここに来ることがあるなら、昨日食べたしおラーメンを是非また食べたい、と思った。

私は食にはあまりうるさい方ではないし、何を食べても大抵はおいしいと感じる方だが、ラーメンに関しては最近いろいろ食べ過ぎているせいか、少しうるさくなってきているかもしれない。。

-----

今日は本当は「天人峡温泉」という有名な温泉が、旭川から少し山に入っていったところにあるので、そこに行ってから札幌に向かう予定でいた。
でも、寝起きに入った「万葉の湯」で長居してしまったため時間的に遅くなってしまったし、「天人峡温泉」は最近経営者が変わったらしく日帰り入浴の値段がかなり高くなったという噂も聞いていたので、今回は断念して札幌へ。

札幌に着いたのは22時過ぎ。

前回(11月に北海道入りしてから12月に札幌を出るまで)お世話になった友人Rと合流し、当たり前のようにいつもの焼肉屋「ときん」へ。

そして、当たり前のように、また数日R宅で寝泊りさせてもらうことに。

この日は、年末に頼んでビデオに録っておいてもらった「レコード大賞」を、夜更かしして見た。
他にも「紅白歌合戦」と年が明けてからやっていたカウントダウンTVのスペシャルをビデオに録っておいてもらった。
今日明日は一足遅い年末気分に浸れそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月23日 (火)

3度目の出発

12月15日~25日、及び、1月17日~22日の記事が未だに更新できていないけど、時間があるときに少しずつ更新していこう、と思ってはいる(とか、いつも言うだけ言っている)。

また、もろもろの事情により1月11日分と13日分の記事は非公開設定とした。理由は1月3日のときと大体は同様である。

------------------------------

現在、1月23日(火)、もうすぐ日付が変わる、北海道旭川市、道の駅「あさひかわ」。

久々の車中泊。
ここに泊まるのは2度目。
1度目は12月に札幌を出発して初めて車中泊をしたとき
あのときもかなり寒かったけど、きっと明朝はもっと寒いだろう。。

途中の話(1月17日~22日)が抜けてしまっているが、トマムでの住み込みバイトは、1月20日をもって終了した。
バイト終了後も、数日寮に残らせてもらい現地でバイト仲間と遊んで、本日、まずは部屋の掃除を済ませる。

私はコーラが好きなので、この数日の間に多くの人からコーラをもらった。
今まで飲んだものもゴミが溜まっているので、部屋にはコーラのペットボトルだらけ。

           20070123_169_ss

去年の12/19に、この部屋に初めて来たときに、ドアの内側にこんな↓ポスターが貼ってあった。

           20070123_171_ss

思えば、すでにこのときからこの部屋はコーラと深い関わりを持つことを暗示していたのかもしれない。。

部屋の掃除や荷造り&積込みを済ませ、従業員食堂にて一部のバイト仲間(Aさん、Oさん、Fさん、Sさん)と最後の食事。

滞在中、何度もここで御飯を食べたが写真を撮ったことがなかったので、最後に撮影。
私が食べたのはB定食「イカのフライ」。

            20070123_173_ss

ここで最後のお別れをした後、ホテルの総務へ赴き退職手続きを済ませ、おみやげをいくつか買って、結局13:00くらいにトマムを発つ。

この旅行の出発は実家を出た去年の11月だけど、気持ち的には、これでやっと本当の出発という気がする。

実家を出た11月17日が最初の出発。
しばらく滞在していた札幌を出た12月8日が2度目の出発。
そして、今回が3度目の出発。といったところ。

-----

富良野→美瑛→旭川へ。

富良野は、バイト期間中も何度か遊びに行っていたので素通りし、美瑛は少しだけ寄り道。
やはりここは断然夏に来るべき。というか、冬は観光客はまずほとんどいない。。

 ■新栄の丘展望公園
 住所 北海道上川郡美瑛町美馬牛新栄
 電話 0166-92-4378(社団法人 美瑛町観光協会)
 期間 通年
 営業時間 入園自由
 料金 無料
 駐車場 30台
 お勧め ★☆☆☆☆

           20070123_177_shineihill_filtered_s

一応展望台までは何とか歩いて行くことが可能だが、駐車場は除雪されていないから路駐していくしかない。
ここは何度も来たことがあるが、夏なら開いているお店も今日はCLOSE。
ホントは花畑があったりして、夏ならば遠くの眺めだけではなく、ここ自体も楽しめる。

お勧め度はあくまで今日の評価。
夕日の時間にくることをおすすめする。

 ■マイルドセブンの丘
 住所 北海道美瑛町美田
 電話 0166-92-4378(社団法人 美瑛町観光協会)
 期間 通年
 営業時間 自由
 料金 無料
 駐車場 なし
 お勧め ★★★☆☆

ここも一度だけ来たことがある。4年前くらいか。
昔、たばこのマイルドセブンのCMに使われた風景らしい(私が生まれる前の話だ)。

           20070123_209_mildsevenhill_filtered_s

丘の真ん中に防風林が数十本並んで立っている。
よく写真で見るのは、青空をバックにした写真だが、ここも夕暮れ時にきたらキレイな気がする。

雪の風景写真は、光をほとんど反射してしまい遠近感が出しづらいので難しい。
モノクロならばもっと難しい。

-----

美瑛はとりあえずそんなところ。旭川へ。。

美瑛から旭川はもう目と鼻の先だ。
トマムから旭川はもっと遠いと思っていたのだが、直接向かったら2時間半くらいで着くだろう(雪道を考慮しても)。

前回旭川に来たときに食べたラーメン屋「橙ヤ」は私個人的にはイマイチだったので、再び旭川でおいしいラーメンを食べてみたいという思いと、トマムにいたとき、旭川出身の社員のHさんがお勧めしていたラーメン屋に是非行ってみたいという思いから、そのお勧めのラーメン屋「蔵(くら)」に行った。

 ■らーめん蔵(くら)
 住所 北海道旭川市豊岡5-2-4-3
 電話 0166-32-2345
 営業時間 11:00~15:00,17:00~20:00(スープがなくなり次第閉店)
 定休日 月曜日(祝日営業、翌日休業)
 駐車場 15台
 お勧め ★★★★☆

            20070123_232_ss

うまい!
頼んだのは塩チャーシュー。
塩はあまり好みではないのだが、ここのスープは濃厚なとんこつスープを使っているので、塩が人気があるらしいとのことで。

実際おいしい。
もともとこってり系が好きな私だが、見事にこってり系な好みのスープ。
さらに、私はとんこつ特有のにおいが苦手なのだが、ここのは臭みが全くと言っていいほどない。
札幌の「てつや」もとんこつなのにおいしかったから、実は私はとんこつが好きなのかもしれない。。

また、ラードをたっぷり使っているせいか甘みもあり口当たりが良く、トッピングでゴマが入っているので風味も加わり、紅しょうががいいアクセントになっている。

私は、ラーメン本来の味(麺、スープ)を味わいたい方なので、やたらと具(ねぎとかもやし)が多いラーメンとか、無駄に辛味が強すぎるラーメンも嫌いなのだが、ここの紅しょうがはかかっている量が本当に申し訳程度で目立たないから隠し味レベルになっているから◎。

しかも、紅しょうが自体を食べなくても、しばらくすると味が自然とスープに染み出していき、これがまた塩とんこつにバッチリマッチしていておいしい。

塩でこれだけおいしいと感じたのならば、私の好きなみそを頼んだらひょっとしたら★5つになるかもしれない。
明日もう一度食べにくるつもり。みそを。

その後、少し旭川駅周辺で数枚写真を撮って、道の駅「あさひかわ」へ。

           20070123_247_filtered_s

旭川駅は、駅前からまっすぐに1kmくらい(?)遊歩道が続いている。
ミニチュア版大通り公園みたいな感じだろうか。
この写真の真ん中一番奥にあるのが旭川駅。

今日は、睡眠時間が少なく、朝の寮の掃除や荷造りに始まったので結構疲れた。たくさん寝るつもり(寒くて起きちゃうかもだけど)。

------------------------------

本日の走行距離:174km 累計走行距離:5,535km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

とりあえず写真だけ

           20070122_152_kohuku2_filtered_s

            20070122_163_ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

とりあえず写真だけ

            20070121_133_s

            20070121_134_ss

           20070121_137_filtered_ss

           20070121_140_tokachidake_filtered_s

           20070121_144_tokachidake_filtered_s

           20070121_149_ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

とりあえず写真だけ

            20070120_001735_filtered_ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

とりあえず写真だけ

            20070119_150642_filtered_ss

   20070119_118_ss 20070119_119_ss 20070119_120_ss

            20070119_123_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

とりあえず写真だけ

           20070117_090_gruck_filtered_s

           20070117_093_ss

           20070117_096_kouhuku_filtered_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

DC/ACインバーター

今日は久しぶりの昼からの出勤で、久しぶりのディナーのシフトだった。

今まで朝食&ラウンジ(ランチ)ばかりだったので、久々にディナーに入るとペースがつかめず(っていうかそもそもディナーに入ったことがほとんどないので)、なんかあたふたしてるうちに終わってしまう。

そんなわけで今日はなんか必要以上に疲れてしまい、風呂にも入らずに帰ってきた途端に寝てしまった。。

-----

で、書くことがないならないでそういう日もあっていいだろう、とは思うのだが、昨日旅行グッズを紹介したので、これからはランダムで気が向いたときに旅行グッズ紹介もしていこうと思う。

ということで。

◆旅行グッズ No.03 DC/ACインバーター

           20061118_720_s

車のシガープラグ用のインバータ。

シガープラグに差し込むことで、車のバッテリーの電源(DC12V)を普通の家庭用コンセントの電源(AC100V)に変換してくれる。

これは、定格出力280W用(定格出力というのは、その電化製品の使用時もしくは充電時に平均的に消費する電力のこと)で、カーショップや通販などで大体5000円弱で購入できる↓。


Cellstar セルスター HG-350/12V DC/ACインバーター
\4,620
(Car Parts Shop MM)

現在は、寮に住んでるのでこれを活用する機会はまずないが、車中泊を基本とした移動時には大活躍する。

というか、これがないと、ノートパソコンとデジカメのバッテリーの充電が行えない。

仕様としては定格出力280Wと言ってはいるけど、ノートPCとデジカメのバッテリを同時に充電しようとしたりすると、280Wを超えていなくても、インバータ自体の電源が落ちてしまったりする。

また、エンジンをかけていないときに使用しようとしても使えなかったりする。

バッテリーに負荷がかかり過ぎて、バッテリーの電圧自体が低下すると、勝手に電源が落ちて動作しなくなるようになっているのだ。

でも5000円そこそこでこれだけ使えればまぁいいかなという感じ。

基本的には、移動中は常に何かを充電していて(特にノートPC)、その日の夜に充電したノートPCの内部電源でブログ更新などをしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

カセットコンロと鍋

休日である。

-----

今日は、旅行グッズをふたつ紹介。

◆旅行グッズ No.01,02 カセットコンロと鍋

            20061230_893_ss

旅行中、車中泊したときに寝起きにコーヒーが飲みたいなー、と思って持参したんだけど、車中泊でこれを使用したことは一度もない。

車中泊するときは、大抵すぐそばに自販機があるようなところで寝泊りするから、コーヒーが飲みたい、と思ったときは自販機まで行った方がいちいちコンロ出してお湯を沸かして作るより早いからだ。

だが、思いもよらないところでこいつが役立った。

それが今である。
今日は特に出掛けることなく、ブログを更新したり、本を読んだり、ぼーっとしたりして、寮でのんびりと過ごしたのだが、バイト中に限らず家で過ごすと、コーヒーを結構たくさん飲む。

さすがに缶コーヒーだと割高なので、そういうときは、インスタントコーヒーを好む。

寮には、各階に給湯室があり、電気コンロでお湯を沸かせるのだけど、前述した通り、コーヒーを飲みたいと思ったときは、何より早急さが最優先される。

結果として、部屋でガスコンロとミネラルウォーターを使ってインスタントコーヒーを作るという方法に落ち着くのである。

-----

だから何なのだろう。。
何が言いたいのかいまひとつよくわからない文章だ。

この文章を記録として残すことよりも、その記録を第三者に対して公開することよりも、この文章をなぜ書いたのかについての考察をすること自体の方が価値がありそうな気さえする。

一瞬考えたが、多分、「カセットコンロの便利さとインスタントコーヒーの魅力」を世間に紹介する目的、よりは、「俺は旅行に出掛けるにあたってこんなすごいグッズまで持ってきてる用意周到な奴なんだぜ」ってことを世に知らしめる目的、の方がいくらかは強いだろうと推察される。

あとは「旅行、カセットコンロ」などの検索ワードでブログを検索した人が、この記事を読んで何らかのヒントを少しでも得ることを願うばかりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

レストラン開放

今日はまた早くあがることができた。
11時あがり。5時間しか働いていない。

ちょうど昼時ということもあり、帰りに一緒にあがったバイトのことレストラン開放しているベイクドブレッドというパン屋にランチを食べに行った。

「レストラン開放」というのは、ここの施設内にあるレストランの中で、従業員が食券を使って利用することができる店のことである。

ベイクドブレッドのランチは通常1575円するのだが、従業員はたった400円の食券で利用することができる。
但し、いろいろ制限があり、従業員は富良野ジャムはダメとか、ソーセージはダメとか、パンは指定されているものだけでお替りもできない、とか。

それでも400円でハムやサラダはいくらでも食べれてスープも飲み放題だから、かなりお得だ。

しかもどれもおいしい!
正直、パンはそんなに好きじゃなかったから期待してなかったんだけど、めちゃくちゃおいしい!

バター類も何種類かあるんだけど、クリームっぽいのだとか、チーズ系だとか、発酵バターとか、とにかくおいしい!
いろいろパンにはさんで食べようとハムとかサラダ系をたくさん取ってきたけど、バターだけでいくらでも食べれる感じ。

というかパン自体がホントにおいしいから、いろいろはさんで食べるとパンの味が殺されてしまってもったいない。
むしろ、バターとジャムだけで食べたほうが絶対おいしい。

って何回おいしいって書いたんだろう。
でも想像をはるかに超えるパンのおいしさにびっくり。

実はレストラン開放を利用したのは今回が初めてなんだけど(いつも従業員食堂を利用してたから)、ここ以外にも中華の店とか普通の洋食が食べれるところとかレストラン開放してるとこはたくさんあるから、これは利用しない手はないな。
と、今頃わかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

理想的な仕事の条件

昨晩は飲みに行って、寝るのが遅かったため睡眠時間は3時間くらいで、かなり朝がつらかった。

先週末の連休(私の連休じゃなくてカレンダー上の連休)後に、宿泊客も一気に減り(多分3分の1くらい)、年末年始のピークの忙しさはどこへやら、昨日今日とレストランの営業もかなり暇~な感じになってしまった。

ということで、今日はなんと13時あがり!
うれしいんだけど、これじゃお金稼げないなー。。でもうれしい(^^)。

------------------------------

仕事について思うことを少し。

新しいバイトをやったり、新しい仕事を始めたときによく感じることだが(仕事に限らずどんなことにも共通するかも)、ある程度一通りの仕事を覚えた頃に陥りやすい、好ましくない状態というものがあるように思う。。
というか、昔読んだ本にそういうことが書いてあったような気がしないでもない。

仕事を始めた頃は、わからないことだらけなので、自分で調べたり、知ってる人に聞いたり、いろいろ試行錯誤したりする。

その仕事をすすめる上で、一番要領のいい方法はどうすればいいのか、もっといいやり方はないか、マニュアルにはないけどこんなことしたらどうだろう、とか、とにかくいろいろ考えて仕事をする。

これは、仕事を完全に覚えた後ではなく、むしろ、覚えている途中の段階の方が顕著だ。と思う(一般的にそうかわからないけど)。

ところが、ひとたび一通りの仕事を覚えてしまって、しかも毎日同じような仕事(作業)の繰り返しのようなルーチンワークになってくると、始めの頃に考えていたような、いわゆる創造的な思考は急激に低下する。と思う。

決まった作業をし、決まった言葉を発するようになる。
文字通りルーチンワーク。

そうなると、思考も必要がなくなる。
体がやることを覚えてきてしまっているので、あまり何も考えずに動くようになる。
それは、機械的ではあるが、確かに、始めの頃に比べれば、ある種効率的で要領も良くなってはいるだろう。

だが、創造的ではない。ここがポイントだ。
新しいこと、新しい方法、もっと効率的で、もっと要領のよい、かつ、レストランなどの接客業に限定するなら、もっとお客さんのことを考えたより良いサービス、というものが生まれにくくなる。

さらに言うならば、同じ作業の繰り返しなので、最初の頃の慎重さや正確さや丁寧さというものさえも、知らないうちに失われていたりする。
作業が大雑把になってくるのだ。

そういうことをいつも実感する時期がある。
だからいつもこの時期は意識的にルーチンワークにならないように心がけるようにしている。

少なくとも、よっぽど意識しない限り、私の場合は上述した状態に陥りやすいと、これまでの経験上知っている。

どんな種類の仕事であれ、やはり、創造的かつ丁寧な仕事、というのが理想的な仕事の条件の一つだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

北の国からハニカミまで

連休2日目。

昨晩出会った二人のおじさんと朝食を共にして別れを告げ、今日は「北の国から」ゆかりの地を巡りながらトマムに帰ることに。

-----

車に乗ろうとして、ふと窓に少し積もった雪を見ると、、

            20070110_989_ss

雪の結晶だ。
あまりマクロ撮影が得意なカメラではないのでわかりづらいけど、雪の結晶がはっきりと見れた。
雪の結晶の一つ一つが降ってきているみたいだ。

-----

まず最初に向かったのは、メガネ屋。。

なぜメガネ屋かというと、実は一昨日部屋で普段かけているメガネを踏んづけてしまってフレームの横が曲がってしまっていたのだ。

富良野でメガネ屋を見つけて修理してもらうこと1時間。
その間は、ホームセンターでいろいろ物色して時間をつぶす。
ホームセンターにいると何でも欲しくなってしまうけど、とりあえず旅行中の今は必要ないものばかりなので買い物はなし。

メガネが直ったところで、おなかもすいてきたので、昼ごはん。
とりあえず「北の国から」に登場する(?)のかどうかわからないけど、少なくとも純の台詞の中では登場する「三日月食堂」を探す。

あったあった。

           20070110_994_ss

富良野駅から歩いて5分かそこらの場所にありました。
あったあった。

           20070110_995_ss

あった。あっ・・・?!
・・・(・_・)。休み。。

ということで。

■三日月食堂
 住所 北海道富良野市朝日町6-1
 電話 0167-22-2139
 営業時間 11:00~16:30(日曜は11:00~19:30)
 定休日 無休
 駐車場 あり
 お勧め ?

評価はわからず。また次回にってことで。。
気を取り直して、ガイドブックに載ってたカレーの有名店「唯我独尊」に行くことに。

■唯我独尊
 住所 北海道富良野市日の出町11-8
 電話 0167-23-4784
 営業時間 11時?21時(LO)
 定休日 月(定休日が祝日の場合は翌日休、7月?8月無休)
 駐車場 10台
 お勧め ★★★★☆

 
           20070110_011_ss

ちょっと道の奥にたたずんでいる木でできた小屋のような建物。
店内も山小屋風の木でできた雰囲気のある作り。

           20070110_998_filtered_ss

ガイドにも載っていた、名物の「自家製ソーセージ付カレー」を食べた。しかも大盛りで。

            20070110_004_ss

写真ではわかりにくいけど、これホントに大盛り(>_<)。
量的には、普通盛りでもきっと十分だったな(・_・;。

でもおいしい(^^)ソーセージもおいしいし、付け合せの揚げたジャガイモもおいしい!
辛さも辛すぎずちょうどよい感じ。
普段食べてるカレーと違ってちょっと苦味みたいなのもあった。コーヒーでも入れてんのかな?

さて。お腹もいっぱいになったし。富良野駅近くだし。とりあえず、富良野駅へ。

■JR富良野駅
 住所 北海道富良野市日の出町1-30
 電話 0167-22-0909
 期間 通年
 駐車場 なし
 お勧め ★★☆☆☆

 
           20070110_019_ss

ここ、ここ。
まぁなんてことない普通の駅なんだけど、北の国からでは何度も登場する駅ですね。

それから、駅近くで他に発見したのが、

■つるや金物店
 住所 北海道富良野市日の出町4-18
 電話 0167-22-3564
 営業時間 ?
 駐車場 なし
 お勧め ★★★☆☆

          20070110_012_ss

「'95秘密」で、シュウ(宮沢りえ)が働いていたお店。
純はここで働いているシュウを見て一目惚れするわけですな。

まぁ写真見ればわかるんですが、窓ガラスの反射が映りこんでます。
つまり、店に入るどころか、車すら降りずに写真だけ撮る、という撮影者のやる気のなさが伺えます。。

次は、富良野市街を離れて、一路、山部(やまのべ)にある産業廃棄物処理施設を目指します。

知ってる人ならば、山部(やまのべ)という言葉でピンときたと思います。

■山部山麓デパート(産業廃棄物処理施設)
 住所 北海道富良野市山部???
 電話 ?
 駐車場 なし
 お勧め ★★☆☆☆

           20070110_020_ss

もちろん、山部山麓デパートというのは、番組の中で出てくる呼称です(これも「'95秘密」)。
ここは、ホントに街から離れたさみしい場所に突如現れます。案内表示とかもないです。
インターネットの情報を頼りに見つけ出しました。
入り口に関係者以外立ち入り禁止の張り紙がありますが、ふーん、そうなんだー、と横目で見ながら中に入ってみました。すると、

           20070110_023_filtered_ss

多分ここだ。多分。。
この山みたいに積もったところに、電化製品などが埋もれていて、純やシュウはそこから使える家電や家具を持ってきたのだ。そうだ。ここだ。ここに違いない。多分ここだ。

と、なんか観光地とは言えないマイナーなところばかり回ってますが、次はいよいよ「麓郷の森」へ。

「麓郷の森」は、もう何度も(少なくとも3回以上)訪れたことがあるんだけど、北の国からを見てから訪れるのは初めて。わくわく。

■麓郷の森
 住所 北海道富良野市東麓郷1-1
 電話 0167-29-2323
 営業時間 5月~10月は9:00~19:00、11月~4月は9:00~17:00
 定休日 5月~10月は無休、11月~4月は不定休
 料金 無料
 駐車場 150台
 お勧め ★★★★☆

駐車場は相変わらず私の車だけ。ま、いっか。気にしない。

まずは、これ!

           20070110_027_ss

えーと、これ、何だっけ。見たことあるようなないような。。
家の中は、、

               20070110_033_ss

この家の説明を見てみると「この建物は、'87初恋、'89帰郷で使われたものです」。

ほー、'87初恋、'89帰郷。。。
って!どっちも見たことないよ(>_<)!
私が見たことあるのは、実は「'92巣立ち」と「'95秘密」だけですから!

まぁ、ここには確か他にもまだなんかあったはず。。
あったあった。

           20070110_042_ss

そうそう。これこれ。この丸太小屋ね。そうそうそう。
えーと「この建物は、連続ドラマ北の国からで五郎がこつこつと作り上げ、最終回で作り上げた丸太小屋です」。
って。
だから見たことないし!

そして、説明はまだ続き「この丸太小屋は、'84夏、で炎上するシーンがあります」。
って。
やっぱ見たことないし!

次いこー次。
麓郷の森のすぐ近くに確か五郎の石の家があったはず!
そこも何回も行ったことあるからね。覚えてますよ。

五郎の石の家と言えば、「'92巣立ち」~「'95秘密」の中で一番のキーだからね。これはちょっと見るの楽しみだねー。

えーと、確かこの道を曲がっ・・・

           20070110_043_ss

って。。。閉鎖。。。
だよねー。冬だもん。閉鎖するよねー。
基本的に冬は閉鎖だよねー。

よし。帰ろう。
北の国からゆかりの地は、なんか十分満喫した気がしてきたから帰ろう。
帰る途中に確かもうひとつ。なんかあったな。なんか。

■拾って来た家 -やがて町
 住所 北海道富良野市麓郷市街地
 電話 0167-23-3388(ふらの観光協会)
 営業時間 9~18時(冬期は~17時)
 定休日 無休
 料金 200円
 駐車場 あり
 お勧め ?

 
           20070110_045_ss

カシャ。
もう、車から降りないどころか、車を停めすらしない。
運転しながら横目での撮影。
ここは、北の国からの最終章「2002遺言」で出てくる家だからね。
やっぱちゃんと訪れるのは、ドラマ見てからじゃないとね。

ってかこういう無駄な写真いちいちアップしてるから時間かかっちゃうんだよね。。

ってことで、以上。
「北の国から」十分満喫ツアーでした。。

------------------------------

で。
これで終わるのかと思いきや、今日はトマムに戻ってきてからちょこっと夜景をとりにスキー場近辺を散策。

まずは現在の職場「ガレリアスイートホテル」。

               20070110_050_filtered_s

ここの31F,32Fに、現在働いているレストランがある。

次は、先日行こうとして、体調悪かったから行けなかった「アイスビレッジ」へ。

           20070110_054_filtered_s

これはアイスビレッジ近くにあるスケートリンク。
遠くの明かりがナイターのスキーコース。

           20070110_057_filtered_ss

↑アイスビレッジ入り口。
ここはすべての建物が雪と氷でできている。

           20070110_067_filtered_ss

↑これは氷のすべり台。
以前記事にも書いた「はにかみ」で出てきたのはこのすべり台だ。と思われる。毎年作り直してるからデザインは放送時とは変わってるだろうけど。

次は氷でできたバー。

           20070110_070_filtered_ss

カウンターも机もイスもすべて氷。グラスも氷。
とりあえず、客が一人もいない。
私はお酒も飲めないし、一人だし。
ってことで写真だけ撮らせてもらって退場。。

次は、氷の教会。

           20070110_084_filtered_s

ここで擬似挙式というのを、たまにやってるらしい(よく知らない)。

他にも氷の迷路とか氷のホテル(ベッドが氷でできてる)とか自分で氷のグラスを作れるところとかがあった。
とにかく氷づくし。はにかんでる場合じゃないです。凍えそうでした。。

以上、アイスビレッジ。でした。

(写真多いなー今回。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

二人の邪魔者

休み!久しぶり(12月26日以来)の休み!しかも連休ー!

っつわけで、今日は外出!

久しぶりに2日間の自由時間を、ずーっと一人でのんびりと過ごす予定でいたんだけど、結果的には思わぬ邪魔者が入ることになる。
けど、とても魅力的な邪魔者に出会うことができた。

-----

のんびりと昼過ぎくらいに寮を出て、富良野へ向かう。
向かう先は、、、

■吹上温泉保養センター白銀荘(2度目)
 住所 北海道空知郡上富良野町吹上温泉
 電話 0167-45-4126
 営業時間 10時~21時(入館は20時まで)
 料金 日帰り入浴 大人600円、中人400円、小人200円
    素泊まり 2750円(税込み)
 駐車場 100台
 お勧め ★★★★★

           20070110_984_hakugin_filtered_s
 
ってことで、2度目の吹上温泉(1度目の記事「頭寒足熱」はコチラ)。

前回は日帰り入浴しただけだった。
でも素泊まりが安いからいずれ泊まりに来たいなー、と思っていたんだけどそれが早くも実現。

安く泊まれると言っても、ここは個室ではなく(大人数ならば大部屋もあるけど)、基本的には寝台のような2段ベッドに寝ることになる。こんな感じ↓↓↓。

               20070109_976_s

ここには炊事場もあり、ガスコンロ(20分50円)、冷蔵庫、電子レンジなどは自由に利用でき、各種食器類も勝手に使って勝手に洗って勝手にしまうというふうになっている。

食材を持ち込めば何でも好きなものを自分で作って食べることができる。

だから、山スキーをやりにきたり、温泉目的で、長期(と言っても数日だけど)で滞在する人も多いみたいだ。

ちなみに売店では、カップ麺やレンジで温めるタイプの各種弁当が数種類売っている。

私が案内されたのは、一番奥の下側のベッドなんだけど、その向かい側のベッドには、60代くらいのおじさんが何やら横笛(フルートみたいなおしゃれなもんじゃなくてなんか竹でできた手作りみたいなやつ)を吹いていた。
明らかにそのへんにいるおじさんではない雰囲気。。

でも、とても気さくなおじさんで、私が来るなりすぐに話しかけてきて、お互いの宿泊目的やら出身やら経歴やらの簡単な自己紹介をした後に、おじさんの地元の栃木の話や、ここへ来る前に滞在していた新潟の巻町という場所の話をとめどなくしゃべり始めた。

どうやら、要約すると、全国をいろいろと旅するのが好きで、今は山スキーをやりにここに数日滞在してるとのことだった(要約し過ぎ)。

※山スキー【やますきー】
スキー場などを滑る一般的なスキーとは違い、コースなど何もない自然の山の中を滑るというワイルドなスキー。
本格的に吹雪いたりしたら、遭難しかねないのではないか、という心配などものともせず、山登りとスキーそれぞれを同時に楽しむことができるとのことで、私の理解の範囲外の遊びのひとつである。

その後、私は温泉へ。

今日は雪もたくさん降っており、気温も前回よりも低く、頭寒足熱の言葉通り、髪を濡らした状態で露天に入ると、瞬間でバリバリに髪が凍りつく。

露天に入ると、70近いであろう一人のおじさんが、ラジカセ持参で戦後日本を思わせる(生まれてないから想像だけど)歌を聞いているという、明らかにおかしなシチュエーション。。

でも、とても気さくなおじさんで、私が来るなりすぐに話しかけてきて、お互いの宿泊目的やら出身やら経歴やらの簡単な自己紹介をした後に、おじさんの地元の旭川の話や、昨日から同室になって知り合ったという人の話をしゃべり始めた。(あれ、こんな文章さっきも見たぞ。。)

どうやら、要約すると、温泉が好きで、今回は仕事休みでここに一人で泊まりに来てるのだが、いろいろと温泉地に行った中でここが一番気に入っているとのこと(要約し過ぎ)。

そのおじさん(旭川)の話では同室で知り合った人がとてもおもしろい人で、昨日会ったばかりなのに意気投合していろいろ話をしたとのこと。
その人は栃木出身で、ここに来る前は新潟にいて。。。あ。。さっきの人だ。。

ということで、自然と(半ば強引に)私もなぜかその二人の輪に入ることとなり、夕食を共にし、おじさん(栃木)手作りのうどんなどご馳走になりながら、お酒(芋焼酎)をちょびっとだけいただきながら、消灯時間の10時までいろいろな話で盛り上がった(主に私以外の二人が)。

おじさん(栃木)は、数年前に離婚して仕事も退職して、前述したように全国を旅して回っているらしく、北海道から四国まで歩いたこともあるというツワモノだ。

本を大量に読みあさったようで、知識がやたらと豊富で、それに全国行脚した中で得た雑学も加わり、話のネタに底が知れず、結構な年齢なのに山スキーをやるし、横笛を吹けるという風流人でもあり、他にもそのとき聞いた話だけでも書ききれないくらいの多趣味の持ち主だ。

一方、もう一人のおじさん(新潟)は、早稲田大学文学部出身で、日本文学のみならずフランス文学、ロシア文学などに深く精通しており、話の端々で文学者や文学作品名が飛び交い、時には作品内の言葉を引用するなどして、高尚な話題で驚かされるだけでなく、反面ジョークが好きで(特にフランスのジョークが好きらしい)、ユーモアあふれる話題も豊富だ。

現在は、地元旭川で塾を経営していて自分も「じっちゃん先生」として中学生に勉強を教えているとのこと。
車が好きなので、定年を迎えたら、自分の車を改造して全国を回りたい(私のように車中泊などしながら)らしい。
年齢などまったく気にせず、周りに何を言われようと(周りにはいい年して車の改造とか車中泊とかやめろと言われている)、いくつになっても自分の好きなことをやろうとしている姿勢がいいな、と思った。

二人のおじさんは対照的な印象は受けたのだが、お互いの話題は空回ることなどなく、私が入っていく隙もなく、かつ、どの話も内容が濃く、とても興味深いものばかりだった。

とてもかなわないというか、上には上がいるというか、世の中変わった人がいるというか、とにかく、とても魅力的で、普通に生活していたら出会うことや話すことはまずないであろう二人のおじさんに会うことができた。

変なおじさんに出会ったなぁ、と言ったらそれまでであり、それも実は真実なんだけど、普段の生活で出会うことができない人に出会えて、普段聞くことができない話を聞けて、普段感じることがない刺激を受けることができる、というこういう経験もまた旅の楽しみのひとつだ、と改めて実感した旅行(の中の小旅行)だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

導かれる思考

祝!連勤最終日。

明日は休みだ(^^)がんばるぞう。

------------------------------

今朝は夜中(時間はわからないけど)に、オイルヒーターが動き出す音で、一度目を覚ました。電気が復活したようだ。

今日はバスで出勤。
車はもう動ける状態になっているけど、肝心のホテルの駐車場が除雪されてなくて侵入できない状態になっているので。。

いつも通りバイキング準備から。
実は今日でバイキングは終了。
そして、ランチは実は昨日で終了だった。
最後のランチがあんな営業で終わってしまいちょっと悲しい。。

朝食も無事終わり、いつもは残った料理は次の日に使用するんだけど、今日でバイキング終わりだから、残った食べ物を全て捨てる。つまみ食う。捨てる。つまみ食う。捨てる。捨てる。捨てる。

片付けも終わり、ラウンジ営業の準備も完了。
そろそろ休憩かなーと思っていたら、今日はもうあがっていいよ、とのこと!

これまでは、たまにそういう日があっても、お金を少しでも稼ぎたいから断ってたんだけど、今日はあがることに。だって明日明後日は連休だから(^^)!

ということで、長かった13連勤も終了!

-----

あがって、バスで帰って、寮の駐車場を歩いていると、せっせと車の周りの雪かきをしている人を発見。
どっかで見たことある車。どっかで見たことある後姿。
同じ職場の社員の人(Nさん)だ。

Nさんは、私と同じ山梨県出身だ。

出身が同じということで、親近感を持ってくれているようで、親しくしてもらっている。
朝のバイキングもこれまでコンビでやることが多く、私が職場で一番仲良くしている人だと思う。

Nさんは今日は休みで、これから街まで寿司を食べに行くところだそう。雪かきを手伝い、昨日の私の車のようになんとか脱出させる。

すると。雪かきを手伝ってくれたお礼に寿司を奢ってくれると言う!
らっきー。

ということで、Nさんの車にそのまま乗り込み、出発。

帯広に行く途中の回転寿司屋。

■羽衣亭
 住所 北海道河西郡芽室町東8条9丁目1-4
 電話 0155-61-4555
 営業時間 11:00~22:00
 定休日 無休
 駐車場 40台
 お勧め ★★★★☆

デジカメは持っていなかったので写真はなし。

いつも通り、サーモン、穴子を筆頭に好きなものを7皿くらいかな。
炙りサーモンが最高においしかった。
今まで食べたことのある炙りサーモンの中で一番おいしかったかも。
茶碗蒸しも◎。

そのまま帯広へ向かう。

帯広駅の地下駐車場に車を停めて、駅前を少し探索するが、寒過ぎなので帰ることに。一体何をしに来たんだろ(^^;。

でも、行き帰りで、いろいろと仕事の話やらプライベートな話やらができたので、私的にはとても有意義なドライブだったと思っている。

人と話すということはとても重要なことだ(改めて言うことではないが)。

何にとって重要なのかというと、もちろん、自分になかったいろんな見識を得たり、自分とは違った考え方に触れてインスピレーションを得る、みたいな意味で重要なのは言うまでもないが、それだけでなく、自分の考えを知る、という目的に対しても、人と話すことは重要な手段のひとつとなり得る。と思う。

人と話していて、自分の考えを口にしている中で、たまに、自分の言ったことに対して「え?俺ってこんなこと考えてたんだ」と気付かされることがある。

話し相手との議論(ただの雑談レベルでも)の中で、自問自答ではたどり着くことがなかった地点にまで、思考が導かれるということがあるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

Shut Off

長くつらかった一日。

今日は割と珍しい経験をしたので、一日の出来事をなるべく端折らずにそのまま記載することにする。

------------------------------

起きたのは午前5時くらい。

電気がつけっ放しだ。
外が明らかに吹雪いている音が聞こえる。
このせいで、昨晩は何度か目を覚ましたのを覚えている。

昨晩は6時くらいには、風呂にも入らずに寝てしまったが、今日はいつもより遅い7時出勤だから、これからシャワーを浴びる余裕は十分にある。

しばらく布団の中でうとうととしている。

すると。。。

バチン。
という音と共に部屋の電気が消えて真っ暗になる。

続けて「スー」というオイルヒーター特有の音が聞こえなくなる。

停電だ。

しばらく布団の中でじっとしているが復帰する様子はない。

とりあえず、部屋の外に出てみると真っ暗なので、電気ランタンを持ってトイレに行く。
まさかこんなところで車中泊用グッズのランタンが役に立つとは。

           20070107_961_filtered_ss

このランタンは、上の写真で見るイメージよりもずっと明るい。

トイレに行くが水の流れが悪い。
水道も変な音を立てて、あまり水が出ない。
(このときは知らなかったが、結局この後、水は完全に出なくなる。)

部屋で一時間くらい過ごすが、電気は復帰せず。
風呂も諦めて出勤の準備をして部屋を出る。
この頃には外もかなり明るくなってきていたのでランタンは不要。

玄関に人が何人か溜まっていて、妙だな、とは思ったけど気にせず外に出ようとして足が止まる。

           20070107_917_s

吹雪いている。
まぁそれは北海道なんだからよくあることとして。。

           20070107_920_s

何だコレ?
車が半分以上埋まっている。
昨晩は、キレイに除雪されていて、駐車場には積もっている雪なんてほとんどなかったのに1メートル近くの雪が積もっている。

とりあえず意を決して外に出てみる。
すごい風。と雪。
予想以上に風が強く、時おりたくさんの雪が一気に吹雪いてきて視界も相当悪い。

とてもじゃないが車での出勤は不可能だ。
とりあえず寮の玄関まで非難。
送迎のバス停までたどり着くのも困難なのではないだろうか。
というか。バスだって走れる状況ではないのでは。。

そこへ同じレストランで働いている社員の人が二人きたので、合流してなんとか一緒にバス停まで歩いて行く。
これまで札幌に合計6年近く住んでいたことがあるが、こんなにひどい雪の状況の中を歩いたのは初めてだと思う。

バス停には100人近い人が溜まっていた。
雪よけのための車庫みたいなのがあるのだが、そこには入りきらずに人があふれていた。

しばらく待っていたけど、バスは来ない。予定時刻をかなり過ぎていたけど、遠くの道をたまに走っていくのは除雪車だけだ。

そのうち、何人かが「歩いていこう」と意味不明なことを言い出し、数人の集団でホテルに向かって歩き出していく。

こいつら正気か?寒さでおかしくなってしまったのだろうか。
死に急いでいるようにしか見えない。
勇気と無謀の意味を履き違えたその集団は、あっと言う間に、吹雪の中に姿を消していってしまった。。

この猛吹雪の中、バスもまず来れないだろうということで、いったん部屋に戻ることに。
私たちが働いてるガレリアスイートホテルは一番遠い山の上の方にあるので、歩いて行くという選択肢はまずありえない。
レストランの方の準備が心配だが、無理なものは無理だ。

数十分、部屋で過ごしていると、外の吹雪はかなり弱まってきている(と言っても吹雪には変わりないけど。。)ので、再度外に出て、車まで行ってみることに。使うことはないと思っていたんだけどコートを持ってきていたので、それを取りにいくためである。

実はこのときに撮った写真が上の2枚である。
だから、一回目に外に出たときは上の写真よりももっとずっと視界は悪かった。

ある程度雪が固まっている場所があり、少し足が埋まりながらもなんとか自分の車のところまでくる。

           20070107_938_ss

思ったより埋まってないぞ。

ってゆーか、こんな変な積もり方は今まで見たことがない。
車の上が露出しているのに車の前や横のガラスに雪が積もっている。
隣の車との間はほとんど雪がない。

風が強すぎて上には積もらずに、吹き溜まりのように、横から車に当たって積もっていっているのだろう。

腰近くまで埋まりながら車にたどり着き、なんとか雪をどけて車内に。
コートを探していると、さっきの社員さんから電話があり、雪がかなり弱まったからもう一度バス停に行ってみようとのこと。

コートを着てバス停まで行くと、ちょうどバスがやってきた。
時間は、すでに出勤時刻を1時間以上過ぎている。

バスは走り出したが、途中までしか行けないとのこと。
前述した通り、私が働いているホテルは、山を上まで上った一番遠い場所にあり、そこまではバスが上って行けない、だから、途中からは歩いて行ってくれ、というのだ。

ということで、途中で降ろされ、三人で雪道を1~2kmくらい歩いて上っていった。幸いなことに風はほとんどなくなっていたが。。

ホテルに着いたのは9時過ぎ。

朝食は7時からオープンしてるはずで、私たち3人は7時出勤だから、明らかに人が足りていないと思われるので、店の状態が心配でもあり、これからそこに行かなければならないことを思うとちょっと怖くもあった。

そもそも、ホテル自体も停電で機能していないかどうかも心配だったが、着いて見ると、客室にも最上階のレストランも電気が灯っていた。

着替えてすぐに店に上がると、店はオープンしていたが、明らかに様子が異なっていた。見たことがない従業員が数人右往左往している。
バイキングに出てるメニューもなんか微妙に違ってたり。

事情を聞くと、もうひとつのタワーの最上階にあるレストランを今日は閉鎖して、こちらだけオープンしてるとのこと。
そして、そのもうひとつのレストランで働いている人が助っ人で来てくれているらしい。

ということでなんとか回ってはいるものの、今まで二つのレストランに分散していたお客さんがすべてこちらに来たわけで、いつもの倍近くのお客さんが押し寄せていることになる。。
途中、何度か停電で店内やキッチンの電気が消えてしまったり、エレベーターが止まってしまったり。。
キッチンもホールも、慣れない従業員との連携がうまくとれず。。
で、てんやわんやな状態が続いた。

朝食の時間(~10:00)だけでは、すべてのお客さんを回しきれなかったが、そのままランチの時間(~14:00)まで朝食バイキングをやり続けるという異例の営業でなんとかしのいだ。。

不満を言うお客さんも当然いたけれど、そんなに大きなクレームはなかったようだ(そう見えただけかもしれないけど)。ランチでバイキングが食べれることに喜んでいるお客さんもいた。

朝から雪の山道を登ってきた上に、異例のバイキング延長により5時間近く走りっぱなしで疲労が限界近くなっていたが、バイキングの片付けを速攻で済ませて、その後はラウンジ営業。。

今日唯一の幸運は、片付けて余ったバイキング料理を、昼ごはんとして自由に食べさせてくれたことだ。

正直、疲れすぎて食欲もあまりなかったけど、貧乏人パワー全開であらゆる料理を皿に盛り付けた。
15:00くらいから、30分くらい休憩をもらってそれを食べた。

たまに、料理をつまみ食いすることはあるけど、そのときはどの料理も本当においしくて、こんなおいしい料理を好きなだけ食べれる客がうらやましかった。
でも、こうやって改めてちゃんとお皿に盛り付けて食べてみると意外とそんなにおいしくなかった。

不思議だ。つまみ食いだからこそおいしかったということか。。まぁよくある話だ。

-----

その後、裏の片付けやラウンジを少し見て、帰りは大体いつも通りの時間に帰ることができた。

私は今朝風呂に入り損ねたので、寮に戻って電気と水が復旧してることを切に願っていたのだが、願いもむなしく寮の建物はすべて闇の中に没していた。。信号機すら機能していなかった。

とぼとぼと寮の入り口に向かいつつ自分の車を見る。

           20070107_954_filtered_ss

朝よりひどくなっている。。あたりまえだけど。。

部屋に戻ると、一日ヒーターが切れていた割には、気温は意外と暖かかった。この建物自体の保温性がかなり高いようだ。

携帯を見ると圏外。
もともと電波状況はあまり良くなかったけど、この吹雪で(もしくは停電のせいで)完全に電波が死んでしまった。

非常用に買い置きしておいた水は大量にあるけど、部屋の電気はつかず、食べるものもカロリーメイトくらいしかない。

いつも夕食を食べている寮の近くの従業員食堂も、停電のため営業していない。

とりあえず。
風呂だ。風呂に入りたい。シャワーを浴びたい。

昨晩入らずに寝てしまい、今朝も停電で入れなかったし、今日はいつも以上に汗をかいたので、何が何でも絶対に入りたい。

が、寮の建物全ての電気系統が死んでいて、水も出ないくらいだから、当然風呂どころではない。

導き出される結論は、、、停電になっていない街まで下りて、銭湯か温泉を探すしかない。

そこで重装備をして、さっき埋まりに埋まって絶望的に思えたシビックまで行ってみる。
絶望的な状況はもちろん変わっていない。

周囲はかなりの人が自分の車を何とか脱出させようと、みんな必死で雪かきをしていた。
私の車の周りは大量に雪が積もっているが、駐車場自体には少し除雪車が入ったようでかなり雪はなくなっている。

シャベル・スコップ類がなくて、どうしたもんかと、ただ呆然と自分の車を見ていると、見知らぬ人が雪かきを手伝ってくれると言ってきた。
こんだけすべての車が埋まっている中、私などに救いの手を差し伸べてくれるなんて、どんだけ親切な人なのかと思ったら、私の車の後ろに車を停めている人だった。

その人の車の反対側は除雪されていなくて、そちらから出るのは完全に無理っぽいから、私の車が出ればそれに続いて出てこれるということらしい。

ということで、どっから持ってきたのか雪かき用スコップを大量に保持している彼に手伝ってもらい30分くらいの作業にて何とか脱出!

風呂道具を取りにいって早速最寄の街、新得町へ。

新得町へ向かう道は結構除雪されていて、意外と問題なく下りて行くことができた。
カーナビで温泉を探して、町営浴場を発見。

■新得町営浴場
 住所 北海道上川郡新得町本通南1-2
 電話 0156-64-4156
 営業時間 14:00~22:00
 料金 370円
 駐車場 10台
 お勧め ★☆☆☆☆

正直オススメはできない。

ありえないくらい無愛想な受付。
最近リフォームしたのか、やたらとペンキがきれいに塗られているが、それよりまずペンキの臭いが鼻につく。
浴室も浴槽も狭く、一応温泉らしいが、近くの有名なトムラウシ温泉からお湯を運んできて使っているらしい。そんなむちゃくちゃな。。

でも、二日ぶりの風呂で汗を流せたので十分満足。
風呂上りに休憩しながらアップした記事が1月5日分の「ちょっとそこまで」である。
寮の電波がまだ死んでる可能性があるから、ここで少しでも更新しとかなきゃと思って。

これで帰ったら電気が復旧していることを願ったけど、残念ながら相変わらず寮は明かりを失ったままだった。水も出ないし電波も圏外。

ちゃんと除雪されている場所に車を停めて、寮に戻った。

------------------------------

あとで聞いたことだが、10年以上ここで働いている社員さんの話では、ここまで雪がひどくて、交通網が遮断されて、停電まで起こったことは、これまででも例がなかったらしい。。

後日に入手したこの次の日(8日)の朝刊の記事である↓。

      20070109_980_filtered_ss      20070109_981_filtered_ss

トマムに限らず全道的に荒れたようである。天気図↓。

            20070109_979_ss

いやいやいや低気圧発達し過ぎですから。。

-----

今日は夜更かしする気にもならずすぐに寝た。
明日には電気と水と電波が元に戻ることを祈って。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

吹雪前夜

今日で11連勤目。

-----

仕事中は、頭も体も朝からずっと走り続けている感じ。

常に手足を動かし、頭を回転させて、目で察して、声を出す。

体の各機関をフル稼動して全身を使う仕事。

体全体で呼吸をしているイメージ。

とても疲れる。が、とても心地よい疲れ。

-----

今日は、仕事帰りにちょっと寄り道。

           20070106_904_filtered_s

アイスビレッジという、氷でできたカマクラとかすべり台とかがあるところがある。
昔「ハニカミ」で、田中圭と大塚ちひろ(?)の回のときに出てきた場所。
この写真はそのアイスビレッジ、ではなく、その近くにあるスケートリンク付近を撮ったもの。

説明がすっごい曖昧だけど、それもそのはず、このとき何を撮ろうとしたのかもよく覚えてない。すっごい適当に撮った一枚。

今日は、疲れが溜まってきてたし体調があまり良くなかったので(だったら早く帰ればいいのに)、これだけ撮ってさっさと帰ったのである。

帰ってきてベッドに横になると、知らないうちに寝ていた。
このバイトを始めてからこんなことがよくある。

10時くらいに一度目を覚ましたけど、とても起き上がる気になれず、電気もつけたまま、そのまま布団をかけて就寝。

夜中は雪が結構吹雪いているようで、雪が窓に当たる音や、風が通気孔を通る音などが激しく、何度か目を覚ましたが、結局朝まで寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

ちょっとそこまで

現在。1月7日(日)。P.M.10:00。

わけあって、新得町というトマムから車で小一時間くらい山を下りたところにある町の、町営浴場の駐車場にて、記事の原稿を打っている。

その理由は、おそらく明日か明後日にアップする(だろう)当日分の記事を読めば判明する(ことになっている)。

-----

さて、1月5日(金)だが、この日は久しぶりに少し上がることができた。

いつもは、年末年始でディナーの予約がたくさん入っていて、その準備をしてから帰ってたので、遅くなっていたのだが、今日からディナーの予約がグッっと減ったのだ。

そこで、ガソリンがかなりやばい状態でもう明日にでも出勤できなくなるのではないかという不安と、近くのガソリンスタンドもそろそろ営業してるだろうという予想と、そろそろ車をちゃんと運転したいなぁという発作と、朝がつらくなってきたから目覚まし時計が欲しいなぁという衝動により

帯広までちょっと(往復200kmくらい)買い物に行ってきた。

その結果帰ってきたのが遅かったためにブログの更新も、余裕ですっぽかしたわけである。

さて。
帯広にあるホーマック(ホームセンター)で買い物。

なんか久しぶりに大都会に来た感じ。
何でもそろう。何でも売ってる。
欲しいものが売っている喜びを感じる。

 目覚まし時計・・・980円
 スタックから脱出するためのタイヤに踏ませるやつ・・・2000円?
 緊急時に車の近くに置いておく三角形の光るやつ・・・1000円?
 車の窓に凍り付いた氷を溶かすスプレーみたいの・・・1000円?
 ボディシャンプー・・・300円くらい
 水ペットボトル4リットル・・・400円くらい
 お茶ペットボトル2リットル・・・200円くらい
 カロリーメイト3箱・・・600円くらい

など。(他にもあった気がするけど。。レシート捨てちまった)

目覚まし以外にも車関連のグッズと消耗品をいくつか。。

帰りにせっかくなので、通り道にあったラーメン屋に寄る。
特に事前に調べたわけでなく、走ってたらあったから寄ったというノリ。

■麺匠双葉
 住所 帯広市西24条南2丁目
 電話 0155-37-1021
 営業時間 11:00~23:00
 駐車場 数台
 お勧め ★★☆☆☆

 
頼んだのは、赤みそねぎラーメン(?)だったかな。なんかおすすめのやつ。

            20070105_897_ss

うーー・・・ん。。
だめだ。おいしくはないかも。。

なんかねぎ食べてんだかラーメン食べてんだかわからない。
もやしも大量に入ってて、よくある大衆食堂的なカホリが惜しみなく前面に押し出されている感じ。

大衆食堂が嫌いなわけではないし、おなかはいっぱいにもなるけど、味わって食べる感じではない。

みそも、あぁ赤みそだ、という感じで、麺もどこかしらインスタントな感じさえする。

でも、ま、おなかいっぱいになったし。OK!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月 4日 (木)

私が「私」

今日は、明日以降のシフトができていた。

次の休みはー、と。9日かー。。。
え??なに?9日?!まじ?
正直、明日か明後日くらいには休みもらえると思っていたから目を疑った。
12月26日に休んで以来だから、、、27,28,29,・・・、で、13連勤(>_<)。
しかもほとんど6時出勤。。て。

ホントに、ピーク期をほぼフルで使おうってのね。
望むところだ。
こっちはボード目的じゃないからね。
稼げるだけ稼がせてもらいます。

------------------------------

私はバイト中、自分のことを「私(わたし)」と言う。

これは、学生のときに初めて就職活動を始めたときに、確か就職活動マニュアルみたいな本に、そう書いてあったから使い始めたのがはじまりで、会社に就職してからも、仲のいい同期としゃべるとき以外は、すべて「私」と言っていた。
(学生の頃やっていたバイトでは、「俺」とか「僕」と言っていたけど。)

そのときの癖というか、感覚が抜けていないから、自然とバイトでも「私」と言っているようだ(全く無意識だけど)。

年上の人にも年下の人にも、バイトの人にも社員の人にも、私より後からバイトに入った人にも、初めて会う人にもある程度親しくなった人にも、とにかく仕事では「私」と言っている(ようだ)。

でも、社会人であれば、それが当たり前のことだと思っていた。

のに、なぜか今のバイトで「私」と言うと笑われることがある。
「私だってー。」とか「え?今なんて言った?」とか「何?私って言った?今」とか「俺、今まで私なんて言ったことないよー」とか。。

完全に不意打ちだ。
まさかそんな指摘を受けるとわ。
「僕」と言って笑われるのならまだしも、まさか「私」で笑われるとは全く思いもしなかった。

ホールスタッフは女性が大半なので、あまり気付かなかったが、でも、確かによく聞いてみると、私以外の男の人は、バイトの人だけでなく社員の人も全て「俺」もしくは「僕」と言っている。

ふーん。そっか。。なるほど。

この業界ではそれが普通なのか、それともこのホテル(というか会社)がそういう社風なのか、それはわからないけど、とにかく「私」の中で常識だと認識していたものの一つが崩れ去っていったのは確かである。

っていうか、このブログを読んで、私が「私」と書いていることに違和感を感じている人もひょっとして結構いるのか。もしれない。特に友人が読んだ場合は。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月 3日 (水)

ブログによる弊害

もともと公開していたこの日(1月3日)の記事は非公開設定にした。

最近のブログ事情というかネット事情には疎いのだが、どうやらブログなどで記載した内容が元でトラブルが発生することもあるようだ。

自分自身を匿名にして、記載する記事自体も個人名・会社名・店舗名・商品名などが特定されないような内容にすれば、そういう類の問題はほとんど発生しないだろう。

だが、私の場合、匿名にしていて、かつ、自身の個人情報は公開していないとは言え、知人・友人にこのサイトの存在を教えている時点で、既にもう完全な匿名性はなくなっているし、何より、現在働いているホテル名やお店の名前まで公開してしまっている。

そして、この日(1月3日)に公開していた記事は、悪口の類は一切記載していなかったが、そのお店の問題点とか裏側を明かす内容(と言っても、私の個人的な考えが述べられているだけで、それが的を射ている意見かどうかなどは、もちろん不明確だが)となっていた。

それ故、そのような情報の公開により何らかの問題が発生しないとは言い切れないと判断し、元の記事自体を非公開設定にし、現在記しているような記事にすりかえることにした。

-----

もともとこのブログを開設した時点で、

ただの日記に比べるとWeb日記やブログの類は、不特定多数の人にその内容を公開することになるので、そこに記載する内容にあらゆる制限が生じてしまうという問題点をはらんでいる

ということはわかってはいたが(10月18日の記事「勝手がわからない」など)、その例が現実に問題になってしまったのが今回の場合と言える。

なるべく、日々思うことや感じることをそのままに記録に残したい

とは思っているが、ブログという形態を選択した時点でやはりそれは難しいのも事実。
だから、あるがままに記載したけど公開するには多少なりとも問題がある、もしくは、公開するには明らかに問題があるけど文章として記録には残しておきたい、と判断した記事については、

記事の記載だけして非公開設定にする

という方法をとることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

ある程度の疲労

さすがにそろそろちょっと疲れてきた。
と、少し愚痴でも書いてないとやってられない程度に疲れてきた。

前の会社に勤めていたときは、基本的にずっとデスクワークだから、忙しくて残業が多くて休みもとれないという時期があっても、毎日疲れるというよりも、気が付いたら疲れがたまっていた、という感じだった。

でも、今の仕事は完全に肉体労働(と呼んでいいと思う)だから、一日一日で疲労がたまっているのが完全に自覚できる。
最初の3日間くらいは、仕事が終わると足がガクガクだったし、腰もかなり痛くなっていた(さすがにそれはなくなった)し、帰って横になるとすぐに寝てしまっていた。

現在分かっている限りのシフトでは、バイトを始めた12月20日~明後日の1月4日までの間で休みが12月26日しかない。。(>_<)
5日以降はまだ未定だけどいつ休めるのやらだ。。

ボード目的でこのバイトをやりに来てる人たち(まぁほとんどの人がそうなんだけど)は、休みが全然ないから滑りに行くこともできない、と不満がたまっているようだ。

-----

但し、明日明後日の私の出勤時間はいつもよりも一時間遅い。一時間でも助かる。

そして、疲れた疲れた言ってるけど、他の人たちに比べると、実はまだ私はシフト的にはラクな方なのだ。

確かに、毎朝早いし、朝食→ラウンジ・ランチってほとんどお店の営業時間に勤務だから、ほぼフルタイムで店に出てる感じで休まる時間がない、ってのはあるけど、上がり時間は大体毎日夕方4時半~5時くらいで帰れる。

もっとつらいのは、「中抜け」と呼ばれるシフト勤務の人たち。

私のように朝早くから出勤して、午前中だけ朝食を勤務して、午後は4~5時間休憩(これが「中抜け」)して、17時くらいからディナーの勤務で23時上がり、みたいな。。

これだと朝早くて、夜も遅いからかなりきついと思う。
やっぱディナーって一番忙しいし難しいし。。

なので、今は文句を言わずにがんばるしかない。
・・・もう言ったけど。。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

正月だから

あけましておめでとうございます。

-----

新年最初の記事だというのに、疲れ切ってタイピングもおぼつかない。。

今日も5時前起き(-_ゞで、正月だと言うのに、、いや、正月だから、朝から相変わらずの忙しい一日。

だんだん起きる時間がギリギリになってきている。
最近は雪がそんなに降ってないからいいものの、たくさん積もるようなら、車の雪下ろしなどの時間を考慮すると遅刻してしまうだろう。

お店の方はというと、朝食はいつもは、7時開店と同時に入り口に行列ができてて、最初からいきなりピーク(>_<)!みたいな感じだったけど、今日は最初はパラパラ、と。でも中盤からはドッ、と。
きっと宿泊客も昨日はみんな夜更かししてたんだろうね~(^^;。

ランチ・ラウンジは昨日よりはマシだったかな。

-----

落ち着いたらこのブログもちゃんと更新したいけど、とりあえず4日までは仕事だから、こんな感じで、ちょっとだらだら感漂う雰囲気にはなるかな(それはいつもか?)。

もともと、このバイトは超繁忙期のみの超短期の募集だったのだから、年末年始休みがないのは当然と言えば当然だけどね(・_・;。

-----

昨日は23時くらいまでがんばって起きてたけどけど、0:00前には寝てしまった。
うっかりしてて、気付いたら年越してた、なんてことは毎年のことだったけど、初日の出も見に行かず、元旦に初詣にも行かなかったのは久しぶり。
まして、年越しの瞬間に寝てるなんて、私の記憶している過去では例がない。

でも、ま、たまにはこんな年末年始もいっか(軽~)。

ここトマムにも「トマム神社」という神社があり、職場の人で初詣に行った人もいて、結構人手は多かったみたい。みんな元気だなぁ。
9割9部スキー場関連の人たちなんだろうけど。(^^;

------------------------------

さて。
とりあえず正月乗り切るぞうp(^^)q!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »