« 八幡宇治 | トップページ | 和歌 »

2007年3月12日 (月)

紀州

やはりとりあえず簡単に行き先など記載。

今日は、社会人の頃に同期だった友人Bティ(彼も昨年末に退社して、現在は地元和歌山で働いている)に会うため、和歌山へ向かう。
彼は、過去の記事でも一度登場している。

------------------------------

■野半の里(のはんのさと) 蔵乃湯 老鶴館(おいづるかん)
 住所 和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702
 電話 0736-22-1005
 営業時間 10:00~22:00
 定休日 無休
 料金 800円
 駐車場 150台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 源泉かけ流し、加温
 お勧め ★★★★☆

           20070312_800_nohan_ss

ちょっと変わった温泉施設。
温泉だけでなく、敷地内にはいくつかの食事処、土産屋、休憩所などが併設している。

もともとは、大正時代に酒蔵だった建物をそのまま移築して利用している。
よって、温泉も建物自体は新しく清潔感はあるのだけど、全体的にレトロな雰囲気で覆われていて不思議な感覚が楽しめる。

源泉は深さによって4種類あるらしく、そのうちの一つは日本でも4番目の濃度の温泉らしい。
その一番濃度が濃い源泉だけだととてもじゃないけど人が入ることができないので、異なる泉質と濃度を持っている他の源泉のお湯とうまくブレンドして利用している。

-----

和歌山市でBティと合流し、焼肉屋へ行く。

■本格熟成牛 千SEN
 住所 和歌山県和歌山市狐島262-4
 電話 073-480-3366
 営業時間 月~金 16:30~23:00(L.O.22:30) 
        土日祝 15:30~23:00(L.O.22:30)
 定休日 無休
 駐車場 100台
 お勧め ★★★★★

値段の安い肉から高い高級な和牛まで一通り揃っている。
焼肉の味自体もさることながら、この店の驚くべきは、その部位の種類の細かさである。

私は牛の中でも、サガリ、またはハラミが好きなのだが、今までこの二つの肉は、味もほとんど同じなので、呼び方が違うだけで同じ部位の肉なのかと思っていた。

どの焼肉屋に行っても、サガリとハラミのどちらか一方しかメニューに載っていない、というのもそう判断していた根拠のひとつである。

が、この店にはサガリとハラミが両方載っていた。
そして、それぞれの部位の説明もされていた。

サガリもハラミも横隔膜の肉には違いないのだが、どうやら、サガリというのがハラミを下から支えている部分の肉のことを言うらしいようなことが書いてあった。(ような気がする。。多分。)

まぁ、種類が細かいだけの焼肉屋なら他にもあるのかもしれないけど、味も十分においしく、自分の家の近くにあればまた来たいと思わせてくれる、そんな店だった。

-----

行き先だけ書くつもりが、結局いろいろ書いてしまった。
帰りに、夜のライトアップされた和歌山城を見ていった。

           20070312_810_wakayamajo_e_filtered_s

ライトアップされた城と言えば、私がこれまで見た中では、小田原城、松本城、とどちらも甲乙つけ難いくらいきれいだった。

この和歌山城はどうかと言うと、山(丘)の上に建てられているので、堂々としているだけでなく、上方にポワっと浮かびあがる様は、どことなく気品さであふれていて、さらには、あらゆる方向から眺めることができるので、いろいろな見方ができ、そういう意味でも前述した二つの城にはない魅力を楽しむことができる城だと思った。

ひとつ余談にはなるが、ライトが他の二つの城に比べると少し強いため、少なくともコンパクトデジカメでは、長秒時の露出には耐えられないので、夜景撮影には不向きかもしれない。と思った。

ちなみに、これで21県目(1道1都2府17県目)突入である。

------------------------------

本日の走行距離:99km 累計走行距離:11,156km

|

« 八幡宇治 | トップページ | 和歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀州:

» 横隔膜を鍛える? [横隔膜を鍛える?]
横隔膜を鍛える? [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 16:21

« 八幡宇治 | トップページ | 和歌 »