« 勇仁智 | トップページ | 悲しき命を奪い去ったと云ふ »

2007年3月29日 (木)

ほたるいか発光ショー

【今日の天気】 くもり

今日は特に行ってみたいところもなかったので、海沿いを移動だけすることに
知らない土地を運転するのは楽しいので、別にどこにも寄らなくても車窓から景色を見ながら走っているだけでも十分に楽しめる。

------------------------------

途中、滑川(なめりかわ)というところにある道の駅で休憩。
ここらへんは、ほたるいかの群生地らしく、この道の駅でもほたるいかミュージアムという施設が入っていた。

■ウェーブパークなめりかわ(道の駅)
 (※情報は「ほたるいかミュージアム」)
 住所 富山県滑川市中川原410
 電話 076-476-9300
 期間 通年
    活きたほたるいかの発光ショーは3月20日~5月31日
 営業時間 9:00~17:00
 定休日 6月1日~3月19日の火曜、年末年始
 料金 800円
 駐車場 百数十台
 お勧め ★★★☆☆

3~5月くらいがほたるいかの漁獲時期で、この時期はここのミュージアムで本物のほたるいかの発光を見れるということなので見ていくことに。

但し、料金は800円。
15分くらいで終わりなので結構割高。

ショーと言ってもそんな大したものではなく、前半はスクリーンに映し出されたほたるいかの説明VTR。
その後、実際のほたるいかの発光を見るという構成。

さて、会場に入ってみると客は私一人しかいない。
まぁこういうのには慣れたけど。。

しばらくすると、部屋が暗くなり、司会の女性の人が入ってきて「ご来場の"みなさん"。今日は~~~」としゃべり始める。
まぁ私一人しかいないんだけどね。。

後半に、ほたるいかが入っている水槽の網を力いっぱい持ち上げて、網を水から上げるとほたるいかが一斉に光りだす。
これは確かにキレイだ。
蛍を見たことはないんだけど、結構明るい光で水槽の中のたくさんの(100匹以上いるかも)ほたるいかがキラキラと緑っぽく光る様はなかなか幻想的な光景だった。

ただ、網を上げるときに、司会のお姉さんが子供を相手にして言うように、「いちっ!にぃのー!さーん!」って必要以上に元気いっぱいに言うのでちょっと恥ずかしかった。。
ってゆーか、普通は大人一人で来るようなところではないのだろう。
なんかちょっと申し訳ない気持ちになった。。

ところで、ほたるいかは、敵を驚かせるために、目くらましとして発光するそうである。
また、網を上げたときに光るのは足の先だけなんだけど、しばらくして足の強い光が消えていくと今度は体全体がぼんやりと薄く光っているのが見えてくる。
これは、体を薄く光らせることで太陽光に溶け込んで自分を見えなくする保護色の役割を持っているということである。

ちなみに写真撮影は禁止でした。

以上。
ほたるいかミュージアム。

-----

■バーデン明日(あけび)
 住所 富山県下新川郡入善町舟見1677-1
 電話 0765-78-2525
 営業時間 9:30~21:00
 定休日 不定休
 料金 500円
 駐車場 80台
 露天 あり(この日は入浴不可)
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 一部源泉かけ流し
 お勧め ★★★☆☆

ここは、泊まることもできる施設なんだけど、どちらかというと共同風呂のような雰囲気の浴場で地元の常連客でにぎわっていた。

この日は配管工事をやってるとかで露天は入浴不可。
ということで評価も低目。

------------------------------

本日の走行距離:110km 累計走行距離:13,037km

|

« 勇仁智 | トップページ | 悲しき命を奪い去ったと云ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191013/14464819

この記事へのトラックバック一覧です: ほたるいか発光ショー:

« 勇仁智 | トップページ | 悲しき命を奪い去ったと云ふ »