« ブログによる弊害 | トップページ | ちょっとそこまで »

2007年1月 4日 (木)

私が「私」

今日は、明日以降のシフトができていた。

次の休みはー、と。9日かー。。。
え??なに?9日?!まじ?
正直、明日か明後日くらいには休みもらえると思っていたから目を疑った。
12月26日に休んで以来だから、、、27,28,29,・・・、で、13連勤(>_<)。
しかもほとんど6時出勤。。て。

ホントに、ピーク期をほぼフルで使おうってのね。
望むところだ。
こっちはボード目的じゃないからね。
稼げるだけ稼がせてもらいます。

------------------------------

私はバイト中、自分のことを「私(わたし)」と言う。

これは、学生のときに初めて就職活動を始めたときに、確か就職活動マニュアルみたいな本に、そう書いてあったから使い始めたのがはじまりで、会社に就職してからも、仲のいい同期としゃべるとき以外は、すべて「私」と言っていた。
(学生の頃やっていたバイトでは、「俺」とか「僕」と言っていたけど。)

そのときの癖というか、感覚が抜けていないから、自然とバイトでも「私」と言っているようだ(全く無意識だけど)。

年上の人にも年下の人にも、バイトの人にも社員の人にも、私より後からバイトに入った人にも、初めて会う人にもある程度親しくなった人にも、とにかく仕事では「私」と言っている(ようだ)。

でも、社会人であれば、それが当たり前のことだと思っていた。

のに、なぜか今のバイトで「私」と言うと笑われることがある。
「私だってー。」とか「え?今なんて言った?」とか「何?私って言った?今」とか「俺、今まで私なんて言ったことないよー」とか。。

完全に不意打ちだ。
まさかそんな指摘を受けるとわ。
「僕」と言って笑われるのならまだしも、まさか「私」で笑われるとは全く思いもしなかった。

ホールスタッフは女性が大半なので、あまり気付かなかったが、でも、確かによく聞いてみると、私以外の男の人は、バイトの人だけでなく社員の人も全て「俺」もしくは「僕」と言っている。

ふーん。そっか。。なるほど。

この業界ではそれが普通なのか、それともこのホテル(というか会社)がそういう社風なのか、それはわからないけど、とにかく「私」の中で常識だと認識していたものの一つが崩れ去っていったのは確かである。

っていうか、このブログを読んで、私が「私」と書いていることに違和感を感じている人もひょっとして結構いるのか。もしれない。特に友人が読んだ場合は。。

|

« ブログによる弊害 | トップページ | ちょっとそこまで »

コメント

ゴゴゴメン、最初見たとき笑っちった。
でも加藤くんの人柄なんだから○だと思います。なのでそのままで。
昨日実家から帰ってきたんだけど今年は北海道暖かいね。体調に気をつけてしっかり稼いでくださーい。ファィッ!
今年もよろしくー

投稿: ミカ | 2007年1月 5日 (金) 20:40

>ミカン

率直な感想どうもどうも。
やっぱ知人が見た場合、違和感あんだろーなー
と思いながら書いてます(ました)。

が、知人の幅がいろいろと広くて
そのことで書くこと制限されるのは
本末転倒なので、基本的に
自由気ままに書くスタンスで。

トマムも今年は暖かくて雪も少ないみたい。

体調は、気を抜くとやばそうなので
気を抜かないように気をつけます。

こちらこそ今年もよろしく~(^^)
またどっかで(^^;会いましょう♪

投稿: 加ト | 2007年1月 6日 (土) 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が「私」:

» 就職活動について [就職活動日記]
就職活動は、ひとりで悩むのではなくみなさんの意見も参考にすることも大切です。あなたもぜひ情報を有効に活用して良い就職先を見つけてくださいね。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 21:49

» 高額収入、治験・モニターのボランティアバンク [内職求人のハローワーク]
人気blogランキングへVOB(ボランティアバンク)は、日本最大の治験・モニター情報サイトです。新薬・食品・化粧品など、空き時間にちょっとやれるモニター情報が満載日本最大の『治験・モニター情報サイト』です。会員は20万人を誇ります!VOBにご登録すると最新情報がメールで送られてきます。モニターに参加すると高額報酬 (1日5000~20000円)が受けられます。ボランティアバンクについて詳しい内容はこちら人気blogランキングへこのボタンをクリックすると、あなたのMy Yaho...... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 23:33

« ブログによる弊害 | トップページ | ちょっとそこまで »