« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

TitleBack Gallery vol.1

本日は総評企画第一弾として、リクエストの一番多かった企画ということで(はい嘘)、これまでこのブログのタイトルバックに使われた画像と簡単な説明をまとめて紹介いたします。(使用された順)

------------------------------

山梨県 笛吹川フルーツ公園

20061007_fruitpark02_filtered_wide3_s_re_1

私の地元山梨県にある屈指の夜景名所「笛吹川フルーツ公園」。
この写真だけは旅行に出発する前に撮ったものである。

ここは新日本三大夜景の一つに指定されている。(他の二つは、福岡県皿倉山、奈良県若草山)

が。
この写真では、その夜景の特徴は全く伝えることはできていない。

私の写真の技術云々以前に、ここの夜景の特徴はその公園自体のライトアップにあるのだが、この写真は肝心な公園を写し込んでいない上に、のん気に足湯に浸かりながら三脚も使用せずに手持ちでなんとなく撮った写真なのである。

また、夜景自体のキレイさもさることながら、上述したように足湯に入りながらこの夜景を堪能できるというのもここの夜景の特筆すべき点である。

但し、足湯自体は真っ暗になると閉じられてしまう、ということを注意事項として補足しておく。(時間で閉じるのか暗くなったら閉じるのか詳細は不明)

------------------------------

北海道 藻岩山展望台

20061120_moiwawide01_filtered_title2_re_1

北海道は札幌市にある藻岩山展望台。
私が今まで見たことがある夜景の中でも、随一の光量とスケールと美しさと温かみを備えた夜景名所である。

写真中央の一番明るい辺りが、札幌駅→大通り公園→すすきの駅を結ぶ札幌市の中心部分である。
この写真ではわかりづらいが、右側を石狩川が曲線を描いている。

また、昼に訪れれば、遠く石狩湾までを見渡すことができる。

この写真撮影当日の記事にも記載したことだが、札幌では、赤い明かりのナトリウム灯が推奨されている(赤い波長は雪が降っても通しやすく、形の認識がし易い)ため、自ずと赤みがかった温かみのある夜景となる。

この街は大好きだし、この街の夜景も大好きだ。

※当日記事は、2006年11月20日『札幌で一番好きな場所』参照。

------------------------------

北海道 納沙布岬

20061214_nosappu_e_filtered_panorama_t_r_1

日本本土の最東端、納沙布(のさっぷ)岬。
あくまで本土の最東端であり、本当の日本最東端は「南鳥島(東京都小笠原村)」という、民間人が容易に踏み入ることができない島である。

また、稚内にあるノシャップ岬と名前が似ていて間違えやすい。

この写真は「平和の塔」という納沙布岬のすぐ近くにある100mくらいの展望タワーから撮影している。
この日は非常に天気がよく空気も清んでいたため、遠くに歯舞諸島の島々がはっきりと見てとれた。

※当日記事は、2006年12月14日『何はともあれ最東端』参照。

------------------------------

北海道 室蘭市

20070128_488489_muroran_filtered_wide_ti_2

室蘭にある某石油会社の製油工場と白鳥大橋が織り成す異色夜景。

昔室蘭に住んでいた友人(このブログで何度か出てきたSさん)に教えてもらった夜景。

教えてもらって以来、ここの夜景が大のお気に入りになり、室蘭を訪れるたびにビューポイントを探し求めた結果辿り着いた一枚(大袈裟)。

但し、この撮影ポイントは工場の敷地内(かもしれない)上に、明かりや建物や人気が全くない波止場の端っこなので。一人だと。とても。怖い。怖かった。。

※当日記事は、2007年1月28日『Final Fantasy』参照。

------------------------------

宮城県 松島

20070205_541545_matsushima_pano_filtered_1

日本三景の一つ、松島。(あと二つは、広島県の宮島、京都府の天橋立)

この写真はどこか近くの展望台から撮影したもの。
適当にパノラマ合成してるので真ん中あたりにラインが見えてしまってる。。

松島程、いい意味で期待を裏切った場所はなかったと思う。
ここは、遠くから眺めるのではなく、断然遊覧船に乗ってクルージングを楽しむべきである。

私が行ったのは、まだ冬だったが、それでも風が心地よくウミネコもかわいくて、すばらしい景色に感動したことを今でも覚えている。

余談だが、先の記事「End-roll」の最後に使用した鳥の写真は、松島の遊覧船から撮ったウミネコである。

※当日記事は、2007年2月5日『日本三景其ノ壱』参照。

------------------------------

宮城県 青葉山公園(昼)

20070205_632635638_sendai_pano_filtered__3

宮城県仙台市。仙台城址でもある青葉山公園から撮影。
その名の通り、青葉山という小高い山の上にある公園なので、そこから見渡せる仙台市の景色もすばらしい。

仙台城は青葉山にあることから、青葉城とも呼ばれるらしいが、どちらが一般的な呼称なのかは私は知らない(調べろって?)。

カメラを構えたその背後には、伊達政宗が堂々たる雄姿で馬に跨り、仙台市を見守っている。

仙台市は、その中心部分は想像以上に都会で、最大で片側7車線の交差点に出くわし度肝を抜かれた。

※当日記事は、2007年2月5日『日本三景其ノ壱』参照。

------------------------------

宮城県 青葉山公園(夜)

20070205_741744_filtered_pano_wide_t_re_1

同じく、青葉山公園の展望台からの夜景。
東京に比べればそりゃあ小さな街だけど、街までの距離が適度に近いので明るくキレイで、それでいてコンパクトにまとまっているとてもかわいらしい夜景で悪くない。

見ての通り、光がポワーんと丸くなっているのは、二重露光もどきをしているため。

二重露光というのは、文字通り二回シャッターを切って一つの写真として露光させる方法であるが、私のコンパクトデジカメにそんな機能はないので、実際は2枚の写真(普通の夜景とピンボケさせたもの)を合成させている。

※当日記事は、2007年2月5日『日本三景其ノ壱』参照。

------------------------------

静岡県 駿河湾

20070218_834_kunouzan_filtered_pano_filt_1

静岡県は東照宮を訪れるため、久能山に友人Kと登った途中で撮った写真。

この日はとても天気が悪く、私の日頃の行いについての良否が問われたが、そのおかげで神々しい風景を見ることができた。

写真を撮っていると、天気が悪いが故に功を奏すということが少なからずあり、日頃いいことばかりをしていなくてもいいことはあるものだなぁ、とは思っていない。

ちなみにこの写真は、コントラストを上げて、光の射す部分を強調するような補正を多少行っている。
実際の風景の印象とは遠ざかっているが、これが写真の楽しみの一つである。

※当日記事は、2007年2月18日だが現在未更新。

------------------------------

vol.2に続く。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月29日 (日)

更新記録 No.01

と。ゆうことで(どゆこと?)。
とりあえずは、この旅日記は先の記事「End-roll」により、半ば強引に幕だけは閉じさせてもらったが、実はまだちゃんと更新できていない記事が山ほど残っていたりする。。

と。ゆうことで(そういうことか)。
旅行後、一通りの遊び生活が一段落したので、そろそろほったらかしていたそれら過去の記事も更新していこうかなーと思い始めたわけである(働けよ)。

そこで、本日より、更新履歴を新着記事として記録していくことにする。(イマイチこの文章の説明自体が意味不明かもしれないが、私はとてもよく理解してるので全然問題ない)

また、それと並行して、この旅の総評(と言っても堅苦しいものではなく、温泉ベスト3!とか、夜景ベスト3!みたいな軽いノリのランク王国的なやつ)も、気分転換とエンタメ性向上のために記載していこう。と思う。(「思うだけで実行しない」という巧妙かつ大胆なトリックの可能性が潜んでいることを決して見落としてはいけない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

End-roll

 2007年4月3日(火) P.M.10:30 日本一周の旅 終了

(※↓BGMを流す場合は以下を手動再生↓)
期間2006年11月17日(金)~2007年4月3日(火)
総日数138日
総県数26県(1道1都2府22県)
走行距離13,723km
撮影枚数11,322枚(約32Gbyte)
足跡(都道府県別訪れた順)
北海道 蘭島海水浴場 島武意海岸
岬の湯 しゃこたん 番屋の湯
望羊中山 札幌ファクトリー
中山峠写真の森美術館
藻岩山展望台 札幌市時計台
らーめん てつや 大通公園
なごやか亭 BAN CHOU
すみれ
吹上温泉保養センター白銀荘
北海道大学 北海道庁旧本庁舎
和楽 中島公園
豊平館 札幌テレビ塔
らぁめん道場 黒帯 焼肉ときん2号店
三浦綾子記念文学館 橙ヤ
高砂温泉 旭山動物園
黄金岬 まるみ寿し
らーめん 青い鳥 ノシャップ岬
あざらし観察所 宗谷岬
クッチャロ湖 ホテル日の出岬
かみゆうべつ温泉チューリップの湯
サロマ湖 ワッカ原生花園
ところ遺跡の森 かに源
オホーツク流氷館 博物館 網走監獄
斜里温泉 山本旅館 オシンコシンの滝
オロンコ岩 ナラワラ/トドワラ
野付半島ネイチャーセンター
旅館七重 納沙布岬
平和の塔 金刀比羅神社
霧多布湿原 琵琶瀬展望台
鮨の桜亭 ゆうゆ
炉ばた煉瓦 屈斜路湖
摩周湖 あかん遊久の里 鶴雅
焼肉菜包 朴然 笹川ホテル
辨慶総本店 ホテル鳳乃舞
京屋旅館 一元
ガレリアスイートホテル
新得町営浴場 羽衣亭
三日月食堂 JR富良野駅
唯我独尊 つるや金物店
山部山麓デパート 麓郷の森
拾って来た家 いっぷく
グリュック王国 幸福駅
新栄の丘展望公園 マイルドセブンの丘
らーめん蔵 万葉の湯
モエレ沼公園 インド料理 ラム
五丈原 JRタワー展望室
札幌ファクトリー 真駒内滝野霊園
丸駒温泉 支笏湖
ウトナイ湖 夢元さぎり湯
室蘭夜景 ドライブイン みさき
流山温泉 函館山
ラッキーピエロ 港北大前店
開陽丸 五稜郭公園
日の出湯 函館麺や一文字
高田屋嘉兵衛像 土方歳三最期の地碑
青森 弘前城
道の駅浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」
岩手 陸中海岸1 黒崎
北山崎 陸中海岸2
真崎海岸 沢尻海岸
浄土ヶ浜 食堂園
岩手城跡公園 ラ・フランス温泉館
新湯本温泉 美翠館 えさし藤原の郷
高館義経堂
宮城 加護坊温泉 さくらの湯
松島 塩竈神社
仙台城跡
天然温泉 コロナの湯 仙台店
福島 もにわの湯 猪苗代湖
飯盛山・白虎隊記念館
鶴ヶ城 源来軒
熱塩加納保健福祉センター「夢の森」
さくら亭 大内宿
喜楽 火風鼎
栃木 大田原温泉 太陽の湯 黒羽温泉 五峰の湯
東照温泉 旅籠福田屋 日光東照宮
茨城 霞ヶ浦 波崎海岸
千葉 犬吠埼
かんぽの宿 旭九十九里温泉
大多喜城 養老渓谷
久留里城 湯の郷 かずさ
近藤勇陣屋跡
東京 アカシア羽田空港第2ターミナル店
東京駅 上野恩賜公園
埼玉 さいたま清河寺温泉
神奈川 稲村ケ崎 鶴岡八幡宮
小田原城
静岡 毘沙門天芝の湯 今井浜海岸
河津桜祭り 源泉termeいづみ園
修禅寺 修善寺梅林
三島大社 ヘルシーパーク裾野
まぐろ家 繁正 久能山 東照宮
清水魚市場お魚センター 河岸の市
駿河城跡 日本平
風風ラーメン 静岡南店
長野 諏訪大社下社秋宮 魁塚
松本城 寝覚の床
おぶせ温泉 あけびの湯
八幡原史跡公園 長野市立博物館
象山神社 松代象山地下壕
妻女山展望台
岐阜 ひらゆの森
白川郷 萩町合掌造り集落
巌立峡ひめしゃがの湯
大平展望台
山岳ホテル濁河温泉ロッジ
金華山ドライブウェイ
岐阜城 おおの温泉
愛知 犬山城 名古屋城
矢場とん 熱田神宮
名古屋港イタリア村
三重 あさひの湯
一志温泉 やすらぎの湯
伊勢神宮 横山展望台
ともやま公園 比幾海岸海水浴場
奈良 きなりの湯 法隆寺
薬師寺 唐招提寺
若草山 ゆららの湯 押熊店
東大寺 湯泉地温泉 滝の湯
谷瀬の吊橋 吉野神宮
吉水神社
奈良御所葛城の郷 かもきみの湯
大和路へぐり 学園前やまとの湯
大阪 スパバレイ枚方南 大阪城
京都 寺田屋 魚三楼
伏見稲荷大社 八坂神社
清水寺 にしおか
築地 石清水八幡宮
平等院鳳凰堂 宇治上神社
天下一品 豊国神社
方広寺 醍醐寺
鞍馬寺 貴船神社
仁左衛門の湯 円山公園
知恩院
坂本竜馬・中岡慎太郎遭難の地
中岡慎太郎寓居跡 酢屋
池田屋跡 コープイン京都
角屋 壬生寺
八木低 北野天満宮
首途八幡宮 京都御苑
金戒光明寺 南禅寺
平安神宮 二条城
蛸益 将軍塚
壬生やまとの湯 たかお温泉 光の湯
天橋立 夕日ヶ浦
夕日ヶ浦温泉郷 花ゆうみ
静神社 嶋児神社
琴引浜 丹後松島
浦嶋公園
和歌山 野半の里 蔵乃湯 老鶴館
本格熟成牛 千SEN
ラーメンまるやま 小松原店
和歌山城 ヒダカヤ
番所庭園 ポルトヨーロッパ
スパ・リゾート黒潮温泉
北京料理 百楽 和歌山店
南部梅林 千畳敷
白良浜
リヴァージュ・スパひきがわ
橋杭岩 ホテル中の島
ホテル浦島 那智滝
青岸渡寺 熊野那智大社
熊野古道 大門坂 熊野本宮大社
滋賀 大津やまとの湯 彦根城
比良とぴあ
福井 三方五湖 露天風呂漁火
東尋坊
石川 せせらぎの郷 安宅関跡
兼六園 金沢城
富山 埴生護国八幡宮 天然温泉 湯来楽
ウェーブパークなめりかわ
バーデン明日
新潟 親不知 ゆったりの郷
春日山神社 春日山城公園
林泉寺 ものがたり館
ホテル秀山 七つの扉
山梨 大法師公園 みたまの湯
出演(ジャンル別アルファベット順)
一応主人公。。
加ト
最北端の地で世話になりました。
ある意味ホントのスタート地点かも(^^;。ホタテありがとね!
Cウン
昔みたいに遊べて楽しかったよぉ♪また札幌でね。
F田くん H浦さん
天気悪かったけど久能山おもしろかったね(^^)。
今度ビリヤード教えてよね。
K督
わざわざ遠くから出てきてくれてありがとね(>_<)
O安
ホント世話になりました。またお世話になりますm(__)m。
新潟で会いたかったなぁ。
R平
炉辺うま!ずっと運転してくれてありがとね。次はPジョーで!
S尾
まさか空港で会うとはね(^^;。お互い新しい道でがんばりましょう。
S原さん
念願の京都で会えて良かったよ!ありがとね。
札幌にも遊びに来てね(^^)/
Y原
キーケースありがとう!一番の旅の友として活躍しました(^^)。
またみんなで遊びたいなぁ。
A井さん Iちゃん
Kッチ Kヨ
Mトモ O谷さん
Sゲ
数少ない同い年としてがんばろね~。
てか、そっちはもうがんばってるか。
Bティ
曲提供ありがとうございます。
車で聴いてました♪新曲まだかなーぁ(^^)。
A藤さん M本くん
M浦さん Tっちー
Y岡さん Y川さん
在社時は大変お世話になりましたm(__)m。私は元気です。
A田くん Gんちゃん
H原さん H切さん
I垣くん K田さん
K高さん M田さん
N村さん S水さん
S山さん S木さん
T中さん T田さん
T谷さん
短い間でしたが本当に楽しくて充実したバイトでした。
日本一周できなくてすいません(>_<;
A原さん A泉さん
E沢さん Fさん
F原さん Hタさん
H鳥さん H内さん
H多さん I淵さん
I村さん M谷さん
M上さん M田さん
M内さん M井さん
M月さん N田さん
N津さん O橋さん
S藤さん S戸さん
S戸さん T中さん
W辺さん Yリさん
Y田さん Y田さん
祝再会(^^)。いろいろ案内してくれてホントありがとね!
S村さん
コメントありがとうございました。何よりの励みでした!
Hれっとさん Immさん
ILAIさん Kろさん
Mサさん Mほんさん
Pよさん Tナカさん
いつもいつもいつもすんません(^^;。北海道絶対来るように!
H紀 Hナちゃん
なかなか遊ぶ機会も少なくなっちゃったけど
また焼肉!うどん!食べにいこうねーぇ♪
Tッくん Tルくん
そして。。。
いつも私の身勝手な我侭を容認してくれる
誰よりも寛大な家族に感謝。
義兄
この旅で少なからず関わったすべての人に。
      ありがとうございました
20070205_503_matsushima_filtered_s_ss_t

 総日数:138日  総制覇県数:26県  総走行距離:13,723km

| | コメント (11) | トラックバック (8)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »