2007年3月 4日 (日)

またまたとりあえず更新

とりあえーず行き先のみ。
北海道トマムのバイトで知り合ったSさんと合流し、名古屋観光。

明日は一日観光せずに過ごす予定。
ブログも少しは更新追いつくかなーぁ。

------------------------------

■名古屋城
 住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1
 電話 052-231-1700
 営業時間 9:00~16:30(天守入場は16:10まで)
 休園日 12月29日~31日、1月1日
 料金 500円
 駐車場 500台程度
 URL http://www.nagoyajo.naka.nagoya.jp/
 お勧め ★★★★★

日本三名城のひとつ。名古屋城。
とにかくスケールがこれまでの城とは段違い。

-----

■矢場とん
 住所 愛知県名古屋市中区大須3-6-18
 電話 052-252-8810
 営業時間 11:00~21:00
 定休日 月曜(祝日の場合は翌日休)
 料金 わらじとんかつ定食 1575円
 駐車場 数台(または近辺有料駐車場利用)
 お勧め ★★★★☆

みそかつで最も有名な店。
おいしい♪んだけど、わらじとんかつはちょっと多過ぎでした。。

-----

■熱田神宮
 住所 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
 電話 :052-671-4151
 料金 参拝自由
 駐車場 数百台
 URL http://www.atsutajingu.or.jp/
 お勧め ★★★★☆

Sさん曰く、癒しの空間。緑豊かな神社です。
おみくじは吉。なかなか大吉出ないな。。

-----

■名古屋港イタリア村
 住所 愛知県名古屋市港区港町1-15
 電話 052-655-1800(月~金 10:00~18:00 祝日除く)
 営業時間 ショッピング街 10:30~19:30
      レストラン街 11:00~21:30
      (店舗によって営業時間が異なる)
 料金 入場無料
 駐車場 1000台(100円/30分)
 URL http://www.italiamura.com/pp.html
 お勧め ★★★★☆

イタリア村というよりヴェネチア村という感じ。
ディズニーシーの中にある、ヴェネチアの街並みを再現した場所(?)みたいな。

-----

■あさひの湯
 住所 三重県三重郡朝日町小向181
 電話 059-377-5111
 営業時間 10:00~翌1:00(土日祝は9:00~)
 定休日 無休
 料金 600円
 駐車場 350台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 一部源泉かけ流し
 お勧め ★★★☆☆

遅くまでやってる温泉施設。
ゲーセンやボーリング場が併設してます。

-----

本日、三重県、17県目(1道1都15県目)突入。

------------------------------

本日の走行距離:126km 累計走行距離:10,326km

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月 3日 (土)

天下布武

今日は2つの城を巡る。
この辺は城が密集している。

------------------------------

一つ目は国宝、犬山城。

■犬山城
 住所 愛知県犬山市犬山北古券65-2
 電話 0568-61-1711
 期間 通年
 営業時間 9:00~16:30
 定休日 年末
 料金 500円
 駐車場 150台(200円)
 お勧め ★★★★★
 特記 国宝

           20070303_593_inuyama_filtered_s

先日松本城に行ったときの記事にも書いたが、日本で国宝に指定されている天守は4つ。そのうちの2つ目だ。

歴史的にはそんなに興味をそそる城ではないが、国宝に指定されるだけあり、現存する天守の中では最も古い(戦国時代)城の一つだ(最も古いのは福井にある丸岡城)。

外観は3層5階なので、姫路城や松本城などと比べれば、迫力としては当然見劣りするけれど、とてもバランスがよく、装飾として唐破風(二層目の曲線を描いた屋根のこと)を使用していたり、古風な望楼式(※)の造りのため、個性的な形状をしていて(右前面に櫓が出ているあたりとか)、個人的にはとても気に入った。

-----

【望楼式と層塔式】

ここで、ひとつ城の造りに関する知識だが、この犬山城のような望楼式に対して、名古屋城や弘前城のように上層部にいくにつれて、層が均一に小さくなっていく造りを、層塔式と言う。

よって、一般的に、望楼式は多少個性的な造りで、層塔式は均整のとれた形になっている。

時代的には望楼式の方が古く、その名からわかるように、天守の上部に、遠くを見渡すための望楼(櫓と言ってもいい)が乗っかっていて、より実践的な造りであると言える。望楼式に黒い天守が多いのはそのためらしい。

それに比べて層塔式は、豪華絢爛なイメージがあり、実践向きというよりは、その時代の権威の象徴としての役割を持った造りであると言える。

-----

内部はこの通り。

        20070303_613660_mix

当然階段も床も天井も木でできている。

松本城は、内部に光が差し込む窓のようなものがほとんどなくて(あったけど広さに比べて少なかった)、天井も低いし、柱がやたらと建ってたりしている層があって、あまり生活をするという雰囲気ではなかった(それがおもしろかったんだけど)。

一方、この犬山城は、各層が十分に明かりが差し込んでいて、天井も高く、畳敷きの部屋があるなど、実際に生活ができそうな雰囲気の構造だった。

時代的には作られた年代は近いはずだけど、こうも造りが違うとはねー。それぞれの城が作られた歴史的背景とかもっと知ったらその違いの答えも出て来るんだろうけど、とりあえず今んとこ不明ですな。。(誰か教えて。。)

さて。
最上階の回廊からの眺めはこんなん。

           20070303_647_inuyama_filtered_s

隣に流れるのは木曽川。雄大だねー。

犬山城は別名「白帝城」と呼ばれるんだけど、それは、この木曽川の畔の小高い山の上に建てられたことに由来する。
白帝城というのは、三国志で劉備が没した城の名前なんだけど、その白帝城が長江という大きな川の畔に建てられた城だったんだね。

ということで、このあと城下を散歩したときに撮った写真を一枚載せておこう。ちょうど、上の写真の反対側(川岸)から撮った写真。

           20070303_698_inuyama_filtered_s

それと、この城の回廊、とても眺めがいいのはいいんだけど、柵が思いのほか低い!んだよね。。

           20070303_672_ss

写真だとわかりづらいかな、腰よりも低い位置なんだよ。
だからさ、結構怖いよ、これ。
親子連れできてた人もいたけど、幼稚園くらいの子供が「怖いよー怖いよー」ってずっと言ってたもん。お父さんは笑ってたけど。。

でも近現代で復元された城だったら安全面から、柵はちゃんとした高いものが備え付けられてるだろうから、こういうところも犬山城の楽しみのひとつではあります。

私はカメラの三脚を片手に回廊をウロウロしてたら係員の人に三脚はしまって下さいって怒られた。。
人に当たったり下に落としたりしたらキケンだし、建物にぶつかって傷をつけたりと、いろいろとマイナスな要素があるからだね。

ということで、この後は、上述したように城下を散歩して、文化資料館(城の入場券と共通)を見学したりして、犬山を後にした。

ちなみに、犬山は愛知県(木曽川を渡ると愛知県)なので、なにげに16県目(1道1都14県目)突入。でもすぐまた川を渡って岐阜に戻る。

-----

次に向かったのが、今日二つ目の城、岐阜城。

でもその前に岐阜城が建つ金華山(稲葉山)に絶好のビューポイントがある(夜景百選にも選ばれている)ということで、先にそちらに行ってみる(まだ昼だけど)。

■金華山ドライブウェイ
 住所 岐阜県岐阜市上加納山
 電話 058-263-7291 (岐阜観光コンベンション協会)
 営業時間 7:00~22:30まで通行可
 料金 無料
 駐車場 展望台に37台
 お勧め ★★★★★
 特記 夜景百選

山の中をひたすら走りぬける無料のドライブウェイがある。
函館山や藻岩山や日本平などの山道を登ったことがある人ならば、それと大体同じイメージだと言っても間違いない。

そしてそのドライブウェイの途中に駐車場付きの展望台があるのでそこに寄ってみた。

           20070303_714_ss

眼下に見えるのが岐阜市街地である。
なるほど。
今は天気が悪いから景色も正直イマイチだけど(実際、土曜なのに人がほとんどいない)、夜になればキレイに夜景ば見れそうだ。
あとでまた来よう。

-----

でわでわ。岐阜城に向かいます。
岐阜城は犬山城と同じように山の頂上に建っている。
だが、犬山城と違ってかなり高い山の頂上だ。
というわけで、山頂へはロープウェイを使う。車道は通じていない。

■岐阜城
 住所 岐阜県岐阜市金華山天守閣18
 電話 058-262-6784(金華山ロープウェイ)
 営業時間(ロープウェイ) 9:00~17:00(時期により変動)
 営業時間(岐阜城) 9:30~16:30(時期により変動
 料金(ロープウェイ) 1050円
 料金(岐阜城) 200円
 駐車場 あり(1時間以上300円)
 URL(ロープウェイ) 
http://www.kinkazan.co.jp/
 お勧め ★★★★☆

           20070303_751_gifu_filtered_s
 
この金華山は当時稲葉山と呼ばれていたので、この岐阜城も築城時は稲葉山城と呼ばれていた。
その城の名を岐阜城と改めたのが、かの織田信長である。

-----

【織田信長と岐阜城】
(掲載は。後日。。。かぁ。)

-----

天守は典型的(だと思う)な望楼式。
内装は新しいのでキレイなコンクリート製。
特に写真を載せる必要もないでしょう。

眺めは、流石に標高328mの金華山頂に建てられているだけあり、かなり遠くまで見渡せる絶景。

           20070303_763_gifu_filtered_s

この城の望楼の回廊には背の高さ以上の鉄柵が付いているので、犬山城のように怖くはない。

           20070303_770_kinkazan_filtered_ss

これは岐阜市街地方面。つまりさっきの展望台方面。
その向こうを流れている大きな川が長良川。

この岐阜城、ロープウェイで山頂に登ってからも、さらに歩いて登らないとならないので結構大変でした。
全くこんな高いとこに建てて。。当時も水の確保とか、井戸みたいなところ(でも湧き水は出ない)に雨水を溜めたりして、水の確保はやっぱり苦労したみたいです。

-----

その後、さっき行った金華山ドライブウェイの途中にある展望台に夜景を見に行く。
まだ少し明るかったけど、コンビニで弁当を買って展望台の駐車場でそれを食べながら日が暮れるのを待つ。

だんだん暗くなっていくに連れて、だんだんと駐車場に入ってくる車も増えてきた。みんな夜景目当てなのだろう。

薄暗くなってきてそろそろかなーと思い、私も車を降りて展望台に行ってみると。。

カップルしかいない。
おそらく20人近く人がいて年齢層はバラバラだけど、全員、というか、全組がカップルだ。。そうきたかー。。。

展望台ってそんなに広くないから落ち着いて写真撮れそうなスペースもイマイチ見つからずに結局退散。。

でもまぁ、もちろんそんなことで夜景見れたい&撮れないなんて納得いかないからね。
実は別の展望台がもう少し登ったところにあることもチェック済みなのでそちらに行ってみることに。

そしたら。。人いない!一人もいない!わーいラッキー♪
ってことで恒例の夜景独り占め。
私的にはこっちの展望台の方が絶対キレイだと思うんだけど、ここの展望台めちゃくちゃ狭いんだよね。
丸くなってるんだけど多分直径5mかそこらしかないスペースなんだよね(真ん中はベンチになってる)。

それに電灯全くなし。真っ暗。超怖っ!
風よける壁もない(鉄柵だけ)から寒いし。
夜景撮影する私にとっては絶好の場所なんだけど、ちょっと治安悪そうだし、暗くて怖いから、カップルには敬遠されるのかもね。

ってことで、前置き長かったけど、その夜景がこんな感じ。

           20070303_798_kingazan_filtered_m

左の塔は、たぶんどっかのテレビ局のアンテナだろうね。わからないけど。
それで、最初に行った展望台がこの写真の右下のあたりに見える山の上にある。つまり右下方面が岐阜市街地。

あと、夜景は、この写真のもう少し右側にも広がっていて、さらにテレビ塔の左側にも同じくらいかそれ以上の広さの夜景が見渡せる。
もう少し暗くなってからの夜景がこれ。

        20070303_813814817818_kinkazan_pano_filt

無理矢理4枚の写真を合成してある。なんでもかんでも合成すればいいってもんじゃないね。。

ちなみに、ホントの夜景はもっと光が白いです。
私が個人的に赤い雰囲気の夜景が(札幌の夜景みたく)温かみがあって好きだから、ホワイトバランスを曇りに設定して意図的に赤っぽくしてあります。

でももうちょっと明るくした方が良かったな。
まぁ私自信も実は少し怖かったから、納得いくカットが撮れる前に退散したんだよね。。
それでも30~40分くらいは撮ってたんだけどね。

-----

温泉は、岐阜市と今夜の宿の道の駅の間近辺で探す。

■おおの温泉
 住所 岐阜県揖斐(いび)郡大野町相羽(あいば)
 電話 0585-32-2727
 営業時間 10:30~21:00
 定休日 金曜(祝日の場合は前日)
 料金 500円
 駐車場 150台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 お勧め ★★★★☆

岐阜市から小一時間離れた田舎の中にポツンとある温泉施設。
源泉掛流しではないけど、結構広いし、露天のライトアップも雰囲気よく落ち着くいい温泉です。
無料休憩所も広くて○。

この日の宿は、愛知県境近くにある道の駅「クレール平田」。

------------------------------

本日の走行距離:117km 累計走行距離:10,200km

| | コメント (0) | トラックバック (0)