2007年3月30日 (金)

悲しき命を奪い去ったと云ふ

【今日の天気】曇りのち晴れのち曇り

今日は、不覚にも昼過ぎに起きて、かつ天気が悪かったので平日だけど移動しないことに。

だんだん北上してくにつれて、車ん中がいい感じの寒さで保たれるからなかなか朝起きれないんだよね。。
北海道のときは寒すぎて寝てらなくて、関西では、日が出ると暑くなって寝てられなかったんだけど。

とか思ってたんだけどだんだん晴れてきたので、少し移動してとりあえず次の目的地、親不知(おやしらず)に行って様子をみることに。

ってことで、やってきました新潟県。
これで累計26県目(1道1都2府22県目)。

少なくともこの第二部では、これが最後の新しい県だと思われる。

------------------------------

■親不知
 (※情報は道の駅「親不知ピアパーク」)
 住所 新潟県糸魚川市大字外波903-1
 電話 025-561-7288
 期間 通年
 営業時間 各種店舗等は~18:00
 料金 無料
 駐車場 398台
 お勧め ★★★☆☆

親不知。
ここの地名は、中学校の時に「親知らず子知らず」って曲名の歌を合唱で唄ったときに知った。
すごい悲しい内容の詩で、中学生ながらになんで合唱コンクールでこんな曲が度々選曲される(私の姉も中学の時にこの曲を歌ったらしい)のだろうと疑問に思ったものである。

その地名の由来については、

-----

【親不知子不知】

一説では、断崖と波が険しいため、親は子を、子は親を省みる事ができない程に険しい道である事から、とされている。

又、以下のような伝承もある。

壇ノ浦の戦い後に助命された平頼盛は越後国蒲原郡五百刈村(現在の新潟県長岡市)で落人として暮らしていた。

この事を聞きつけた奥方は、京都から越後国を目指して、この難所に差し掛かった。
しかし、難所を越える際に、連れていた子供が波にさらわれてしまった。その時、次の歌を詠んだ。

  親知らず、子はこの浦の波枕、越路の磯の泡と消え行く

以後、その子供がさらわれた浦を「親不知」と呼ぶようになった。

             (※フリー百科事典「Wikipedia」より抜粋)
-----

とのことで、先の合唱曲もこの伝承が元に作られている。

その由来の通り、ここは断崖が延々と連なっていて、日本海の荒波がその断崖に激しく打ち寄せる場所なので、当時の越中(富山)越後(新潟)間を行き交う人たちにとっては、最大の難所だったそうだ。

現在では、国道や北陸道(高速)が整備されているので、なんてことはない、安全に車で通行することができる。
そして、「親不知ピアパーク」というのん気な名前の道の駅までができていて、そこから親不知の荒波の海岸へ降りることができる。

さっそく、私も車を停めて海岸に足を運んでみた。

風はほとんど吹いていないし雨が降ったわけでもないのに、確かに波はかなり高くて、波打ち際まで行くと、波が押し寄せる轟音が体にまで響いてきた。

           20070330_105_oyasirazu_filtered_s

うーん。。
写真じゃなかなかこの波のすさまじさは伝えづらいなぁ。
ってゆーか、それを伝えるだけの写真の技術がない。。
ドドドドドーッ!ってすごい音立てるから結構怖いんだよ。

           20070330_145_oyasirazu_filtered_m

。。。
うーん。。伝わらない?
だよねー。。
それじゃ、これは?

           20070330_119120121_oyasirazu_mix_2

ドッ!
パー!
ッン!

って。。。だめか。。
っつーか効果音、口で言っちゃってるし。。

何にしても、天気悪くなくても(雨風がなくても)これなんだから、荒れたらすごいことになるんだろうなぁ。

とにかく、あんまりゆっくり海を眺めて過ごすって感じの場所でもない(むしろ怖くて落ち着かない)から、ここは後にすることに。

っても、もう時間も時間で、ホントは今日は上越の春日山城跡に行こうかと思ってたけど、日も傾いてるし、春日山城はその名の通り山城で短時間で見て回れるところでもないから、今日はとりあえずここのみ。

で。
実は、ここ親不知は夕日の名所でもある。

んで、ここから見てもいいけど、ちょっと怖い(どんだけびびってんだ。。)から、近くの高台にある展望台に行ってみることに。
この道の駅から車で数分、少し富山方面に戻ると国道沿いにある。

そこで、写真を撮りながら落ちていく夕日を待つ。
下の写真は17:30くらい。

               20070330_198_oyasirazu_filtered_s

さっきの親不知海岸で写真を撮ったときに、飛び散ってくる潮をかなり受けていたので、レンズが汚れてしまってそのままで撮ってしまった。

でも、そのおかげで、光がピカピカと拡散して、これはこれで結果オーライと言えるかもしれない。。

               20070330_317321_oyasirazu_pano_filtered_

この写真は、日没直前。18:00くらい。
確かにきれいだー♪
日本海側って、地理的に海に沈んでく夕日がほとんどだから、自然と夕日の名所も至るところにあるんだよね。
でも、夕焼けに関しては、湿度とか気圧とかも関係してるだろう(多分)から、海に沈む夕日ならどこでもキレイってわけでもないのかなぁ(不明)。

           20070330_339_oyasirazu_filtered_m

これは、その展望台にある銅像。日没直後。
前述した子供が波にさらわれてしまう伝承を元に銅像にしたもの(だと思われる)。

-----

日も沈んだことだし、温泉探してさらに日本海を進む。
これからの進路は上越を南下して長野に入って山梨に帰るんだけど、上越にはあまり温泉がないので、中心地を少し(10kmほど)通り越したところの温泉に行く。ここは道の駅にもなっている。

■ゆったりの郷

 住所 新潟県上越市吉川区長峰100
 電話 025-548-3911
 営業時間 10:00~22:00(10~4月は~21:30)
 定休日 月曜(祝日の場合翌日休)
 料金 600円
 駐車場 115台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 一部源泉かけ流し
 お勧め ★★★★☆

結構大きな施設だけど、意外とすいていた。5~6人程度。

源泉はちょっと泥臭い感じで、色も泥色に濁っていて、ドローっとちょっとぬめってる感じ。
無色無臭よりもこういう方が温泉って感じがして好き(気分的に)。

あと、ここには、日替わりの薬草湯の浴槽も内湯に2種類用意されていた。
割と満足。

-----

さて、ちょっとAIREDGEについて言いたいことがある。
興味がない人は、以下は読まない方が身のためだ。

【AIREDGEとFOMA】

で、今日はここの道の駅で一泊したんだけど、ここはAIREDGEの電波がかなり弱い。

AIREDGEに変えて2週間くらい使ってみて気付いたのは、AIREDGEは電波状況がかなり悪い、ということである。

県庁所在地レベルの大きな街の中だったらまず問題なく快適に使えるんだけど、少し街を離れて田舎に入るとすぐ電波が弱まり、最悪全くつながらなくなる。

人口カバー率99%とか謳っているから、電波に関してはほとんど問題ないのかなーと思ってたんだけど全然問題あり。

そもそも、道の駅って長距離ドライブの休憩所みたいな役割があるから、ちょっと街から離れていたり、下手すると周りに家がほとんどないようなところにあったりする。
そうなるとAIREDGEはほとんどアウトだ。

人口99%も嘘ではないのかもしれないけど、ちょっと田舎に入ると、割と民家が密集している集落のような場所でも全くつながらない、なんてことがこの2週間の移動中でも何度かあった。

まぁ、幸い私は今まで使っていたFOMAのプロバイダ契約も解約していないので、そんなときは即座にFOMAに付け換えることによって問題なくインターネットやブログ更新ができてるから助かってるけどね。

そこでもう一つわかったのは、FOMAの電波エリアの広さだ。

携帯電話の比較では、FOMAは電波状況が悪いなんて度々耳にするけど、AIREDGEに比べたら遥かにその範囲は広い。

私が年末年始にバイトしていた北海道のトマムのような超山奥の民家がほとんどないようなところでもFOMAは電波が拾えた。
(と言ってもアンテナ1~2本だったけど)

AIREDGEも人口カバーを優先してるのかどうかわからないけど、全国に数百箇所程度しかない道の駅くらいは、先んじてアンテナを設置して欲しいものである。
高速のPAやSAはほとんどアンテナがあるようだが、運転中の通話が違法になった今、道の駅だって、その役割を考えれば需要はそれなりに高いはずなんだからね。

ちなみに、通信速度に関しては、AIREDGEも都心部ならばそれなりの速度が出るのかもしれないんだけど、断然FOMAの方が速い。

契約プランにもよるけど、私のAIREDGEは一番速い方のプランで128kbpsである。
機種によってはその倍にまでできるらしいけど、それでも256kbpsだ。

一方FOMAのパケット通信の速度は384kbpsである。
私の機種はそれが限界(のはずなんだけど、たまに400以上出ることがある)だけど、機種によっては3.6Mbpsまで出るとのことである。
そこまでいったらもうブロードバンドと言ってもいい速度だ。

電波エリア&通信速度では、完全にFOMA>AIREDGEである。

が。それでも私は先日AIREDGEに変えた。
FOMAには最大のデメリットがあるからだ。
それが、料金体系。

FOMAにはつなぎ放題のプランがないのである。
パケット通信はその情報量に応じて料金が課金されるシステム。
速いのはいいけど、今の私のように毎日数時間使うような生活をしているとあっという間に料金が驚くべき額に到達してしまう。
(いずれつなぎ放題プランも間違いなくできるんだろうけど。。)

ということで、AIREDGEとFOMA、どちらも一長一短があるが、常に全国を移動している現在の私のような状況では、「基本AIREDGEだけど、つながらない時だけFOMA」という使い方が、現状では一番ベストだと思われる。

という長い独り言。

-----

明日は春日山城跡に登るぞーぅ。

------------------------------

本日の走行距離:114km 累計走行距離:13,151km

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年3月29日 (木)

ほたるいか発光ショー

【今日の天気】 くもり

今日は特に行ってみたいところもなかったので、海沿いを移動だけすることに
知らない土地を運転するのは楽しいので、別にどこにも寄らなくても車窓から景色を見ながら走っているだけでも十分に楽しめる。

------------------------------

途中、滑川(なめりかわ)というところにある道の駅で休憩。
ここらへんは、ほたるいかの群生地らしく、この道の駅でもほたるいかミュージアムという施設が入っていた。

■ウェーブパークなめりかわ(道の駅)
 (※情報は「ほたるいかミュージアム」)
 住所 富山県滑川市中川原410
 電話 076-476-9300
 期間 通年
    活きたほたるいかの発光ショーは3月20日~5月31日
 営業時間 9:00~17:00
 定休日 6月1日~3月19日の火曜、年末年始
 料金 800円
 駐車場 百数十台
 お勧め ★★★☆☆

3~5月くらいがほたるいかの漁獲時期で、この時期はここのミュージアムで本物のほたるいかの発光を見れるということなので見ていくことに。

但し、料金は800円。
15分くらいで終わりなので結構割高。

ショーと言ってもそんな大したものではなく、前半はスクリーンに映し出されたほたるいかの説明VTR。
その後、実際のほたるいかの発光を見るという構成。

さて、会場に入ってみると客は私一人しかいない。
まぁこういうのには慣れたけど。。

しばらくすると、部屋が暗くなり、司会の女性の人が入ってきて「ご来場の"みなさん"。今日は~~~」としゃべり始める。
まぁ私一人しかいないんだけどね。。

後半に、ほたるいかが入っている水槽の網を力いっぱい持ち上げて、網を水から上げるとほたるいかが一斉に光りだす。
これは確かにキレイだ。
蛍を見たことはないんだけど、結構明るい光で水槽の中のたくさんの(100匹以上いるかも)ほたるいかがキラキラと緑っぽく光る様はなかなか幻想的な光景だった。

ただ、網を上げるときに、司会のお姉さんが子供を相手にして言うように、「いちっ!にぃのー!さーん!」って必要以上に元気いっぱいに言うのでちょっと恥ずかしかった。。
ってゆーか、普通は大人一人で来るようなところではないのだろう。
なんかちょっと申し訳ない気持ちになった。。

ところで、ほたるいかは、敵を驚かせるために、目くらましとして発光するそうである。
また、網を上げたときに光るのは足の先だけなんだけど、しばらくして足の強い光が消えていくと今度は体全体がぼんやりと薄く光っているのが見えてくる。
これは、体を薄く光らせることで太陽光に溶け込んで自分を見えなくする保護色の役割を持っているということである。

ちなみに写真撮影は禁止でした。

以上。
ほたるいかミュージアム。

-----

■バーデン明日(あけび)
 住所 富山県下新川郡入善町舟見1677-1
 電話 0765-78-2525
 営業時間 9:30~21:00
 定休日 不定休
 料金 500円
 駐車場 80台
 露天 あり(この日は入浴不可)
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 一部源泉かけ流し
 お勧め ★★★☆☆

ここは、泊まることもできる施設なんだけど、どちらかというと共同風呂のような雰囲気の浴場で地元の常連客でにぎわっていた。

この日は配管工事をやってるとかで露天は入浴不可。
ということで評価も低目。

------------------------------

本日の走行距離:110km 累計走行距離:13,037km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

勇仁智

【今日の天気】晴れときどきくもり

今日は、まずは安宅(あたか)の関所跡に行く。

------------------------------

■安宅(あたか)関跡(勧進帳ものがたり館、安宅住吉神社)
 住所 石川県小松市安宅町ヨ132
 電話 0761-21-6734(安宅観光協会)
 期間 通年
 営業時間 9:00~17:00(勧進帳ものがたり館)
 定休日 水曜(勧進帳ものがたり館)
 料金 300円(勧進帳ものがたり館)
 駐車場 数十台
 お勧め ★★★☆☆

           20070328_863_ss

名前からもわかるように、ここはもともと関所があったその跡地だ。

時は、平安時代末期。
源義経にまつわる話である。

有名なエピソードではあるが、簡単にあらすじを記載しておこう。
但し、義経の話は過去の記事でも何度も出てきているので、記載内容には以前書いた記事と重複する部分があることを断っておく。

-----

【安宅の関と勧進帳】

壇ノ浦の戦いで、ついに平家を滅ぼした源義経だったが、後白河法皇から官位を授かることをきっかけに、兄頼朝から追われる身となってしまう。

頼朝は、義経を捕らえるために全国各地に守護地頭を置いて、関所が設けられた。その一つが安宅の関である。

義経一行は静御前を連れて、いったん吉野の山奥に身を潜める。
(※このときの話が、過去の記事「しづやしづ」で記載した静御前との別れのエピソードである)

そして、義経や弁慶らはそこで山伏姿に扮装して、奥州平泉の藤原秀衡を頼り、北陸道を通って北上していこうとする。

だが、安宅の関で、その関守(せきもり。関所の番人)である富樫泰家が、彼らに疑いをかけ尋問をする。
義経一行が山伏姿で逃げていることは知っていたからである。
(※ここからは、実話ではなく歌舞伎の「勧進帳」の内容である)

そこで、弁慶が、何も書かれていない偽の勧進帳(寺院や仏像を建立する費用を寄付してもらうための帳面)を空で読み上げることによって、自分たちが東大寺再建のためにつかわされた僧であることを主張する。

弁慶の機転により通行を許された一行が関所を通過しようとすると、関守の富樫が「おい、ちょ待てよ。お前義経に似てんじゃねーの。」と言って一行を呼び止める。

すると今度は弁慶が「ちょ待てよ。またお前のせいで足止め食らったじゃねーか。」と怒りながら、山伏姿の義経を金剛杖で叩き付ける。

私の知っている勧進帳の話は、この弁慶の行為によって関守がすっかりだまされて無事に通過することができた、というものだが、どうやら歌舞伎のそれはそうではなく、富樫は、弁慶の主(義経)を想うその忠誠心の深さに心を打たれて、それが義経だと気付いていながらも騙された振りをして通行を許す、という内容のようだ。

(※私が昔見た義経のドラマ(2種類ある)では、それぞれがどうだったかは覚えていないけど、幼かった私は(って言っても中学生くらいだけど)、優しかった弁慶がどうして急にそんなむごい仕打ちを義経にするのだろう、とただただショックを覚えたものである。
でも、この次のシーンでさすがの馬鹿な私もその弁慶の行動の真意を知ることになるわけである。)

その後、無事に関所を通過した一行がお寺の一角で足を止め、そこで弁慶が、いくら関所を通るためとはいえ、主(義経)を打ち据えるという無礼極まりないことをしてしまったことを涙を流して詫びるのだ。

そんな弁慶に対して、義経は怒るどころか、こんなにも忠義に厚い部下を持つことができてこの上ない幸せだ、(なんて台詞ではないだろうけど)そんなようなことを言って弁慶を許し、むしろより一層の信頼を深めるというわけだ。

ちなみに、歌舞伎の「勧進帳」では、その後富樫が追いかけてきてみんなで酒宴をする、というあらすじらしい。。それはちょっとやり過ぎな気がするけど。。

その後、義経一行は無事に奥州平泉へと辿り着くことができたけど、義経の運命はそこから悲劇の最期へと向かっていくのである。
(※その辺のあらすじは、過去の記事「夢の跡」に記載)

-----

余談だが、忠臣蔵でも、この勧進帳と似たシーンがある。
大石内蔵助が江戸入りするときに「道中手形」を読み上げるシーンだ(読み上げるんじゃなくて相手に見せるんだったかも)。
私は、忠臣蔵は全く知らなかったけど、今回の旅の途中で、友人に年末スペシャルで昔やってた忠臣蔵のビデオを見せてもらったら、確かに勧進帳のそれと同様のなりゆきだった。
こちらもかなりの名演技の名シーンだ。

さて、日記に戻るけど、ここにはその勧進帳のまさにそのシーンの銅像が建っている。

           20070328_857_togashi_s

わかると思うけど、左が義経、真ん中が弁慶、右が富樫である。

それから、ここには「勧進帳ものがたり館」という建物があり、勧進帳の内容を説明するミニシアターだとか、歌舞伎で実際に使われた衣装を展示している施設があるんだけど、今日は休館だった。がっかり。

あと、安宅住吉神社という神社もあって、そこの社殿には、勧進帳の様子を描いた絵(江戸時代のものだったと思う)が何枚か展示されていた。

           20070328_874_sumiyoshi_ss

また、ここは訪れると巫女さんが、親切にその絵や勧進帳の説明などをしてくれる。もちろん無料で。

ということで、あまり万人に勧める場所ではないけど、義経や弁慶が好きな人ならば是非訪れてもらいたいところである。

-----

その後、金沢に向かう。
安宅から金沢はそんなに遠くない。1時間かからなかったかな。

ここには、日本三名園のひとつ「兼六園」があるので行ってみた。
ちなみに、あとふたつは岡山の後楽園と水戸の偕楽園。

■兼六園
 住所 石川県金沢市兼六町1
 電話 076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
 期間 通年
 営業時間 7:00~18:00(10月16日~2月末日は8:00~16:30)
 定休日 無休
 料金 300円
 駐車場 あり(有料)
 お勧め ★★★★☆
 特記 日本三名園

           20070328_954_kenrokuen_s

そんなに興味があったわけではないので事前調査もせずにいったけど、江戸時代に加賀藩の庭園として、五代藩主の前田綱紀が作ったのがその始まりだそうである。

梅林の梅が満開だったが、桜はまだのようだ。
そろそろどこかで桜前線とぶつかってもよさそうなものだが、なかなかこれぞ桜、という桜にはまだ出会っていない。
(伊豆の河津桜は例外で2月に満開だったけど。)

庭園はかなり広く、庭、というより、公園といった趣きである。

天気がいいので園内を散歩しているだけで気持ちがいい。
写真を撮りにここに来ればとりあえず被写体には困らないから、一日中でも撮っていられるだろう、といった感じ。

           20070328_895933_kenrokuen_mix

とか言ってまた撮りまくってたら、バッテリーが切れかかる。。
これから金沢城公園に行くのに(>_<)。。

-----

■金沢城(金沢城公園)
 住所 石川県金沢市丸の内1
 電話 076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
 期間 通年
 営業時間 7:00~18:00(10月16日~2月末日は8:00~16:30)
      五十間長屋・橋爪門続櫓は
      9:00~16:30(入館は~16:00)
 定休日 無休
 料金 入園無料(五十間長屋、橋爪門続櫓は共通300円)
 駐車場 あり(有料)
 お勧め ★★★★☆

兼六園とは、大きな通りを跨いだ隣に位置する。
かつてはこの間の通りは「百間堀(ひゃっけんぼり)」と呼ばれる広大な堀だったそうである。

その百間堀だった通りに架けられているのが石川橋、その石川橋を渡ったところにある金沢城公園への入り口が、搦手門(からめてもん。裏門のこと)であり、重要文化財でもある石川門だ。

           20070328_997_ishikawa_s

過去に大火で焼失したことがあるので、現在の遺構は、天明8(1788)年に再建されたものである。
形は、櫓と櫓が長屋でつながっている枡形門(ますがたもん)で、石垣はカラフルで、左右で異なる組み方がされているが、その理由は不明とのこと。

この後見る、遺構である三十間長屋や、最近復元された五十間長屋もそうなのだが、目を引くのは「なまこ壁」と呼ばれる独特な格子模様の壁と、白く光った屋根である。

どちらもこれまで見てきた城郭建築では見たことがなかったものである。
壁に関しては、似たような外観の壁をなんとなくどこかで見たことがあるような気がしないでもないけど、屋根が白い(実際は白く変色している)というのは、かなり違和感を感じる。

瓦というのは黒いのが普通である。白い瓦屋根なんて聞いたことも見たこともない。

否。

実は、ここの長屋や門に使われているのは普通の瓦ではなく、鉛瓦なのである。
1~2センチ厚の鉛板を瓦のように模して屋根に配してあるので、厳密には瓦ではない。でも鉛瓦と呼ぶらしい。
実際には、鉛に銅をいくらかの割合で混ぜて強度を高めて腐食を防止しているとのこと。

その鉛が雨風に晒されて、ところどころ白く変色しているので遠くから見ると屋根が白く見えるようである。

屋根の説明はさておき、この金沢城、最初に築城したのは戦国末期の佐久間盛政という人だが、歴史的に有名なのは、賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いの後に入城し、加賀百万石の礎を築いた前田利家だ。

-----

【利家とまつ】
(また後日。。かな。。。)

-----

ちょっとながくなってきたので、後半はまた後日更新。。。

-----

■埴生護国八幡宮(はにゅうごこくはちまんぐう)
 住所 富山県小矢部市埴生2992
 電話 0766-67-1220
 期間 通年
 参拝時間 参拝自由
 料金 無料
 駐車場 あり
 お勧め ★★★☆☆

               20070328_023_hanyuu_s

もう暗くなってたけど源平争乱ゆかりの地だから素通りできず。
源平合戦のひとつである倶利伽羅峠の戦いの際に、源義仲が戦勝祈願したことで知られる神社。源義仲の像がある。
倶利伽羅峠を越えて富山に入ってすぐの山間に建つ。

富山県。
これで25県目(1道1都2府21県目)に突入。

-----

【木曽義仲と倶利伽羅峠の戦い】
(やっぱ後日。。だなぁ。最近源平関係が多いな。。)

-----

■天然温泉 湯来楽(ゆらら)
 住所 富山県砺波市五郎丸622-1
 電話 0763-33-2188
 営業時間 10:00~24:00(受付は~23:00)
 定休日 無休
 料金 800円(岩盤浴は600円)
 駐車場 190台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 一部源泉かけ流し
 お勧め ★★★★☆

ちょっと割高だけど、設備充実。
源泉は薄い褐色。
別料金で岩盤浴もできる。
お金ないからもちろん私は入浴のみだけど。。

------------------------------

本日の走行距離:101km 累計走行距離:12,927km

| | コメント (0) | トラックバック (1)