2007年2月10日 (土)

世界遺産なんつって

今日は天気も悪くて、イマイチ気分が乗らなかったんだけど、結局、日光東照宮へ行くことに。

------------------------------

途中、温泉に寄っていく。

■東照温泉 旅籠福田屋(はたごふくだや)
 住所 栃木県日光市大渡624-4
 電話 0288-21-8876
 営業時間 10:00~21:00
 料金 600円(土日祝は700円)
 駐車場 200台
 露天 あり
 無料休憩所 あり
 ぬるめの浴槽 なし
 特記 源泉かけ流し
 お勧め ★★★★☆

ここは日光市に入ってすぐ、鬼怒川温泉に程近い場所にある温泉。
ちょっと割高だけど、落ち着いていて露天も結構広いのでなかなか良いです。

-----

日光東照宮。
徳川家康を祀った神社である。

■日光東照宮
 住所 栃木県日光市山内2301
 電話 0288-54-0560
 営業時間 8:00~16:30(11~3月は~15:30)
 料金 1300円
 駐車場 150台(500円/日)
 お勧め ★★★★☆
 特記 世界文化遺産(日光の社寺)

ここに来るのは3度目。
いつも東照宮しか見ないから今回は二荒山神社と輪王寺もお参りして行こうと思ったら、東照宮だけで1300円(>_<)、そんなにしたっけ!
それ支払ったらなんと財布の中身は300円足らず。。。

危うく東照宮も見れないところだよ。
前述したとおり今日は気分が乗らなかった(たまにこういうときがある)ので、お金を下ろしに戻ることもせず、今回も東照宮だけ参拝することに。

           20070210_222_gojuu_filtered_s

五重塔ですね。
まず入り口の鳥居をくぐるとこの五重塔が出迎えます。
周りには杉の木が生い茂っていて、五重塔の赤い装飾とのコントラストがキレイ。

           20070210_232_sansaru_ss

はい。
これが有名な三猿で、左から「怯えざる、やる気ないさる、やけに左腕が長いさる」です。
うそです。

           20070210_236_ss

「見ざる言わざる聞かざる」ね。
これは「神厩(しんきゅう」という建物にある彫刻。
神厩は、家康が乗ったという馬の厩舎。

この猿の彫刻は見ざる言わざる聞かざるだけが有名だけど、上の二つは、実は合計8種類ある彫刻のうちの二つ。
それら8種類の彫刻は、猿が馬の健康安全を守るという信仰の元に彫られたもので、左から右に向かって順に、生まれてから死ぬまでの一生のストーリーになっているらしい。
でも、そのことは後で知ったから結局ちゃんと見なかった。。。

-----

           20070210_260_toshoguu_filtered_s

これは最も有名な陽明門。
日光東照宮というと必ずこの門の写真が出てくる。

当時の技術の集大成とも言えるこの門には、なんと500以上の彫刻がある。

一際目を引くのが竜なのだが

           20070210_265_kirin_edit_s

これは門の上の方の額の両側に彫られているもの

        20070210_275_ryuu_edit_s

これはもう少し下の白い横木に彫られているもの

どれも同じような竜に見えるけど、実は普通の竜は下の写真の真ん中に彫られているものだけで、上の写真の額の両側にいるのは、麒麟だ。キリンビールの麒麟。これには竜のような鱗がない。

下の写真の両側にいる、正面を向いているのは竜ではなく竜馬。
だから足に爪ではなく蹄がある。

このようによく観察するとそれぞれが違った特徴を持っているので、その違いを見ていくだけでもおもしろい。

が。
実は、私はそういうことは後から知ったので、ここを訪れたときはその辺に注意して見ていなくて、この記事を作成するときに写真で確認したのだ。。
写真がお粗末なのはそのためである。。。

ここには記載しないが、これら彫刻や建物には他にもたくさんの工夫が凝らされていて、そのことを事前知識として知っているといないでは、楽しみ方も段違いだろう。

世界遺産なんつったって、特に知識もないまま来ちゃうと、あぁ彫刻がたくさんあるねーキレイだねー細かいねー程度で終わっちゃうんだよね。。
で、終わっちゃったんだよね。。。

-----

あとは、眠り猫とか鳴竜とかいろいろ有名なものも一通り見て、200段程度の石段を登ったところにある奥社(おくしゃ)の拝殿(はいでん)もお参り。

ここには宝塔(ほうとう)という高さ5メートル程度の石の塔があり、そこに家康の神柩(しんきゅう)、つまりは遺骸が祀られている。

この一番高いところにある奥社でおみくじをひいた。
出たのは「上吉」。

前回来た時と一緒だ。
前回も全く同じところでひいて、初めて「上吉」というものをひいたのでよく覚えている。大吉の次にいいらしい。

上吉だけあって書いてあることもすべていいこと尽くし。
旅行も「早く行くが良い」だってさ♪

-----

その後は特にどこも寄らずに(華厳の滝や中善寺湖さえも)、一直線に霞ヶ浦へ。そろそろ海側に出たくなったというだけ。

明日は海岸沿いだから晴れるといいんだけど。
現在かなり強く雨が降っていて、さっきは雷まで鳴っていたから明日が心配だ。。

あ。ちなみに、霞ヶ浦なので、本日、7県目(1道6県目)、茨城県に突入である。

------------------------------

本日の走行距離:200km 累計走行距離:8,079km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月14日 (火)

融通がきかない手続きたち

始めに一つ断っておくと、今回の記事は、かなり個人的なメモに終始しているので(後半はただの愚痴みたくなってるけど。。)、第三者の方は、その旨を了承の上で、それでも読みたい場合は読んでいただきたい。

------------------------------

今日は、一通りの公的手続きを済ませて、、くるつもりだった。

とりあえず、今日必要になるであろう何枚かの証明写真を撮ってから、まずは、警察署。

免許証の住所変更だ。
身分証明書として保険証を持っていくが、住民票の変更を行っていない(転入手続き)ことを告げると、即門前払い。
まずは、住民票を移して来いと。。
保険証の住所はもう移ってるからダイジョブだと思ったんだけど。。

住民票を移すには身分証明書が必要だから、まずは免許証(身分証明書)の更新が先だと考えたのだが、住民票を移すときに必要な身分証明書は、記載されている住所は前の住所のもので問題ないということ。なんかややこしい。

次。市役所へ。

(1)住所変更(転入手続き)
 ・申請場所:
   市役所(支所で構わない)
 ・申請に必要なもの:
   ①前の住所での転出証明書
   ②免許証(などの身分証明書)
   ③印鑑

住所変更は問題なく終了。続けて、会社を辞めてしばらく無職になるので、

(2)国民年金加入
 ・申請場所:
   (1)に同じ
 ・申請に必要なもの:
   ①印鑑
   ②(年金手帳(※1))
   ③退職日がわかる書類?(※2)
   ④(多分)免許証(などの身分証明書、けど、(1)で提示済み)

※1 以前に国民年金に加入している場合は、本当は必要なのだが、なくても大丈夫だった。基礎年金番号が知りたいみたいで、それは勝手に調べてくれた。
※2 これは必要かどうか結局わからない。けど、今回は少なくとも、次々項目④でも必要だったから提示した。雇用保険被保険者離職票(離職票-2)、または、雇用保険被保険者資格喪失届(離職票-1)などがあればOK。

加入手続きはすぐ終わったけど、全額免除申請するかどうか聞かれたので、そりゃするでしょ、ということで③。(基本的に年金制度のことはあまり知らない)

(3)国民年金免除申請
 ・申請場所:
   (1)に同じ
 ・申請に必要なもの:
   ①印鑑
   ②(多分)免許証(などの身分証明書、けど、(1)で提示済み)
   ③所得証明書(※3)

※3 こいつが曲者。普通はこんなのもらってない。
県外から引越してきた場合は、前の住所の市役所に問い合わせて、郵送申請なりして取得しないとならない。

ということで、所得証明書なんて用意してなかったから、(3)免除申請はとりあえず保留。明日、以前の住所の市役所に問い合わせることに。

(4)国民健康保険加入
 ・申請場所:
   (1)に同じ
 ・申請に必要なもの:
   ①印鑑
   ②職場の保険をやめた証明書(※4)
    (または、退職日がわかる書類)

※4 私の会社の場合は健康保険喪失・削除証明書と呼ばれるものがこれに相当する。
本当は上記書類が必要なんだと思うけど、今回は退職日がわかる書類の提示で大丈夫だった。なぜだろう。。

だが、結局、国民健康保険は加入せず。というのも、私は、父の扶養家族ということになり、数日前、父親の会社の健康保険(いわゆる社会保険)に加入済みだったからだ。
ただ、これだと、保険証が一つになってしまうから、私のように長期間旅行で離れる場合などは不便で仕方がないけど。。

以上、市役所。
早速新住所の住民票だけ出してもらって、再度警察署へ。

(5)免許証住所変更
 ・申請場所:
   県内の警察署(どこでも可)のほか、運転免許課
 ・申請に必要なもの:
   ①変更後の住所がわかる書類
    (住民票、保険証、公共郵便物等)
   ②証明写真
   ③免許証
   ④(印鑑?いらなかったかも。記憶にない)

今度こそ免許の住所変更完了。
次は、職安、つまりはハローワークへ。

(6)失業保険の給付申請
 ・申請場所:
   自分の住所を管轄してるハローワーク
 ・申請に必要なもの:①~③は退職時に会社からもらう
   ①雇用保険被保険者資格喪失届(離職票-1)
   ②雇用保険被保険者離職票(離職票-2)
   ③雇用保険被保険者証(※5)
   ④印鑑
   ⑤写真付の身分証明書(免許証、住民基本台帳カード等)
   ⑥証明写真2枚
   ⑦本人名義の普通預金通帳(※6)

※5 これはいらなかったかも知れない。
必要な書類と聞いていたので持って行ったが、再就職のときまで持っててくれ、とすぐに返された。
※6 郵便局・インターネットバンク・外資系金融機関などは不可。

(1)~(5)は、ほとんど待ち時間なしだったが、さすがにここは結構待たされた。

実際は、失業保険の申請の前に、「求職の申し込み」手続きをしないとならない。
あたりまえだけど、就職意欲もないようなやつには失業保険は払えないということだ。
その関係かどうかはわからないけど、給付がもらえるまでの手続きは結構面倒くさい。

まずは、近々説明会とやらがあって、それに参加して、その後、決められた日の決められた時間帯(認定日、と言うらしい)に各種手続きのために、実際にまたハローワークに足を運ばないとならないのだ。この認定日が支給開始までに2回あって、支給後も一ヶ月毎に1回ある。

何が面倒って、何回も来ないとならないのも面倒だし、何より、日にちも時間も指定されていることだ。
基本こっちは仕事してないんだからいつでも暇でしょって言われたらそれまでだけど、てか確かにそうだけど、なんでちょっと手続きするために時間まで指定されなければならないのだろう。
しかも、その日が都合悪かったらどうするのか、と聞いたら、基本は変えることはできない、でも早めに連絡くれれば、時期を遅らせることはできないけど(これも意味がわからない)、少し早めの日に設定することはできる。らしい。

とにかく、その認定日に来ないと支給時期はどんどん遅れるということ。

しかも、この手続きは絶対に自分の住所を管轄するハローワークじゃないとダメ。
私のように長旅に出る人間のことは全く考慮されていない。
この時点で、失業保険は半ば諦めるしかないかなと思った。

なんでそのくらいの融通がきかないんだろう。

住所がない土地でも同じ日本なんだから、同じハローワークという組織なんだから、情報共有して、手続きも各地でできるようにすればいいのに。
長旅に出ないとしても、とりあえず生活費もかかるから実家には帰ってきたけど県外で就職したい、って人だって山ほどいるはずなのに。

さらに、このハローワークには求人を公開している専用の端末が数十台設置されていて、みんなこの端末を使って求人情報を探せる仕組みになっているのだが、なんと驚いたことに、この端末では県内の情報しか公開していない。
なんで、これも全国のハローワークで連携して情報を共有できないのだろうか。

県外の求人情報が知りたければ、家に帰ってインターネットのハローワークのページで検索すればすべての情報を見ることができると言う。
だったら、最初からここに来て検索する意味はないんじゃないか、と思うけど、見渡す限り専用端末はほとんど埋まっていた。使用している人たちは、結構年齢層が高そう。
なるほど、家でインターネットができない人や、使い方がわからない人もいるからか。それは納得。

でも、(2)国民年金免除申請のときの、所得証明書のときもそうだが、これが県内の転居だったら、すぐに問い合わせて所得証明も確認できたらしい。
これが県外になった途端に、自分で問い合わせて取り寄せてくれ、って。。。

そもそも、国民年金加入&免除、国保の手続き、免許の住所変更、失業保険の手続きとか、自分がやるべき手続きが何なのか、どこに行けばいいのか、何が必要なのか、ややこしくてわかりづらいものが多い。し、誰もそれ教えてくれない。

役所の情報と警察署の情報も共有して、住民票移したら免許の情報も自動で更新されればいいのになー(ってそれは無茶か)。
でも、免許の住所変更の情報を、免許の裏に手書きで書くってのはさすがにどうかと思う。そのくらい電子化すればいいのに。。

明日は、所得証明書の郵送申請して、あとは、企業年金(確定拠出年金)を国民年金基金に移管するのもやんないとだ。。あーまだあんのかー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)