2007年3月16日 (金)

熊野三山

【今日の天気】 晴れのち曇り

今日は疲れたので、行き先と写真を少々。
(後日さらに少し更新済み)

------------------------------

那智勝浦温泉は昨日の「聴聞ノ湯」も有名だけど、ホテル浦島の「忘帰洞(ぼうきどう)」も有名なので入っていくことに。

■ホテル浦島(那智勝浦温泉)
 住所 東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
 電話 0735-52-1011
 営業時間 9:00~19:00(受付は18:00まで)
 定休日 無休
 料金 1000円
 駐車場 300台(らしい。見つからなかった)
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 あり
 特記 源泉かけ流し
 お勧め ★★★★★

           20070316_320_urashima_s

ホテル浦島は、昨日のホテルと違って陸続きなんだけど、客は昨日と同じ桟橋から船で渡らないとならない。
なんでかわからないけどそういうシステムになっている。
最初陸側から車で行こうとしたら、従業員の駐車場らしきところの入り口で、船で渡るように言われて止められてしまった。

忘帰洞ってのが一番有名なんだけど、なんと、この時間掃除中で入れないとのこと。
現在10:30。
10:00~12:00まで忘帰洞は掃除をするらしい。

内湯もあわせると、全部で6~7種類の温泉があるんだけど、この時間に入れるのは3種類だけだった。

そんなわけで、玄武洞という洞窟風呂もあるので、そちらに行ってみた。

           20070316_329_genbudo_filtered_s

かなり大きな洞窟風呂。
そして、この写真の光のある方は、すぐ目の前が海になっていて、結構波も強かったので雄大な海の景色と潮騒を楽しみながら入ることができた。
こんな感じ↓(例の如く誰もいないので写真を撮った)

           20070316_344_genbudo_s ザっパーん

次は、山頂にある露天風呂へ向かう。
スカイウォーカーと名づけられたエスカレーターで34F分延々と上り続ける。

上ったあとに、さらに外を歩いて上る。
途中の展望台から、昨日行った中の島が見える。

           20070316_370_nakanoshima_ss

さらに、反対側には、平維盛(これもり)が最期に入水自殺したとされる「山成島」が見えた。

        20070316_380381_yamanarijima_edit_filter

源平合戦においては、維盛はそんなに有名ではない(?)のかもしれないけど、源頼朝が挙兵して最初に平家軍を打ち破った富士川の戦いにおいて、維盛率いる平家が戦わずして敗走した、というエピソードで有名だ。

富士川を一斉に飛び立つ水鳥の大群の羽音を、敵軍(頼朝軍)の大軍が襲撃してくる音と間違って敗走したらしい。
ちなみに、この戦いのときに頼朝と義経が始めての対面をしている。

それはさておき、露天は、まぁそんな感じの風景が見渡せる場所にある。
広さはそんなになく、内湯はないため、洗い場が外にありちょっと寒いかも。。

この露天を出た頃にはもう12時だったから、もう忘帰洞にも入れる時間だったんだけど、なんか疲れてしまったので、チラッと一目見るだけにして写真も少しだけ撮ってきた。

温泉って(ていうか風呂が)結構体力消耗するんだね。
特に私の場合、肩まで浸かって長い時間入ってるから、(水圧で)体にかかる負担が大きいんだろうなぁ。。

          20070316_398_boukido_filtered_ss

玄武洞とそう変わらない。
今回わかったのは、私はやっぱり空や周りの景色が広く見渡せる開放的な露天の方が好きなようだ、ということ。なんか洞窟って窮屈な感じがしちゃうんだよね。。

でも、これだけ大きな洞窟風呂はなかなかお目にかかれないので、その雰囲気自体は新鮮でおもしろかったけどね。、

-----

次は、日本三名瀑のひとつである那智滝を見に行く。

■那智滝(なちのたき)
 住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
 電話 0735-55-0321(熊野那智大社)
 期間 通年
 営業時間 7:00~16:30
 定休日 無休
 料金 御瀧拝所舞台300円
 駐車場 周辺有料駐車場利用
 お勧め ★★★★☆
 特記 世界遺産

           20070316_442_nachi_filtered_s

世界遺産。
正しくは世界遺産としては「紀伊山地の霊場と参詣道」であり、那智滝はその構成物件として登録されている。

以下の、青岸渡寺、熊野那智大社、熊野古道、熊野本宮大社、もすべて同様である。

でかいねー。高いねー。落差133mだよー。

ちなみに、日本三名瀑の他の二つは、栃木の華厳の滝、茨城の袋田の滝。
華厳の滝でも落差97mだからそれ以上だ。
でも、水量は華厳の滝の方が多くて豪快なイメージはあるかもしれない。
こっちは、熊野の山奥にあるだけあって、豪快というより厳かなイメージ。

-----

那智滝から10~15分くらい歩いて山を登っていくと青岸渡寺というお寺がある。

■青岸渡寺(せいがんとじ)
 住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
 電話 0735-55-0404
 期間 通年
 拝観時間 5:00~16:30
 料金 三重塔(200円)
 駐車場 周辺有料駐車場利用
 お勧め ★★★☆☆
 特記 世界遺産

           20070316_469_seigantoji_s

ここからのショットが有名で、私が持っている旅行情報誌もこんな構図の写真。
まぁ確かに画になる。天気が悪いのが残念。

-----

さらに少し上ると熊野那智大社がある。

■熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
 住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
 電話 0735-55-0321
 期間 通年
 拝観時間 8:30~16:30
 料金 宝物殿(300円)
 駐車場 周辺有料駐車場利用
 お勧め ★★★☆☆
 特記 世界遺産

 
           20070316_505_kumanonachi_ss

熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)のひとつ。

-----

■熊野古道 大門坂(だいもんざか)
 住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
 電話 0735-52-5311 (那智勝浦町観光協会)
 期間 通年
 見学時間 見学自由
 料金 無料
 駐車場 10台
 お勧め ★★★★☆
 特記 世界遺産

           20070316_532_kumanokodo_filtered_m

石畳が延々と続く熊野の古道のひとつ。
道の脇に何気なく立ち並ぶ木々にも神々が宿っているかの如く感じられる。
と、表現しても決して大げさではない、落ち着いた静寂と荘厳な雰囲気に包まれた不思議な古道。

-----

その後、奈良に向けて北上していくと。

■熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
 住所 和歌山県田辺市本宮町本宮1110
 電話 0735-42-0009
 期間 通年
 拝観時間 8:00~17:00(宝物殿は9:00~16:00)
 料金 宝物殿(300円)
 駐車場 数十台
 お勧め ★★★★☆
 特記 世界遺産

           20070316_544_kumanohongu_filtered_m
 
熊野三山のひとつであり、熊野神社の総本社。
主祭神は家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)。

-----

奈良に入ると、十津川。温泉地だ。

■湯泉地(とうせんじ)温泉 滝の湯(十津川温泉)
 住所 奈良県吉野郡十津川村小原373-1
 電話 0746-62-0400
 営業時間 10:00~21:00
 定休日 木曜
 料金 500円
 駐車場 10台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 源泉かけ流し、加水
 お勧め ★★★☆☆

           20070316_575_takinoyu_ss

こじんまりとした共同浴場。
ではあるが、露天の脇には滝が流れるのが見え、源泉掛流しだ。

------------------------------

本日の走行距離:120km 累計走行距離:11,538km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

紀ノ松島

【今日の天気】 曇りのち雨

今日から天気を記録することにした。
天気によって訪れた場所の評価が大きく左右されるからである。

------------------------------

今日の目的地は、那智勝浦。
海岸沿いをぐんぐん東へと進んでいく。
その通り道に、なにやら奇怪な岩の群れが海上に見えたので寄っていく。

■橋杭岩(はしぐいいわ)
 住所 和歌山県西牟婁郡串本町橋杭
 電話 0735-62-3171(串本町観光協会)
 期間 通年
 営業時間 見学自由
 料金 無料
 駐車場 60台
 お勧め ★★★☆☆

           20070315_138_iwagui_filtered_s
 
大小40余りの岩が、東西に一直線に並んでいる。

およそ1400万年前に地層の割れ目からマグマが上昇してきて、それが固まり橋杭岩の元になる厚い板状の岩ができた。
それが荒々しい黒潮の波風によって徐々に侵食されて、現在の橋杭岩が形成された。
上の写真の手前にゴロゴロ転がっている小さな岩が、削られた岩の残骸と思われる。

まるで橋の杭のように見えるのでそう呼ばれるようになったらしい。

        20070315_160204_iwagui_mix

干潮の時期だったため、橋杭岩のかなり近くまで歩いて行くことができた。

-----

そのまま海岸線を行き、那智勝浦に着いたのは13時過ぎくらい。
今日は寝過ぎて行動開始が遅かった(11時くらい)。

この街に着いた時にはもう雨が降り始めていた。

札幌の友人Rが去年和歌山に行った時に、島がそのままホテルの敷地になっているという場所がある、という話をしていたので、是非行ってみたいと思っていたのだが、おそらくここのことだと思われる。いや、ここしかないだろう。

■ホテル中の島(紀州聴聞之湯)
 住所 西牟婁郡那智勝浦町勝浦1179-9
 電話 0735-52-1111
 営業時間 14:00~24:00
 定休日 無休
 料金 1000円
 駐車場 100台(らしい。見つからなかった)
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 あり(ベスト!38度くらい)
 特記 一部源泉かけ流し
 お勧め ★★★★★

ホテル(島)へは、無料送迎の船が出ているので、それに乗っていく。
すぐ近くなので5分くらいだ。

ちなみに、この辺は「紀ノ松島」と呼ばれることからわかるように、大小いくつもの島が海に点在している。
それらを見学するためのクルージング用の船も同じ桟橋から出ている。
宮城の松島に比べればスケールは遥かに小さいけど、なかなか風光明媚な景色ではある。晴れていれば。。という感じ。

料金は1000円。もれなくホテルのタオルがもらえる。

とりあえず、この島には遊歩道があるということなので、そちらを散策してみることに。雨だけど。。

遊歩道へはホテルの屋上からつながっている。

想像できるだろうか。
島が小高い山になっていて、ホテル自体はその山の上ではなく周り(海岸沿い)に建っている。
よって、ホテルの屋上(5F)を出ると、そこはもうこの小高い山の中腹になっているのである。

ホテル内を歩いている途中、露天風呂の入り口があったのでちょっと先に見学していく。
誰もいないようなので写真を撮る。

           20070315_212_nakanoshima_filtered_s

なるほどなるほど。
確かに噂に聞きしワイルドな露天だ。
海のすぐ脇に作られた岩風呂で、お湯が浴槽をあふれて海へそのまま流れ込んでいる。文字通り掛流しだ。
青白く濁った湯で、少し硫黄臭が漂う。

洗い場もワイルド。外にある。

           20070315_218_ss

楽しみは後で、ってことで、とりあえず戻ってホテル5Fから遊歩道へ。

遊歩道は最終的に展望台があるんだけど、大体片道400mくらいかな。
ゆるやかな山道を登っていく感じ。
木がうっそうと茂っていて何か見たこともない動物でも生息していそうな雰囲気。

途中、海を見渡せる場所があり、そこにはなんと足湯が用意されていた。

           20070315_250_nakanoshima_s

すばらしい!
いい景色だし♪
相変わらず雨は降っていたけど、せっかくなので傘をさしながら5~10分程度温まっていった。

それからもう少し上って展望台へ。

           20070315_263_nakanoshima_filtered_s

うーむ。いい景色。。
何度も言うが、晴れていれば。。

さて。ホテルに戻る。
帰りはホテルの屋上からも海の景色を見渡してみた。
ここからでも十分にいい景色♪

海があって、島があって、露天があって。。。

           20070315_272_nakanoshima_s

って?!あれー?!
見えちゃいけないもんが見えちゃってるよ。
いやいやいやダメでしょー。
露天は見えちゃダメでしょ。。。
さっきの露天が丸見えじゃないのさ。。

まぁワイルドがウリだからね。
そういうのは気にしないのかなー(^^;。
(※誤解を招くかもしれないので一応書いておくけど、当然見えるのは男湯だけですよ)

ってことで、露天風呂へ。
後でわかったけど、この露天風呂と、内湯の大浴場はつながっている。
と言っても、明らかに非常階段のような外の階段を、2階分くらい歩いて移動しないとならないけどね。

上の写真には写ってないけど、もうひとつ奥に洞窟風呂みたいのがあって、露天の浴槽は全部で3つに分かれている。
そのうち一番下、つまり海側の浴槽が湯温が一番低く、おそらく38度くらいで私にとってはベストの温度だった。日本三大ぬるま湯に選んでもいいくらいだ。

そんなわけで、途中体を洗いに行ったりもしたけど、2時くらいから5時くらいまでずーーっと入っていた。
私はもともと長湯する方だけど、たぶん今までで最長だろう。
それでも、ほとんど他の客は入ってこなかった。
平日だしね。雨降ってるしね。。

女湯はもっと奥まった上の方にあるみたいだけど、この温泉の構造上、男湯と女湯を入れ替えるのは無理だろうから、女性は十分にここの温泉を楽しめなくてちょっとかわいそうだなって感じでした。

あと。
この露天にはもうひとつ欠点というか欠陥というか。。があって。

上述の通り、部屋や屋上から普通に見えてしまうってのもあるけど、実はこの露天の目の前の海を、さっき言っていたクルージング用の遊覧船が普通に通って行くんだよね。
おそらくここから40~50mくらいの場所を横切っていく。

うーむ。おそるべし聴聞之湯(^^;。

-----

今日はホントは那智の滝(日本三大名瀑)も見に行って、内陸部に進む予定だったけど、長湯してしまったので予定変更。
近くに道の駅がなかったので、港付近で適当に駐車スペース探して寝ることに。

------------------------------

本日の走行距離:80km 累計走行距離:11,418km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

和歌

とりあえず行き先と写真のみ掲載。

------------------------------

■ラーメンまるやま 小松原店
 住所 和歌山県和歌山市小松原6-1-13
 電話 073-423-6071
 営業時間 11:00~翌3:00
 定休日 月曜(祝日の場合は翌日休)
 料金 中華そば550円/チャーシューメン800円
 駐車場 なし
 お勧め ★★★★☆

            20070313_812_ss

Bティ曰く、最もオーソドックスな和歌山ラーメン。

-----

■和歌山城
 住所 和歌山県和歌山市一番丁3
 電話 073-422-8979
 期間 通年
 営業時間 9:00~16:30(12~2月は~16:00)
 料金 天守閣350円
 駐車場 60台(有料)
 お勧め ★★★★☆
 特記 日本三大連立式平山城

 
           20070313_819_wakayamajo_filtered_s

昨日夜景で見た和歌山城へ。
今日は天気が良く(だんだん崩れていくんだけど)て空気も澄んでいたようで、天守からはかなり遠くまではっきりと景色が見えた。

           20070313_831_wakayamajo_filtered_s

この城は、天守と小さい天守(櫓)が連立した作りになっていて、日本三大連立式平山城の一つに数えられる。(他は姫路城、松山城)

           20070313_846_wakayamajo_filtered_ss

天守内部の展示物も一通り見て敷地内をぐるっと一周散歩。

-----

■ヒダカヤ
 住所 和歌山県和歌山市神前166-1
 電話 073-474-0754
 営業時間 9:00~19:00
 定休日 年中無休(但し1月1日~1月4日は休み)
 駐車場 あり
 お勧め ★★★★★

友人Bティととても関わりのある、地元で展開するスーパー。

Bティ曰く、野菜のドンキホーテ。
その名の通り、店内には雑然と品物が並んでいたが、値段はどれも格段に安く、特に野菜に関しては私が今まで知ってる相場の半額近いものもあり、実際この辺の(少なくとも和歌山市内の)どのスーパーよりも安く提供しているらしい。

-----

■番所庭園
 住所 和歌山県和歌山市雑賀崎629
 電話 073-444-6533
 期間 通年
 営業時間 8:00~17:00(4~8月は9:00~18:00)
 料金 500円
 駐車場 27台
 お勧め ★★★★☆

雑賀崎の西端に位置し、もともとは黒船の見張り所だったらしいが、現在ではその名の通り日本庭園となっており、海側には女島、男島、双子島が見渡せる。

           20070313_875_bansho_filtered_s

上の写真の左が女島、右が男島。
見ての通り、この時点でかなり天気は崩れていた。

ちなみに、雑賀(さいか)の名前でぴんときた人がいるかもしれないが、ここ雑賀崎は、戦国時代に最強と言われた鉄砲衆である雑賀党の拠点である。

-----

■ポルトヨーロッパ
 住所 和歌山県和歌山市毛見1525和歌山マリーナシティ内
 電話 073-448-0011(和歌山マリーナシティインフォメーション)
 期間 通年
 営業時間 10:00~17:00(時期により延長あり)
 料金 入園1400円/パスポート3500円
 駐車場 3500円(有料)
 お勧め ?

           20070313_888_port_filtered_s

数年前に開催されたリゾート博?(万博みたいなの)の折に作られたアミューズメント施設の一つらしい。
が。
すっかり閑散としていて人もほとんど見当たらなかった。
が。
こういうやっちゃった感が否めないリゾート施設はおもしろいから結構好き。
外観だけ見て歩いて隣にある温泉へ。

-----

■スパ・リゾート黒潮温泉
 住所 和歌山県和歌山市毛見1525和歌山マリーナシティ内
 電話 073-448-1126
 営業時間 11:00~24:00(受付は23:00まで)
 定休日 不定休
 料金 800円(タオル付きは1000円)
 駐車場 3500台(2時間まで無料)
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 お勧め ★★★☆☆

ポルトヨーロッパに隣接する温泉。
悪くはないが今まで入ってきた温泉に比べると少し劣るか。。
天気も悪かったしね。

-----

■北京料理 百楽 和歌山店
 住所 和歌山県和歌山市友田町5-18
     和歌山ターミナルビル ジョワ専門店5F
 電話 073-402-7541
 営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)
 定休日 無休
 駐車場 近鉄百貨店の駐車場(レストラン利用で1:30無料)
 お勧め ★★★★☆

和歌山駅前の近鉄百貨店内にある中華料理店。
値段は少々高めかもしれないけど、どれもおいしかった♪
ごちそうさま。

------------------------------

本日の走行距離:92km 累計走行距離:11,248km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

紀州

やはりとりあえず簡単に行き先など記載。

今日は、社会人の頃に同期だった友人Bティ(彼も昨年末に退社して、現在は地元和歌山で働いている)に会うため、和歌山へ向かう。
彼は、過去の記事でも一度登場している。

------------------------------

■野半の里(のはんのさと) 蔵乃湯 老鶴館(おいづるかん)
 住所 和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702
 電話 0736-22-1005
 営業時間 10:00~22:00
 定休日 無休
 料金 800円
 駐車場 150台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 源泉かけ流し、加温
 お勧め ★★★★☆

           20070312_800_nohan_ss

ちょっと変わった温泉施設。
温泉だけでなく、敷地内にはいくつかの食事処、土産屋、休憩所などが併設している。

もともとは、大正時代に酒蔵だった建物をそのまま移築して利用している。
よって、温泉も建物自体は新しく清潔感はあるのだけど、全体的にレトロな雰囲気で覆われていて不思議な感覚が楽しめる。

源泉は深さによって4種類あるらしく、そのうちの一つは日本でも4番目の濃度の温泉らしい。
その一番濃度が濃い源泉だけだととてもじゃないけど人が入ることができないので、異なる泉質と濃度を持っている他の源泉のお湯とうまくブレンドして利用している。

-----

和歌山市でBティと合流し、焼肉屋へ行く。

■本格熟成牛 千SEN
 住所 和歌山県和歌山市狐島262-4
 電話 073-480-3366
 営業時間 月~金 16:30~23:00(L.O.22:30) 
        土日祝 15:30~23:00(L.O.22:30)
 定休日 無休
 駐車場 100台
 お勧め ★★★★★

値段の安い肉から高い高級な和牛まで一通り揃っている。
焼肉の味自体もさることながら、この店の驚くべきは、その部位の種類の細かさである。

私は牛の中でも、サガリ、またはハラミが好きなのだが、今までこの二つの肉は、味もほとんど同じなので、呼び方が違うだけで同じ部位の肉なのかと思っていた。

どの焼肉屋に行っても、サガリとハラミのどちらか一方しかメニューに載っていない、というのもそう判断していた根拠のひとつである。

が、この店にはサガリとハラミが両方載っていた。
そして、それぞれの部位の説明もされていた。

サガリもハラミも横隔膜の肉には違いないのだが、どうやら、サガリというのがハラミを下から支えている部分の肉のことを言うらしいようなことが書いてあった。(ような気がする。。多分。)

まぁ、種類が細かいだけの焼肉屋なら他にもあるのかもしれないけど、味も十分においしく、自分の家の近くにあればまた来たいと思わせてくれる、そんな店だった。

-----

行き先だけ書くつもりが、結局いろいろ書いてしまった。
帰りに、夜のライトアップされた和歌山城を見ていった。

           20070312_810_wakayamajo_e_filtered_s

ライトアップされた城と言えば、私がこれまで見た中では、小田原城、松本城、とどちらも甲乙つけ難いくらいきれいだった。

この和歌山城はどうかと言うと、山(丘)の上に建てられているので、堂々としているだけでなく、上方にポワっと浮かびあがる様は、どことなく気品さであふれていて、さらには、あらゆる方向から眺めることができるので、いろいろな見方ができ、そういう意味でも前述した二つの城にはない魅力を楽しむことができる城だと思った。

ひとつ余談にはなるが、ライトが他の二つの城に比べると少し強いため、少なくともコンパクトデジカメでは、長秒時の露出には耐えられないので、夜景撮影には不向きかもしれない。と思った。

ちなみに、これで21県目(1道1都2府17県目)突入である。

------------------------------

本日の走行距離:99km 累計走行距離:11,156km

| | コメント (0) | トラックバック (1)