japan-journey.way-nifty.com > 海のアルバム

20061118_669_uraotaru_filtered_s

(北海道)小樽市  2006年11月18日 (土)

小樽の裏側(祝津??)で、ほぼ札幌の方角から上る朝日を撮影。
夕日を撮ることはこれまでもよくあったけど、朝日の写真は珍しい。

まだ6時前だけど、つりを楽しんでいる人が結構いた。

------------------------------

本文記事は、2006年11月18日(土)『小樽で朝日』。


20061118_688_ranshima_filtered_s

(北海道)蘭島  2006年11月18日 (土)

小樽のはずれ(?)あたりに位置する海水浴場。蘭島。

と言ってもそれは夏の話で、この時期はこのとおり。
でも人がいない方が海がきれいに撮れていいけど。。
昔何度か訪れたことがある場所。
変わってないな-。って、そりゃそうか。。

------------------------------

本文記事は、2006年11月18日(土)『うれしさとさみしさ』。


20061118_698_ranshima_s

(北海道)蘭島  2006年11月18日 (土)

かもめが水辺で群がっていたので近づいていったら
一斉に飛び立った(そりゃそーだ)。

動くものを撮るのは難しい。
動かなくても絵になるような画を探すのも難しい。


------------------------------

本文記事は、2006年11月18日(土)『うれしさとさみしさ』。


20061118_713_shimamui_s

(北海道)積丹岬(島武意海岸)  2006年11月18日 (土)

積丹半島の先にある島武意海岸。

学生時代によく訪れたことがある場所。

この日は天気が悪く、空も海も暗いが
晴れていれば「シャコタンブルー」と形容される青く透き通った海を見ることができる。

駐車場からここに至るまでに、暗い狭いトンネルを歩いて行かないとならないのだが、この時期は人がほとんどいなかったので、そのトンネルもちょっと怖かった。

------------------------------

本文記事は、2006年11月18日(土)『うれしさとさみしさ』。

特記:渚100選


20061209_175_filtered_ss

(北海道)黄金岬  2006年12月 9日 (土)

夕日の名所、留萌は黄金岬。

しかし、この日は天気が悪く、しかも時間も中途半端だったため
その名の通りの景観を望むことはできなかった。

そして近くの売店などは軒並みシャッターを閉め、観光客など影も形もなく、とてもさみしい場所でした。。(もちろん冬期だからでしょう)

------------------------------

本文記事は、2006年12月9日(土)『今日はロマリアまで』。


20061210_206_filtered_ss

(北海道)ノシャップ岬  2006年12月10日 (日)

稚内はノシャップ岬。

根室の先にある本土最東端の「納沙布(ノサップ)岬」と間違えやすい。

この日は天気は荒れていて風がかなり強くて雪が痛かった。
のんびりすることなく写真のみを撮って退散。。

------------------------------

本文記事は、2006年12月10日(日)『最北巡り』。


20061210_245_souya_filtered_s

(北海道)宗谷岬  2006年12月10日 (日)

日本の最北端「宗谷岬」。

晴れていれば海の彼方にサハリンを望むことができる。
が、この日は水平線近くは完全に曇り空だったため見えず。

ここには間宮林蔵の銅像も建てられている。

------------------------------

本文記事は、2006年12月10日(日)『最北巡り』。


20061213_503_notsuke_filtered_s

(北海道)野付半島  2006年12月13日 (水)

野付半島(砂嘴でできた半島)から海側を撮影。

この写真では分かりづらいけど、遠くに見えるのは国後島。
この旅始まって以来の最高の天気で、空を大きくフレームにおさめずにはいられなかった。
ので、海の写真というより空の写真のよーな感じ。

------------------------------

本文記事は、2006年12月13日(水)『そろそろ慣れてきた』。


20061214_nosappu_e_filtered_panorama

(北海道)納沙布岬  2006年12月14日 (木)

納沙布岬のすぐ近くにある、高さ100mくらいの「平和の塔」というタワーの展望室から撮影。

遠くに歯舞諸島の島々を見渡せる。

ちなみに、これは2枚の写真を合成して横につなげたもの。
私の持っているデジカメは広角レンズなので、もともと広範囲を写し込める反面、端が歪んでしまうため合成が難しい。

------------------------------

関連記事は、2006年12月14日(木)『何はともあれ最東端』。

特記:12月下旬からトップページの画像として使用


20061214_600_s

(北海道)納沙布岬  2006年12月14日 (木)

平和の塔の展望台から納沙布岬を撮影。

平和の塔は100mくらいあり、展望台はぐるっと360度見渡せるような作り。

360度のパノラマ画像を合成して作ろうとしたけど、向きを帰るたびに露出が大きく変わってしまってうまくつなげられなかった。。

------------------------------

本文記事は、2006年12月14日(木)『何はともあれ最東端』。


20061214_595_s

(北海道)納沙布岬  2006年12月14日 (木)

日本本土最東端「納沙布岬(のさっぷみさき)」。

あくまで本土の最東端であり、本当の日本最東端は「南鳥島(東京都小笠原村)」という、民間人が容易に踏み入ることができない島である。

また、ここは稚内にある「ノシャップ岬」と名前が似ているため間違えやすいが全く関係ない。
とんねるずの歌に出てくる人情岬はこちらの納沙布岬だ。

やはり時期が悪いので、観光客は私一人で、唯一開いていた売店にも客は一人もいなかった。

ただ、この日は天気が良かったので、遠くには歯舞諸島の島々がはっきりと見てとれた。

この近辺には北方領土返還を訴えるポスターがいたるところにあり、この地域の住民の北方領土問題に対する意識の高さが伺えた。

また、この写真に関して「あれ?文字が左右逆だよ」というつまらない突っ込みはご遠慮願いたい。

------------------------------

本文記事は、2006年12月14日(木)『何はともあれ最東端』。


20070130_714_kaiyoumaru_filtered_s

(北海道)江差  2007年1月30日 (火)

北海道は江差にある開陽丸青少年センター。

旧幕府軍の旗艦として、戊辰戦争を戦った開陽丸が復元されている。
中は函館戦争を中心とした戊辰戦争の資料館のようになっている。

------------------------------

本文記事は、2007年1月30日(火)『西へ東へ』。


20070202_966_kitayamazaki_filtered_s

(岩手県)北山崎  2007年2月 2日 (金)

やはり陸中海岸沿いにある北山崎という岬。
陸中海岸の中でも切り立った崖が険しい絶景として有名なところ。

駐車場もしっかり数百台完備されているような観光地だが、この時期では訪れている人は一人もいなくて売店も軒並み閉まっていた。

------------------------------

本文記事は、2007年2月2日(金)『最長最多』。


20070202_945_s

(岩手県)陸中海岸  2007年2月 2日 (金)

日本屈指のリアス式海岸である陸中海岸を南下中に寄った名前も知らない砂浜。

この辺はリアス式だけあって、切り立った崖のようなところも多いのだが、ところどころに砂浜も点在していた。
ここはあまり大きな砂浜ではないけど、太陽を背にする感じで温かくとても気持ちのいいところだった。

------------------------------

本文記事は、2007年2月2日(金)『最長最多』。


20070202_023_masaki_filtered_ss

(岩手県)真崎海岸  2007年2月 2日 (金)

陸中海岸沿い。真崎海岸という海水浴場。
もちろんこの時期に人はいない。

この辺は近くに大きな街があるわけでもないので、ちょっとドライブで海を見に行くという感じの場所でもないのだろう。
この日はいくつもの海岸に足を運んだが、どこも似たような風景なんだけどそれぞれ違った雰囲気をもっていた。

------------------------------

本文記事は、2007年2月2日(金)『最長最多』。


20070202_061_sawajiri_filtered_s

(岩手県)沢尻海岸  2007年2月 2日 (金)

先の写真の真崎海岸から車でほんの数分のところにある沢尻海岸というところ。

真崎海岸と違ってここは砂浜ではなくちいさな砂利の海岸。
すぐ後には切り立った崖も迫っていてなかなか迫力のある波打ち際でおもしろかった。

------------------------------

本文記事は、2007年2月2日(金)『最長最多』。


20070205_309_matsushima_filtered_s

(宮城県)松島  2007年2月 5日 (月)

宮城県は松島。
日本三景のひとつである。

この日は最高に天気が良く、絶好の海日和で、松島の絶景を思う存分楽しむことができた。

------------------------------

本文記事は、2007年2月5日(月)『日本三景其ノ壱』。


20070205_348_matsushima_filtered_s

(宮城県)松島  2007年2月 5日 (月)

仁王丸という遊覧船に乗って、松島の海岸美をクルージングで楽しむ。

海にはウミネコが無数に飛び交い、遊覧船が出航するとすごい勢いでたくさんのウミネコがミャーミャー鳴きながら船に着いて飛んでくる。
そのウミネコにかっぱえびせんで餌付けをして楽しむことができる。

かっぱえびせんを持って甲板から手を差し出すと、それを食べに結構な勢いで飛んでくるので、なかなかスリリングでおもしろい。

------------------------------

本文記事は、2007年2月5日(月)『日本三景其ノ壱』。


20070205_517_mtsushima_filtered_s

(宮城県)松島  2007年2月 5日 (月)

もう一枚松島。
本当に気持ちいい。
日本三景の名に恥じないすばらしい景勝地だ。

------------------------------

本文記事は、2007年2月5日(月)『日本三景其ノ壱』。


20070211_366_hasakikaigan_filtered_s

(茨城県)波崎海岸  2007年2月11日 (日)

茨城県の最南東端辺りに位置する波崎海岸というところ。

利根川を渡ればもう千葉県。犬吠埼とも目と鼻の先である。
犬吠埼もそうだが、ちょうど半島の突き出した部分なのでとても風が強かった。

------------------------------

本文記事は、2007年2月11日(日)『湖岬海』。


20070211_468_inubosaki_filtered_s

(千葉県)犬吠埼  2007年2月11日 (日)

千葉県犬吠埼。

写真に映っている灯台に登ることも可能だが、この写真を撮った場所のように、海岸沿いの岩場まで降りていって遊ぶことができる。
少し風は強かったけど晴天で温かく気持ちが良かった。

------------------------------

本文記事は、2007年2月11日(日)『湖岬海』。


20070211_372633_sss

(千葉県)九十九里  2007年2月11日 (日)

超ダイジェスト版。すべて九十九里浜。

この日はずっと海岸沿いを移動したので何度も海岸に立ち寄ってはたくさん写真を撮った。

------------------------------

本文記事は、2007年2月11日(日)『湖岬海』。


20070215_172_inamura_filtered_s

(神奈川県)稲村ケ崎  2007年2月15日 (木)

稲村ジェーンの舞台となった稲村ケ崎。

海の向こうには、江ノ島と遠くに富士山を望むことができる絶景の海岸だが、見ての通り風がめちゃくちゃに強くて海は荒れ狂い波がすごい音を立てていた。
風で舞ってくる砂が顔に当たって目を開けているのもつらかった。
口の中はじゃりじゃりになった。。

------------------------------

本文記事は、2007年2月15日(木)『鎌倉幕府から下克上へ』。


20070216_497_imaihama_s

(静岡県)河津  2007年2月16日 (金)

今井浜海岸というカワヅザクラで有名な河津にある海水浴場。

浅瀬にいくつもポツポツと岩場があり今までの海岸とはちょっと違う雰囲気。
天気も抜群。このころはかなり温かくなってきていたので海ばかり行っていた。。

------------------------------

本文記事は、2007年2月16日(金)『サクラサク』。