« 飛龍と落日 | トップページ | 伝説の残る地 »

2007年3月26日 (月)

旅の収束

約4ヶ月前。
2006年11月17日。

かの日に、日本一周をしようと始めたこの旅。

だが。
本日をもって、この旅は突然の収束へと向かっていくこととなる。

なぜそういうことになったのか、一言でその理由を言うならば、

「今一番やりたいことが、日本一周ではなくなったから」

である。

一言で言わないならば、この旅における大体の目的が達成されたからという本質的な理由も当然あるし、他にも挙げれば、お金がなくなってきたからという現実的な問題だとか、、帰って布団で寝たいという単純な我がままだとか。。
とか。とか。まぁ、いろいろあるんだけど。。

始めの頃に書いてた通り、もともと日本一周自体は目的ではないから、やめたい(やめるべきだ)と思ったら即座にやめようと思っていた。

で、今回やめようと思ったのは、目的が達成されて、他にやりたいことができたから。

あれ?
でもこの旅の目的って。。何?

そう。
そもそもこの旅は、目的をこれと特に決めずに出発した旅だった(はずである)。
少なくともこれまでそういうスタンスで旅を続けてきた(つもりである)。

が、結果的には気が付いたら不思議なことに目的が達成されていたのである。
おかしな話ではあるが、つまり、知らないうちに目的も見つけられていた。ということになるのか。。

いや、そうではない。

あまりに自由気ままに先のことを考えずに旅を楽しんでいたので、すっかり自分でも完全に忘れていたことがある。

もともとは、会社を辞めて次に何をしようか考えたときに何も頭に浮かばなかったから、ちょっと頭をからっぽにして旅行でもしながらのんびり考えよう、ってのがこの旅(このブログも)の発端だったのである(多分)。
昔のブログ記事を読むとそんなようなことが書いてある(みたいだ)。

「決まった目的の達成だけを考えて回ろう、というような考えはない」とも言ってはいるけど、それは、物理的にも精神的にもなんにも拘束されることなく自由に旅を楽しみたいという思いが何より強かったためである。

でも、実のところそれは、何も得られることなく旅が終わってしまった場合のための言い訳というか逃げ道を予め用意していただけなのではないか、と今になって思う。

だから、次に自分がやることを見つけることが、隠れた(というか、無意識に忘れていた)この旅の本来の目的だったのである。

今この時点になって改めてそんなことを言い切るなんて、我ながら都合がいいなぁとは思うけど、でもそういうスタンスでいたからこそ、これまでのこの旅を十分に楽しむことができたのは事実であり、終わってみれば(まだ終わってないけど)、そういう都合がいいお気楽志向が結局のところ功を奏したわけである。

とにかく、そんなわけで。
次に自分がやることが決まった時点で、この旅の目的は100%達成、なのである。

そうかそうか。そういうことか。
そういうことだな。

ただ、日本一周、というか、この車での日本旅行自体はおもしろいし、まだ行ってないけど行ってみたいところもたくさんあるし、もう少しお金がある限り続けたい気持ちは多分にある。

けど、それ以上にやめたいと思ってしまったのだから仕方ない。
そう思ったが最後。
旅をしたい、って最初に思ってしまったときと一緒で、旅をやめたいって思ってしまったらもうどうにも止められない。
そして、何の気兼ねもなくそうする(やめる)ことができるのがこの「気ままな旅」の最高にいいところだ。

だが、こうして、ブログ上で、この記事を未公開設定にすることなく、他の日記記事同様に一般公開して、旅をやめる理由をそれとなく(それでいてだらだらと)説明をしている時点で、「何の気兼ねもなく」というのは、ある意味では嘘になるのかもしれないけど。

また、昨日今日で突然こんなことを思いついたのか、というとそうではなく、実は第一部(北海道~東北~関東~実家)が終了した時点で、そんなことを思うようになっていた。

だから、そこでやめようかとも少し思った。
でも、関西には、再会したい友人が数人いたし、行ってみたいところ(特に京都)もいくつかあったから、そこまでは少なくとも完遂したいな、と思って第二部をスタートした。

このタイミングで旅を終わりにしようと思ったのには、そういう流れがあったわけである。

行きたいところだったら、他にも、姫路城とか、宮島とか、六甲山とか、皿倉山とか、桂浜とか、萩とか、桜島とか、沖縄の離島とか、、、すぐ思いつくだけでもたくさんあるんだけど、それ言ってたらキリがないからね。

行きたいところがまだたくさん残ってるってことは、まだ楽しみが残ってるってことだから、またこんな旅をすることがあれば、次はそれらを訪れるのが楽しみでもある。

そうそう。今回、車で日本一周(実際は半周くらい?)を実際にやってみて、「車で日本一周する」ということに関して、はっきりわかったことが二つある。

ひとつは、この旅は想像してた通りに楽しい、ということ。
もうひとつは、間違いなくいずれまた今回の続きの旅をするだろう、ということ。

こんな楽しいことをまたやらないわけがない。
最初は、こんなことやる機会はもう一生ないだろう、なんて思ってた。
でも、そんなわけはない。
やりたければ、またやればいい。そんな難しいことではない。
問題は、できるかできないか、ではなくて、やるかやらないか、それだけだ。と思う。

さて。
一言で言うつもりで書き始めたんだけど、結局長くなってしまった。
(文章を書くのは昔から苦手なのでご了承いただきたい)

何はともあれ、これからは実家(山梨)目指して帰るつもりだ。

どこにも寄らないで一日で実家に直行することも可能だし、正直そうしても全く心残りはもうないんだけど、せっかく知らない土地にきてるので、まだ行ったことのない場所を通りつつ、寄り道しつつ、今まで通りの旅のスタンスで楽しんで帰るつもりでいる。

でも、そんなに遠くはないから1~2週間ってとこかな。

そんなわけで、あと少々、この旅の行方を見守っていただけたらうれしいなぁ、と思います。

|

« 飛龍と落日 | トップページ | 伝説の残る地 »

コメント

加トさんへ

お久しぶりですm(_ _)m

加トさんの気持ちは、大切にするといいと思います。
うまく言えませんが・・・
やりたいことが見つかったとき、
今、一番やりたいと思ったことをすることが、
大切なんだと思いますヽ(^-^)

また旅をしたくなれば、旅に出かけるといいと思います。行きたいところがあれば、あるほど楽しみも増えるし、行けたときの喜びも待っていると思います。

加トさんの写真や日記は、自分も旅をしているような気持ちになりました(o^ω^o)

実家まで、加トさんらしく旅を続けてください(^_^)v

また、遊びに来ます♪

投稿: くろ | 2007年3月28日 (水) 22:33

>くろさん

ありがとうございます。

ブログの更新は、途中結構いい加減になっている部分もありますが、そう言ってもらえると、未公開の日記という形ではなくて、ブログにした甲斐があったなぁと嬉しく思います。

でも、くろさんのように定期的にこのブログを見てくれている人がいるのかと思うと、ここで旅をやめるのも少し申し訳ない気持ちもあります。
それは我侭ですいません。。

まだ、記事本文では公言してはいませんが、ひょっとしたら、実家に帰ってしばらく充電&引越し準備期間後、引越しもかねて、山梨から北海道まで日本海側を北上する第三部をやる、、、かもしれません(経済的に無理かもしれませんが)ので、そのときはまた遊びに来ていただけたらな、と思います。

投稿: 加ト | 2007年3月30日 (金) 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191013/14433664

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の収束:

« 飛龍と落日 | トップページ | 伝説の残る地 »